肉魚 食べないことや 苦行では 生臭人間 浄化はできない<249>

○少年少女のためのスッタニパータ249(11)
・・・
苦行をすれば、
心は苦しくて、
優しくなれません。
だから、苦行はいけません。


249.第2 小さな章 2.生臭経 11.

○中村元先生訳
249
魚肉・獣肉(を食わないこと)も、断食も、
裸体も、剃髪も、結髪も、塵垢にまみえることも、粗い鹿の皮(を着ること)も、
火神への献供につとめることも、
あるいはまた世の中でなされるような、不死を得るための苦行も、
(ヴェーダの)呪文も、供犠も、祭祀も、季節の荒行も、
それらは、疑念を超えていなければ、その人を清めることができない。


○正田大観先生訳
252.(249) 
諸々の魚肉を食べざることにあらず、
裸身でいることにあらず、剃髪することにあらず、結髪することに〔あらず〕、埃〔をかぶること〕に〔あらず〕、
諸々の粗い鹿皮〔をまとうこと〕に〔あらず〕、祭火への捧げものの勤行にあらず、
あるいは、また、それらの、世における多くの不死の苦行、諸々の呪文や供犠、諸々の祭祀や季節の勤行に〔あらず〕
――疑いを超えずにいる人間を清めるのは。(11)


○パーリ語原文
252.
ナ      マッチャマンサン      ナ    アナーサカッタン
‘‘Na     macchamaṃsaṃ      na     anāsakattaṃ,
ない    肉・魚を(食べないこと)  ない    断食     

ナ    ナッギヤン    ナ   ムンディヤン   ジャタージャッラン
Na    naggiyaṃ     na    muṇḍiyaṃ     jaṭājallaṃ;
ない  裸体        ない  剃髪        結髪・汚物まみれ

カラージナーニ    ナーッギフッタッスパセーワナー
Kharājināni       nāggihuttassupasevanā,
粗い鹿の皮      ない・火への供養の奉仕

イェー    ワーピ    ローケー   アマラー    バフー    タパー
ye       vāpi      loke       amarā      bahū     tapā;
それらの  もまた    世における   不死の     多くの    苦行

マンターフティ    ヤンニャムトィーパセーワナー
Mantāhutī       yaññamutūpasevanā
真言の献供      犠牲・季節による苦行

ソーデーンティ   マッチャン    アウィティンナカンカン,
sodhenti        maccaṃ     avitiṇṇakaṅkhaṃ.
浄化する       人間を      疑惑を超えない


○一口メモ
ブッダは生臭とはいかなるものか説明した後に、ではいかにして生臭を克服して、清浄な人間になるかを語ることになります。その前に、間違った生臭についての考え方に基づく間違った生臭を克服する方法が役に立たないことを明らかにしました。

食べるものによって生臭になると思っている単純な人にとっては、生臭の原因と思っている獣肉や魚肉を食べないことで、或は断食で生臭を克服できると考えてしまうのでしょう。それがいかに勘違いかは、これまでのブッダの生臭についての説明でよくわかったと思います。

もう少し生臭を食べ物のみでないともう少し複雑考える人々も居ました。それらの人々は生臭を克服手段として、苦行やいろいろな儀式を行うことにしました。それらは裸形、裸で生活すること、剃髪、頭をそること、泥や塵にまみれること、或は粗い鹿の皮(あるはカモシカの皮)をまとうこと、その他の苦行を行うことです。儀式としては、火に神が宿るとして火を焚き、火に礼拝すること、マントラ(呪いの言葉)を唱えることなどです。

季節に依る苦行は、暑いときはより暑くし、寒い時はより寒い状態で耐える修行などでしょう。インドでは雨の季節がありますから、そのような時は家の中には入らず、樹の下に住むことだそうです。これらは何の意味があるかわかりませんが、人間は結構苦行が好きなのです。やったという気分を味わえるのかもしれません。

しかし、ブッダはこれらの修行で生臭を克服できないと断言しています。これは御自分で6年間の苦行の修行で確かめたことなのです。同様の趣旨の偈がダンマパダ141番でも述べられています。そちらも是非参照してください。その記事の表題とアドレスに下に示します。
もろもろの 苦行はあるが 意味はない 疑惑の人を 浄化はできない(141)
http://76263383.at.webry.info/201207/article_21.html

この偈の最後の行の「それらは、疑念を超えていない人を清めることができない。」は重要です。
この疑念は、生臭の意味が分かっていない人と私は理解しています。


肉魚 食べないことや 苦行では 生臭人間 浄化はできない<249>


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


~~~~~~お知らせ~~~~~~

◎10月25日(金)から10月31日(木)のゴータミー精舎における夜の自主瞑想会はお休みいたします。朝5時から7時の自主瞑想会は通常通り行います。
理由はワンギーサが熱海の瞑想合宿に参加するためです。朝の自主瞑想会は代理人により通常通り開催いたします。



◎11月2日(土)夜のゴータミー精舎における夜の自主瞑想会はお休みいたします。
理由は八王子の正山寺のカティナ衣法要にワンギーサが参加するためです。


◎ゴータミー精舎では毎日朝晩、自主瞑想会を行っています。朝5時から7時まで、および夜7時から9時まで。但し、木曜日夜7時から9時までの自主瞑想会は休みます。変更のある場合はこの「お知らせ」で、あらかじめ報告します。詳細はワンギーサの携帯番号090-2311-9317に御連絡下さい。


◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。御支援をお願い致します。

この記事へのコメント

みき
2013年10月23日 05:28
おはようございます。

『苦行』は生臭を克服する正しい方法ではないということ
よく わかりました。
『苦行』と『精進』の違いの線引きが曖昧にならないように。

『苦行』‥‥適度を越えた精進。意味のない努力行為。例‥呪文を 唱える等。

『精進』‥‥無理のない、適度な努力。

二つの違いを私なりに考えてみました。
これからも、やり過ぎて『苦行』にならないよう、
正しい『精進』をしていきます。
櫻井由紀
2013年10月23日 15:36
洗脳されていれば
何一つ
正しい観察・判断を出来ず
ただただ苦行に猪突猛進(猪突盲信)し
刺激を更に与える事になるので
かえって貪瞋痴を強化してしまいますね。
火に油を注ぐ行為ですね。

生きとし生けるものが幸せでありますように
MK
2013年10月24日 00:04
生臭を正しく理解し、生臭を克服します。
例に出てくる様な激しい苦行は行っていませんが、日常的に僕たちは苦行じみたことを行っているように思います。必要以上に負荷をかけて余計な苦労をすることは、苦しいと同時に終わった後に結構な快感を味わえるものだと昔習った記憶があります。
心の仕組みも頭に入れて、苦行の快楽に飲み込まれないよう気をつけます。
SRKWブッダ
2014年09月23日 11:05
疑惑は払拭されるべきであり、疑義は正されるべきであり、疑念は超えるべきことである。

この疑念を超えた人を、「聖求ある人」と呼ぶ。この世では、聖求ある人だけが覚りに達し、聖求無き者、あるいは聖求に欠けるところがある者はついに覚ることがないからである。

***
こころざし
2016年04月25日 18:40
以前は、冬に滝に打たれる行をする・まるで自殺?的に感じるような行為に意味があると言われると、そうかなと思う自分がいました。ですが今は教えて頂いた学びから、そんな事に価値を思いません。
意味のある事、心を成長させること、心が曇らないようにする事、涅槃を目指すことを、是非実践して参りたいです。