尊き師 生臭について 説法し ヴェーダの達人 それを悟った<251>

○少年少女のためのスッタニパータ251(13)
・・・
本当に生臭でない人の
真実の言葉で
苦行者ティッサは
生臭を理解した。


251.第2 小さな章 2.生臭経 13.

○中村元先生訳
251
以上のことがらを尊き師(ブッダ)はくりかえし説きたもうた。
ヴェーダの呪文に通じた人(バラモン)はそれを知った。
なまぐさを離れて、何ものにもこだわることのない、跡を追いがたい聖者(ブッダ)は、
種々の詩句を以てそれを説きたもうた。


○正田大観先生訳
254.(251) 
かくのごとく、世尊(過去仏カッサパ)は、繰り返し、
この義(意味)を告げ知らせた。呪文の奥義に至る者(苦行者ティッサ)は、それを知った。
生臭なく〔何ものにも〕依存せず〔何によっても〕捉えどころなき牟尼は、
様々な詩偈によって、〔それを〕明示した。(13)


○パーリ語原文
254.
イッチェータマッタン   バガワー     プナップナン
Iccetamatthaṃ       bhagavā     punappunaṃ,
以上の意味を       世尊は      繰り返し

アッカースィ    タン    ウェーダイ    マンタパーラグー
akkhāsi       taṃ     vedayi       mantapāragū;
告げた       それを   知った      真言の達人は

チトゥラーヒ    ガーターヒ     ムニー   パカーサイ
Citrāhi        gāthāhi       munī     pakāsayi,
種々の       偈によって     聖者は   明らかにした

ニラーマガンドー   アスィトー     ドゥランナヨー
nirāmagandho      asito        durannayo.
生臭のない       依存しない    知り難い


○一口メモ
昨日までの偈で、生臭経の過去仏カッサパの説法は終わりました。今日と明日の偈は経典結集の編集者によって述べられたものです。

今日の偈の説明をします。過去仏カッサパ(この偈では「尊き師(ブッダ)」と表現されています。)は繰り返し、生臭について説明しました。生臭とは肉食をすることではなく、生きものを殺すような慈悲の心ないことを言うのである。また、生臭とは貪り、憎しみ、無知などの煩悩があることであると「ヴェーダの呪文に通じた人(バラモン)」に、彼が解るまで繰り返し説明したと編集者は述べています。この偈にある「ヴェーダの呪文に通じた人(バラモン)」とは、始めにブッダに「生臭とはないか?」と質問した苦行者ティッサです。

更に、編集者は聖者(ブッダ)は、生臭という煩悩がなく、何ものにも依存しない、深淵な智慧を持つためすべては知りえない存在と述べています。


尊き師 生臭について 説法し ヴェーダの達人 それを悟った<251>


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


~~~~~~お知らせ~~~~~~

◎10月25日(金)から10月31日(木)のゴータミー精舎における夜の自主瞑想会はお休みいたします。朝5時から7時の自主瞑想会は通常通り行います。
理由はワンギーサが熱海の瞑想合宿に参加するためです。朝の自主瞑想会は代理人により通常通り開催いたします。



◎11月2日(土)夜のゴータミー精舎における夜の自主瞑想会はお休みいたします。理由は八王子の正山寺のカティナ衣法要にワンギーサが参加するためです。


◎ゴータミー精舎では毎日朝晩、自主瞑想会を行っています。朝5時から7時まで、および夜7時から9時まで。但し、木曜日夜7時から9時までの自主瞑想会は休みます。変更のある場合はこの「お知らせ」で、あらかじめ報告します。詳細はワンギーサの携帯番号090-2311-9317に御連絡下さい。


◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。御支援をお願い致します。

この記事へのコメント

櫻井由紀
2013年10月25日 09:12
ワンギーサ先生の
最高の御解説により
何が「生臭」であるのか
明確に理解出来ました。
先生、いつも有難う御座います。
無上の幸福を感じています。
苦行者ティッサさん
無意味な言葉の羅列でしかない呪文を
もう唱える理由が無くなり
スッキリしたでしょうね。
推察するに
マントラで催眠術にかかった様な心は
まるで雷に打たれたごとく
覚醒したのでしょうね。
私も生臭人間にならないように
日々精進いたします。

生きとし生けるものが幸せでありますように
MK
2013年10月25日 23:08
何が生臭で何が生臭でないのか。僕も理解したつもりです。
後は繰り返し繰り返し、心に染み込ませようと思います。肉や魚を見る度に、生臭とは何か思い起こします。

生きとし生けるものが幸せでありますように
こころざし
2016年04月26日 08:03
貪り、憎しみ、無知をなくせば生臭でない状態になる、と言葉では分かります。ですがそれが日常で伴うかは別になるかと思います。
以前私は、やる気を持って「沈黙行をするぞ!」と勇?んで冥想合宿に参加させて頂きながら、ある事からその意識が飛び沈黙行が守れない状態となり、大変ご迷惑をおかけする状況を作りました。意識していても守れないでは・・ですよね。その反省を生かして日常で貪り、憎しみ、無知が減らせるように・なくせるように努めたいです。