阿羅漢は 決意を固く よく励み 涅槃に達した 幸せであれ<228>

○少年少女のためのスッタニパータ228.
・・・
阿羅漢だろうという方の
そばにいるだけで楽しい。
何も言わなくても、
笑顔になって、心が落ち着く。


228.第2 小さな章 1.宝経 7.

○日本テーラワーダ協会訳
7.
堅く決意し、ゴータマ(ブッダ)の教えに基づきよく励み、
欲から離れている彼らは達すべき境地に達して、
不死なる境地を体得し、その涅槃を余すところなく享受せり。
此は僧(サンガ)が勝宝たる由縁なり。
此の真実により、幸いがあらんことを。


○中村元先生訳
228
ゴータマ(ブッダ)の教えにもとづいて、
堅固な心をもってよく努力し、
欲望がなく、不死に没入して、達すべき境地に達し、
代償なくして得て、平安の楽しみを享けている。
この勝れた宝<つどい>のうちにある。
この真理によって幸せであれ。


○正田大観先生訳
230.(228) 
彼ら、堅固なる意をもって〔瞑想の境地に〕しっかりと結び付き、
ゴータマ(ブッダ)の教えにおいて〔欲望の対象に〕無欲なる者たち――
彼らは、不死〔の境処〕に入って、得るべきものを得た者たちであり、
寂滅〔の境地〕を空手で得て、受益している者たちである。
これもまた、僧団における、妙なる宝である。
この真理によって、安穏有れ。(7)

○パーリ語原文
230
イェー   スッパユッター   マナサー   ダルヘーナ
Ye      suppayuttā     manasā    daḷhena,
者たち   よく努力し      意によって  堅固な

ンッカーミノー   ゴータマサーサナンヒ   
nikkāmino     gotamasāsanamhi
欲を離れた    ゴータマの教えにおいて

テー   パッティパッター    アマタン    ウィガイハ
Te     pattipattā        amataṃ    vigayha,
彼らは  得るものを得た者   不死に     入って

ラッダー    ムダー   ニッブティン    ブンジャマーナー
laddhā     mudhā   nibbutiṃ      bhuñjamānā;
得て      ただで    寂滅を       享受している

イダンピ    サンゲー      ラタナン     パニータン
Idampi     saṅghe       ratanaṃ     paṇītaṃ,
これも     サンガに      宝が(ある)   優れた        

エーテーナ   サッチェーナ    スワッティ    ホートゥ
etena       saccena       suvatthi     hotu.
この       真実によって     幸せで     あれ


○一口メモ
此の偈では、阿羅漢達が登場します。前の偈で勝宝である仏陀の弟子たち、サンガを紹介しました。それは八輩四双の人々でした。そのトップ集団は阿羅漢達です。ではその阿羅漢はどのような方たちなのでしょうか。それがこの偈で述べられているのです。

彼らの決意は堅いのです。どのような決意でしょうか?「生きとし生けるものが幸せでありますように」という誓願です。この決意が堅いのです。

阿羅漢達はこの誓願の実現には、ゴータマ・ブッダの教えに基づき、よく励むことが必要であることを深く理解していました。そして、その通り実践しました。

彼らは欲から離れ、彼らは達すべき境地に達しました。その境地は言葉で表すことが出来ない境地でありますが、何とか表現すると、不死の境地にとなりました。生命は、生きること、死ぬことで悩み苦しんでいますが、不死の境地と言えば、生きること死ぬことを超越した世界なのです。その世界は涅槃とも呼ばれます。阿羅漢達はその世界で、苦しみのない、最高の幸せを楽しむことが出来たのです。

一般の人々には想像できない世界ですが、そのような境地があることを、阿羅漢の聖者たちが体験した事実によって、仏陀の教えに基づいて励めば、それが実現可能な真実であることを知ることが出来たのです。阿羅漢達はサンガのリーダーです。ですからサンガも優れた宝なのです。この真実によって人々は幸せであることが出来るのです。


阿羅漢は 決意を固く よく励み 涅槃に達した 幸せであれ<228>


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


~~~~~~お知らせ~~~~~~

◎10月25日(金)から10月31日(木)のゴータミー精舎における夜の自主瞑想会はお休みいたします。朝5時から7時の自主瞑想会は通常通り行います。
理由はワンギーサが熱海の瞑想合宿に参加するためです。朝の自主瞑想会は代理人により通常通り開催いたします。


◎ゴータミー精舎では毎日朝晩、自主瞑想会を行っています。朝5時から7時まで、および夜7時から9時まで。但し、木曜日夜7時から9時までの自主瞑想会は休みます。変更のある場合はこの「お知らせ」で、あらかじめ報告します。詳細はワンギーサの携帯番号090-2311-9317に御連絡下さい。


◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。御支援をお願い致します。

この記事へのコメント

櫻井由紀
2013年10月06日 12:21
昨日は友人の出産祝いに
彼等の経営するカフェを訪れました。
仏教を学び始めると
意識する事もなく、自然と徐々に
足が遠退いていたのですが、
その物理的、空間的距離の隔たりが
俗世間的には「良くない」ようです。
何故なら、帰りがけに
「他人(部外者)にならないでね!」と
言われてしまいました。
悪気なく、むしろ心配して下さって
そういう発言につながったのだと
推測いたしますが。ありがたいです。
やはり「give and take」でしたね・・・・
世間では・・・・・・・・・・・・・・・

時空を超えた「仏・法・僧」の三宝に
帰依いたします。
阿羅漢様方の笑顔は「宝物」でございます。
生きとし生けるものが幸せでありますように
MK
2013年10月06日 21:23
職場・公共の場等、慈悲の心を発揮すべき時に発揮できないことが多々あります。相手の方がどう見ても幸福だろうと思ってしまうと、相手より不幸な境遇にいるであろう自分がなぜ自分より幸福な人の幸せを願うのか。と反射的に考えてしまうのです。

今は阿羅漢の方々の堅い決意を見習って、とにもかくにも慈悲の心を作り続ける必要があると思っています。
生きとし生けるものが幸せでありますように
SRKWブッダ
2014年09月23日 00:11
代償なくして得て:

覚りは、すべからく、何らの代償なしに得なくてはならない。捨て去るものは、余計なものだけである。大事なものは、決して捨て去ってはならない。もし、余計なものが大事なものに見えたならば、まだ覚るべき時期に至っていないということである。そのような人は、慌てて修行すべきでない。修行を始めるのに適切な時期を待て。仏道修行によって悔恨が残るのは本末転倒であり、決してあってはならぬことである。しかしながら、すでに余計なものを余計なものだと了知しており、捨て去っても後悔することがなく、事実、まさしくそれが余計なものであるならば、ニルヴァーナはすでに近くにある。立派な修行者は、重荷を下ろして軽やかに道を歩み行く。

***
こころざし
2016年04月17日 05:32
長老や日本テーラワーダ仏教協会とご縁が深い方に接した時、自分ももっと修行しないと・・との気持ちになります。それは慈しみの実践をされ、心が清いからだと思います。今の自分はまだまだの状態です。
日々の今を大切にし、そして成長をして参りたいです。