城門の 柱のように 揺らがない 聖者に学び 幸せであれ<229>

○少年少女のためのスッタニパータ229.
・・・
始めの悟りに達した
預流果の聖者のように
自ら調べ自ら確かめることで、
確信が持てる


229.第2 小さな章 1.宝経 8.

○日本テーラワーダ協会訳
[城の]主柱が地に立ちてあるならば、四方の風に揺らくことはない。
[四]聖諦を如実に観ぜし仙人[預流果の者]は、
是の如く喩えらるると我は言う。
此は僧(サンガ)が勝宝たる由縁なり。
此の真実により、幸いがあらんことを。


○中村元先生訳
229
城門の外に立つ柱が地の中に打ち込まれていると、
四方からの風にも揺るがないように、
諸々の聖なる真理を観察して見る立派な人は、
これに譬えられるべきである、とわれは言う。
この勝れた宝<つどい>のうちにある。
この真理によって幸せであれ。


○正田大観先生訳
231.(229) 
インダ(インドラ神)の杭(城門に立てられた標柱)が、
地に依拠したものとして存在し、四〔方〕の風に不動であるように、
その喩えのような者を、〔わたしは〕「正なる人士」と説く。
彼は、〔四つの〕聖なる真理(四聖諦)を的確に見る者である。
これもまた、僧団における、妙なる宝である。
この真理によって、安穏有れ。(8)

○パーリ語原文
231.
ヤティンダキーロー     パタウィッスィトー   スィヤー
Yathindakhīlo         pathavissito      siyā,
ように・インドラ・門柱    大地に・依存した    ある(ならば)

チャトゥッビ    ワーテーヒ   アサンパカンピヨー
catubbhi      vātehi      asampakampiyo;
四方からの    風によって   揺るがない

タトゥーパマン      サップリサン   ワダーミ
Tathūpamaṃ      sappurisaṃ    vadāmi,
その譬えのように   善き人と      私は言う

ヨー   アリヤサッチャーニ   アウェッチャ   パッサティ
yo     ariyasaccāni       avecca      passati;
者は   聖なる真実を      確かに       見る

イダンピ   サンゲー   ラタナン   パニータン
Idampi    saṅghe    ratanaṃ   paṇītaṃ,
これも    サンガに    宝      勝れた

エーテーナ   サッチェーナ   スワッティ   ホートゥ
Etena       saccena      suvatthi    hotu.
この        真実によって   幸せで      あれ


○一口メモ
前回、阿羅漢の聖者たちをサンガのトップ集団に譬えました。そうすると第二集団は不還果の聖者、第三集団は一来果の聖者です。そして、その後続は預流果に悟られた聖者たちです。後続集団とは言え、彼らの存在は勝宝なのです。人々に幸せをもたらす宝であることが今回の偈で述べられます。

この偈の始めの言葉「ヤティンダキーロー」とは、インドラ神の柱と言われる城門の前に立てられている標柱です。これは地中深く埋めて立てるのです。ですから、四方から吹くどんな風にも揺らがないのです。そしてこれは揺らがない物の象徴です。

そのように揺らがない人を「仙人」、「立派な人」、「正なる人士」と訳されていますが、「預流果の聖者」のことです。彼らは仏陀の教えの中心である「四聖諦」を正確に観察して、確信しているのです。この確信があるから揺らがないのです。彼らは涅槃への道、最高の幸福への道であることを理解しているのです。

私達は、預流果の聖者の確信に学び、四聖諦を学び、実践すれば、揺らがない確信を持てるのです。迷い悩む多くの人々の中にいて、確信が持てることは幸せの第一歩なのです。それだけで明るくなれるのです。


城門の 柱のように 揺らがない 聖者に学び 幸せであれ<229>


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


~~~~~~お知らせ~~~~~~

◎10月25日(金)から10月31日(木)のゴータミー精舎における夜の自主瞑想会はお休みいたします。朝5時から7時の自主瞑想会は通常通り行います。
理由はワンギーサが熱海の瞑想合宿に参加するためです。朝の自主瞑想会は代理人により通常通り開催いたします。


◎ゴータミー精舎では毎日朝晩、自主瞑想会を行っています。朝5時から7時まで、および夜7時から9時まで。但し、木曜日夜7時から9時までの自主瞑想会は休みます。変更のある場合はこの「お知らせ」で、あらかじめ報告します。詳細はワンギーサの携帯番号090-2311-9317に御連絡下さい。


◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。御支援をお願い致します。

この記事へのコメント

櫻井由紀
2013年10月07日 09:30
樹齢千年にもなる様な大木も
元は頼りない
吹けば飛んでしまう様な
小さな種だったでしょうね。
立派な大木の標柱が
「城」を守るのですね。

生きとし生けるものが幸せでありますように
ぽん母さん
2013年10月07日 20:04
今日も更新ありがとうございます。
生きとし生けるものが幸せでありますように。
悩み苦しみがなくなりますように。
MK
2013年10月07日 21:52
確信が持てることが幸福であるというのは、実は違うのではないか。と、考えていた時期がありました。それは結局、自分の考えを捨てて、聖者の考えになることを拒んでいることであり、仏法僧に確信していないことでありました。

信頼できる教えに基づいて生きるというのはとても心強く感じます。色んな考え方があるから…他にも道があるんじゃないか…と自分の考えを正当化するのは止めて、正しい教えを実践します。
仏法僧に帰依します。
SRKWブッダ
2014年09月23日 00:22
四方からの風にも揺るがない柱の近くには、必ず城門がある。同様に、世間の喧騒に揺るがない立派な修行者の近くには、世に稀有なる善知識(化身)が必ず出現する。これは、智慧の門が彼の近くにあるというほどの意味である。

覚りを求める修行者は、気をつけて世を遍歴すべきである。善知識(化身)を見て、その真実を理解したならば、ただちに解脱が起こると説かれるからである。

***
こころざし
2016年04月17日 05:37
悟りを得られている方の心の境地、想像でしかありませんが尊い・清らかなものと思います。
預流果の悟りを得られると良いですが、まだまだの状態です。そんな私ですが、仏道を学ぶことに迷いはなく、日々実践しようとする意欲はあります。ですが結果が伴いません。怠けがある状況でいます。
行動も伴ってそして成長していけるようにしたいです。