怠けても 預流果の人は 七までに 輪廻は終わる 幸せであれ<230>

○少年少女のためのスッタニパータ230.
・・・
何としてでも生きたいと、
その想いがあるから、
生まれ変わりがあるのです。
心の汚れを取り去ると、
その想いがなくなって
生まれ変りがなくなります。


230.第2 小さな章 1.宝経 9.

○日本テーラワーダ協会訳
9.
深い智慧により正しく説かれたる[四]聖諦を実践するする者たちは、
たとい(後で)大いに放逸になろうとも、
八回目の[転]生を引き寄せること有らず。
此は僧(サンガ)が勝宝たる由縁なり。
此の真実により、幸いあらんことを。


○中村元先生訳
230
深い智慧ある人(ブッダ)がみごとに説きたもうた諸々の聖なる真理をはっきりと知る人々は、
たとい大いになおざりに陥ることがあっても、第八の生存を受けることはない。
この勝れた宝は<つどい>のうちにある。
この真理によって幸せであれ。


○正田大観先生訳
232.(230) 
彼ら、深遠なる知慧ある方(ブッダ)によって見事に説示された、
〔四つの〕聖なる真理を分明する者たち――
たとえ、何であれ、彼らが、多く怠る者たちと成るとして、
彼らは、第八の生存(有)を取らない(最高で七回までの輪廻のうちに解脱する)。
これもまた、僧団における、妙なる宝である。
この真理によって、安穏有れ。(9)

○パーリ語原文
232.
イェー    アリヤサッチャーニ   ウィバーワヤンティ
Ye       ariyasaccāni       vibhāvayanti,
者たちは   (四)聖諦を       明らかにする   

ガンビーラパンニェーナ     スデースィターニ
gambhīrapaññena         sudesitāni;
深い智慧にある人によって   よく説き示された

キンチャーピ    テー   ホンティ   ブサン    パマッター
Kiñcāpi        te     honti    bhusaṃ    pamattā,
たとえ        彼らは  成っても  大いに    放逸に

ナ    テー   バワン     アッタママーディヤンティ
Na    te     bhavaṃ     aṭṭhamamādiyanti;
ない  彼らは  生存を     八番目の・取ることは

イダンピ    サンゲー    ラタナン    パニータン
Idampi      saṅghe     ratanaṃ    paṇītaṃ,
これも     サンガに    宝が      勝れた

エーテーナ    サッチェーナ    スワッティ    ホートゥ
etena        saccena       suvatthi     hotu.
この        真実で       幸せで      あれ


○一口メモ
今回も預流果の聖者の境地が語られています。預流果の人々には三種類います。第一種の人は、その人のただ一つの人生だけで、一来果、不還果、阿羅漢になる人です。第二種の人は二回か三回生まれ変わり、そして涅槃に到る人です。第三種の人は七度神(天)と人間に生まれ変わりを繰り返し、最後に苦の終息に到る、すなわち涅槃に到る人です。第三種の人は極七返生者とも言います。しかし、何れにせよ、最後は涅槃に到るのです。預流果、すなわち涅槃への流れに乗った人というのです。

それは何故か。深淵な智慧で語られた四聖諦は理解するのは難しいのですが、預流果の人はそれを実践し、それが真理あることを明らかにしたからなのです。それが明らかになれば、四聖諦が確信になっているのです。揺るがない、不動の確信になっていますから、この偈に述べられているように、たとえ途中でどんなに怠けることがあっても、七回も人生を繰り返すことがあっても、最後はすべての煩悩を捨て、心を清らかにして涅槃に到るのです。

ここで、最後は阿羅漢になると書かなかったのは、最後の生では梵天になって、そのまま涅槃に到る場合もあると思うからです。そうすると阿羅漢にはならないで、不還果から梵天、そして涅槃かなと思います。ちょっとその点は不正確なので、スマナサーラ長老に後で聞いてみます。

預流果の人になったら、普通は終わることのない輪廻の苦しみを終わらせることが出来るのです。ですから、預流果になれば安心です。ですから、私たちは預流果の人になるように、修行を励むべきだと思います。もちろん、仏陀は人々に預流果で安心してはいけないと言われていることをも忘れてはいけないとは思います。


怠けても 預流果の人は 七までに 輪廻は終わる 幸せであれ<230>


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


~~~~~~お知らせ~~~~~~

◎10月25日(金)から10月31日(木)のゴータミー精舎における夜の自主瞑想会はお休みいたします。朝5時から7時の自主瞑想会は通常通り行います。
理由はワンギーサが熱海の瞑想合宿に参加するためです。朝の自主瞑想会は代理人により通常通り開催いたします。


◎ゴータミー精舎では毎日朝晩、自主瞑想会を行っています。朝5時から7時まで、および夜7時から9時まで。但し、木曜日夜7時から9時までの自主瞑想会は休みます。変更のある場合はこの「お知らせ」で、あらかじめ報告します。詳細はワンギーサの携帯番号090-2311-9317に御連絡下さい。


◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。御支援をお願い致します。

この記事へのコメント

いけざきなかひこ
2013年10月08日 07:52
ワンギーサさん、おはようございます。
今日は`超`久しぶりに
早朝に歩行のヴィパッサナー瞑想を近所の公園で行いました。
、、、が!!しかし!!何故かこの季節に
蚊サンたちが大量にいらっしゃるのですね、、、!?
沢山噛まれました!
噛まれた、という表現はよくない。
コレは、いささか慈悲の気持ちに欠ける、
蚊様に沢山栄養補充させてあげました、と言い換えます。
その結果、体が痒くて・・・
`痒み`から生じる`怒り`が沸きやはり集中出来ませんでした。
消化不良不完全燃焼。
私の人生を象徴するような現象です。
これに懲りずにRE TRY精神!
`日々RE START`が私の今現在の信条であります。

それわさておき、この偈についてですが、
預流果(変換出来ない!)という境地は、こんなにも素晴らしい、
偉大な境地だったのですね。
私、勉強不足すぎてちょっと分からなかったです。
一度は悟りを開いても、そこからまた落ちることもあるのかしら?
なんていうふうに勝手に思ってました。
ここまで偉大な境地と知ってしまったので
今後は気軽に預流果(ヨルカ)
を用いてダジャレを言いにくくなりました。

・・・今までは言ってました。
今後は改めます!
それでわ!
生きとし生けるものが幸せでありますようにッ!
櫻井由紀
2013年10月08日 10:37
生滅の
繰り返しの流れの
一点でしかない
「自分」を
観察致します。

生きとし生けるものが幸せでありますように
Mason
2013年10月08日 11:47
この「第230げ」に関して、中村元先生の文庫本の解説によると、楠正成の「七度生まれ変わるとも朝敵を滅ぼさむ」はここからきているとのことですね。

神風特攻隊員の遺書「七生報国」の七も同じでしょうか。

なんとも痛ましいものですが、アメリカ人に残忍・無慈悲な武力で侵略され、その後数十年にわたり大衆マインドコントロールを受けるまでは、日本人にも、かつては仏の教えが広く浸透していたことを示す例として、蛇足ながらひとこと書かせていただきました
MK
2013年10月08日 22:53
瞑想していると、生きること(仕事・人間関係等)に関する妄想がよくわき起こります。そして、それこそ重要だと言わんばかりに、瞑想を止め、腰を据えて考えたい思いに駆られます。

まだまだなんとしてでも生きたいようです。心の汚れも多いようです。
一回一回の瞑想を無駄にしないようにして、早く汚れを落としたいです。
ぽん母さん
2013年10月08日 23:32
預流果の方々の境地は想像もつきませんが、
きっとそばにいるだけでほっと安らぐのでしょうね。
今日もありがとうございます。
生きとし生けるものが幸せでありますように。
悩み苦しみがなくなりますように。
こころざし
2016年04月17日 05:41
生存欲は自分の中にとてもあると思います。修行をしていく事で自我が減り、生存欲むき出し・・のような状態は少し減ったように感じています。
預流果の悟りを目指して、日々実践して参りたいです。