貪欲と 怒りはどこから 好き嫌い どこから来るか 恐怖はどこから<270>

○少年少女のためのスッタニパータ270.
・・・
欲はどこからくるのかな?
食べたいという欲は
お腹がすくからでしょう。
欲はお腹から来ると思います。


スッタニパータ270. 第2 小さな章 5.スーチローマ夜叉経 1.

○中村元先生訳
270
貪欲と嫌悪とはいかなる原因から生じるのであるか。
好きと嫌いと身の毛もよだつこと(戦慄)とはどこから生ずるのであるか。
諸々の妄想はどこから起こって、心を投げうつのであるか?
──あたかもこどもらが鳥を投げて棄てるように。


○正田大観先生訳
273.(270) 
〔スーチローマ夜叉が尋ねた〕
「貪り(貪)と、怒り(瞋)とは、因縁としてどこから〔生じるのですか〕。
諸々の不満〔の思い〕は、諸々の歓楽〔の思い〕は、身の毛のよだつことは、どこから生じるのですか。
諸々の思考は、どこから現起して、〔善き〕意を〔投げ捨てるのですか〕
――少年たちが、〔足を縛った〕烏を〔遊び目的で〕投げ捨てるように」〔と〕。(1)


○パーリ語原文
273.
ラーゴー    チャ    ドーソー    チャ    クトーニダーナー
‘‘Rāgo      ca     doso       ca     kutonidānā,
貪欲は     と     怒りは      と     何の縁か

アラティー    ラティー    ローマハンソー      クトージャー
aratī        ratī       lomahaṃso        kutojā;
嫌い       好き      身の毛がよだつこと   何処から生じるか

クトー     サムッターヤ     マノーウィタッカー
Kuto      samuṭṭhāya      manovitakkā,
何処から   起きて         心・想

クマーラカー    ダンカミウォッサジャンティ
kumārakā      dhaṅkamivossajanti’’.
少年たちは     カラスを・ように・投げ飛ばす


○一口メモ
スーチローマ夜叉の世尊に対する質問は、上記に先生の訳でだいたい分かると思いますが、要約すると次の通りです。

欲と怒りはどこから生じるのですか?
好きと嫌いと恐怖はどこから生じるのですか?
妄想はどこから生じて、心を混乱させるのですか?

この質問の釈尊の解答は明日の偈で述べられます。
明日の解答を読む前に、この解答を各自考えてみて下さい。
そうすれば、たとえ間違った答えを考えたとしても、明日の偈がよくわかることになると思います。
ブッダはいつも、自ら調べ、考え、確かめることを勧めておられます。
それが智慧を育て、確信を持つことにつながるのです。


貪欲と 怒りはどこから 好き嫌い どこから来るか 恐怖はどこから<270>


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


~~~~~~お知らせ~~~~~~

◎最近、サーバーの事情で、早朝の更新が出来なくなっています。その点、御了承して下さい。


◎ゴータミー精舎では毎日朝晩、自主瞑想会を行っています。朝5時から7時まで、および夜7時から9時まで。但し、木曜日夜7時から9時までの自主瞑想会は休みます。変更のある場合はこの「お知らせ」で、あらかじめ報告します。詳細はワンギーサの携帯番号090-2311-9317に御連絡下さい。


◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。御支援をお願い致します。

この記事へのコメント

櫻井由紀
2013年11月15日 09:27
先入観、主観、邪見から
勝手に作り上げた「妄想」ですから、
「自我」と言う「錯覚」、
すなわち
蜃気楼の様なものを
何の根拠も無く「ある」と信じ
「自分が存在する」と言って
それにしがみつく、執着する事から
生じていると思いました。

生きとし生けるものが幸せでありますように
ごろた石てつや
2013年11月16日 00:39
本能や感情に支配される無智・無明、
即ちpapañca捏造
即ち心の揺れ(煩悩)
だと思います。
こころざし
2016年05月03日 06:26
本文の、ワンギーサ長老の投げかけ、2016年になっていますが参加させて頂きます。
○欲と怒りは、感じた事を認識したうえで、思考が回るから生じるのでしょうか。
○好きと嫌いと恐怖も、感じた事の認識→思考で生じるものでしょうか。
○妄想は、思考から生じるのでしょうか。
解答を次の偈で確認させて頂きます。