貪欲と 怒りはここから 好き嫌い ここから来るよ 恐怖はここから<271>

○少年少女のためのスッタニパータ271.
・・・
よろこびも
かなしみも
ここより現れ、
ここより消える。


スッタニパータ271. 第2 小さな章 5.スーチローマ夜叉経 2.

○中村元先生訳
271
貪欲と嫌悪とは自身から生ずる。
好きと嫌いと身の毛もよだつこととは、自身から生ずる。
諸々の妄想は、自身から生じて心を投げうつ、
──あたかもこどもらが鳥を投げて棄てるように。


○正田大観先生訳
274.(271) 
〔世尊は答えた〕
「貪りと、怒りとは、因縁として〔まさに〕これ〔自身〕から〔生じます〕(自己自身から生起した)。
諸々の不満〔の思い〕は、諸々の歓楽〔の思い〕は、身の毛のよだつことは、〔まさに〕これ〔自身〕から生じます。
諸々の思考は、〔まさに〕これ〔自身〕から現起して、〔善き〕意を〔投げ捨てます〕
――少年たちが、〔足を縛った〕烏を〔遊び目的で〕投げ捨てるように。(2)


○パーリ語原文
274.
ローゴ    チャ   ドーソー     チャ    イトーニダーナー
‘‘Rāgo    ca     doso       ca      itonidānā,
貪欲は    と    怒りは      と      この因縁(から生じる)

アラティー    ラティー     ローマハンソー   イトージョー
aratī        ratī        lomahaṃso       itojā;
嫌い        好き      身の毛のよだつこと  これより生じる

イトー    サムッターヤ    マノーウィタッカー
Ito       samuṭṭhāya     manovitakkā,
これより   生じて        心・思考

クマーラカー    ダンカミウォッサジャンティ
kumārakā       dhaṅkamivossajanti.
少年たちは     カラスを・ように・投げ飛ばす


○一口メモ
皆さん、昨日のスーチローマ夜叉の質問に対して、どのような答えを出したでしょうか?

今の私は仏教を学んでいますから、仏教的な答えを考えるのですが、仏教を学んでいない人々はどのように考えるでしょうか? たぶんこのような問題は考えたことはないと思います。仏教で五欲と言えば、感覚的欲望で、見たい、聞きたい、匂いたい、味わいたい、触れたいというものです。しかし、世間での五欲は財欲、色欲、飲食欲、名誉欲、睡眠欲を言います。これらはどこから生じるのか考えることはないと思います。これらは考えるまでもなく、あるのが当たり前だと思ってしまうでしょう。

また、世間ではこれらの五欲を満たすことが幸せだと考えていますが、仏教ではスッタニパータ第1章の「ダニヤ経」でも述べられていたように、欲望が苦しみの原因であると言っているのです。苦しみをなくすためには、原因をなくさなければなりません。ですから、欲望はどこから生じるかを考えるのは重要なことなのです。

同様に、怒りはどこから生じるかを考えることは重要なのです。何故なら、スッタニパータ第1章の始めの「蛇経」の始めで述べられたように、怒りは毒なのです。毒は生命にとって危険なものです。その危険を取り除くためには、怒りが何処から生じるかを知らなければなりません。

嫌いと好きも感覚から生じます。感覚が不快なとき嫌いが現れ、快の時好きが現れます。欲と怒りも感覚から生じるのです。不快な時、心に怒りが現れます。快の時、欲が現れるのです。感覚はどこから現れるのでしょうか?

身の毛のよだつこと(恐怖)はどこから現れるのでしょうか?無知からです。生命の弱く、危険なものに取り囲まれています。生命は知っている者に対しては安心できますが、知らないものに対しては安心できません。安心できないと怖いのです。つまり恐怖は無知から生じるのです。無知はどこから現れるのでしょうか?快でも不快でもないという、無関心という感覚です。実は欲や怒りも無知の現れですから、欲や怒りからも恐怖が生じるのです。例えば、不必要なものでも、大切に思っているものがなくなるのは怖いのです。

最後の質問は「妄想はどこから生じて、心を混乱させるのですか?」でした。中村先生は「妄想」と訳されたものを正田先生は「思考」と訳されています。ほとんどの思考は妄想ですから、どちらでもよいのです。思考にせよ妄想にせよ、それは感覚から生じます。感覚から生じた妄想が、心を投げ捨てるが直訳ですが、それは心を混乱させることです。心が混乱すれば生命は幸せではないのです。

これらすべては感覚から生じるのです。感覚はどこから現れるのでしょうか?世尊のお答えは「これから生じる」です。中村先生は「自身から生じる」、正田先生の訳は「これ〔自身〕から〔生じます〕」としています。言葉で表すと「これ」としか言いようのないものだからです。例えば、世尊が自分の身体を指して、「これ」と言った時、一番分かるのです。中村先生は「これ」と表現したならば、何を言っているか分からなくなると思って、「自身」と訳されたのだと思いますが、「自身」というものはないのですから、自身とは言えないのです。私はないというように。少し難しいかもしれませんが、自分の身体をたたいて、「これ、これ」と言ってみて下さい。そこから欲や怒りや好き嫌いや恐怖が生じるのです。


貪欲と 怒りはここから 好き嫌い ここから来るよ 恐怖はここから<271>


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


~~~~~~お知らせ~~~~~~

◎11月22日(金)から11月28日(木)のゴータミー精舎における夜の自主瞑想会はお休みいたします。朝5時から7時の自主瞑想会は通常通り行います。理由はワンギーサが熱海の瞑想合宿に参加するためです。朝の自主瞑想会は代理人により通常通り開催いたします。


◎ゴータミー精舎では毎日朝晩、自主瞑想会を行っています。朝5時から7時まで、および夜7時から9時まで。但し、木曜日夜7時から9時までの自主瞑想会は休みます。変更のある場合はこの「お知らせ」で、あらかじめ報告します。詳細はワンギーサの携帯番号090-2311-9317に御連絡下さい。


◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。御支援をお願い致します。

この記事へのコメント

ごろた石てつや
2013年11月16日 22:21
貪り、怒り、諸々の不満や歓楽は自身の心が作り出したもの。
papañca:捏造

諸々の思考は、これ〔自身〕から現起して、〔善き〕意を〔投げ捨てます〕
心の揺れ(貪瞋癡)が起こり、〔善き〕意を投げ捨てるのですね。

思考しても、心の揺れを捨てず、揺れたままなので、智慧が無く、捏造するのですね。

無智・無明ですね。
櫻井由紀
2013年11月17日 01:09
先生の御解説を読んでも
少し難しく感じました。
理解出来るまで
何度も読み返します。
ありがとうございます。

生きとし生けるものが幸せでありますように
こころざし
2016年05月03日 06:36
無知から生まれる恐怖等を持ったりなど、感覚から生じるもので輪廻を繰り返す状況になる事は避けたいです。
修行をして智慧を持って、そしてそのような状況から卒業出来るようになりたいです。