天人や 人間たちは 幸福を 願っています 教えて下さい<258>

○少年少女のためのスッタニパータ258.
・・・
神々も人間も
幸福を願っています。
しかし、実のところ
何が幸福かわからないのです。


スッタニパータ258. 第2 小さな章 4.吉祥経 1.

○日本テーラワーダ仏教協会訳
1.
たくさんの天人や人々が、
幸福を願って
吉祥なものごとを考えてきました。
最上の吉祥をお説き下さい。


○中村元先生訳
258
「多くの神々と人間とは、
幸福を望み、
幸せを思っています。
最上の幸福を説いて下さい。」


○正田大観先生訳
261.(258) 
〔天神が尋ねた〕「多くの天〔の神々〕たちが、さらには、〔多くの〕人間たちが、
諸々の幸福を思い考えてきました
――安穏〔の境地〕を〔常に〕望んでいる者たちとして。
〔彼らのために〕最上の幸福を説いてください」〔と〕。(1)


○パーリ語原文
261.
バフー    デーワー    マヌッサー    チャ
‘‘Bahū    devā       manussā      ca,
多くの    天人たち    人間たち      と

マンガラーニ    アチンタユン
maṅgalāni      acintayuṃ;
幸福を        考えました

アーカンカマーナー   ソッターナン
Ākaṅkhamānā       sotthānaṃ,
願いつつ          安泰を

ブルーヒ    マンガラムッタマン
brūhi       maṅgalamuttamaṃ’’.
お説き下さい 最高の幸福を


○一口メモ
ブッダの幸福論は今年の4月から5月にかけて「ダニヤ経」の中で述べました。その最後のブログ記事で
次のように述べています。
http://76263383.at.webry.info/201305/article_4.html

「俗世間の幸福論は、家族や財産に依存することです。それは幸福論とは言いながら、人々に悩み苦しみを与えものです。大昔から人々はその幸福論に基づいて生活して、苦しみ、悩み続けています。そこから抜け出すことができずに、失敗を繰り返しているのです。しかし、人々はその幸福論に従って生きているのです。

それに対して、ブッダの幸福論は、ブッダに教えてもらわなければ、分からないことなのです。家族や財産に依存するではなく、それらに依存せず、自立し、自由であること、これが真の幸福であると言うのです。これは今までの常識とは異なるため、理解が難しく、実践は困難な課題です。しかし、よく考えて理解すれば、これこそが真の幸福だと分かります。理解すれば、困難を乗り越えることができます。ですから、先ず理解して下さい。」

天人も人間も「何が幸福であるか」分からないのは、俗世間の幸福論の中で考えているからなのです。幸福のために努力しても結果は、幸福にはならず、悩みや苦しみになっているからなのです。

「吉祥経」では、ブッダは幸福の原理的なことを語らず、具体的な38項目で幸福について説かれるのです。


天人や 人間たちは 幸福を 願っています 教えて下さい<258>


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


~~~~~~お知らせ~~~~~~

◎11月2日(土)夜、3日(日)朝のゴータミー精舎における夜の自主瞑想会はお休みいたします。理由は八王子の正山寺のカティナ衣法要にワンギーサが参加するためです。


◎ゴータミー精舎では毎日朝晩、自主瞑想会を行っています。朝5時から7時まで、および夜7時から9時まで。但し、木曜日夜7時から9時までの自主瞑想会は休みます。変更のある場合はこの「お知らせ」で、あらかじめ報告します。詳細はワンギーサの携帯番号090-2311-9317に御連絡下さい。


◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。御支援をお願い致します。

この記事へのコメント

櫻井由紀
2013年11月02日 09:07
「真の幸福」を得るための
具体的な38項目。
「宝」です。
お釈迦様の口から
発せられた言葉は
清らかに光り輝く「宝」です。
時空を超える「宝」です。

生きとし生けるものが幸せでありますように
こころざし
2016年04月29日 19:55
以前、幸福になりたいと願いながら、その幸福とは・・と突き詰めて考える事はなかったと思います。「自分が幸福と思えれば、幸福なんだ!」みたいな感じな無知でした。
自立して自由であると、本当に幸福だと感じます。執着や依存のない、そんな生き方が出来るようになりたいです。