乱暴な 言葉を語り 人々を 苦しめる人は 自分が苦しむ<275>

○少年少女のためのスッタニパータ275.
・・・
乱暴な言葉を使い、友達をいじめる子は
自分が不幸になっていることを知らない。
不幸になる原因を作っているのに。


スッタニパータ275. 第2 小さな章 6.法行経(カピラ経) 2.

○中村元先生訳
275
もしもかれが荒々しいことばを語り、
他人を苦しめ悩ますことを好み、獣(のごとく)であるならば、
その人の生活はさらに悪いものとなり、
自分の塵汚れを増す。


○正田大観先生訳
278.(275) 
彼が、もし、口悪しき類の者で、
〔他者を〕害することを喜ぶ獣愚の者であるなら、
彼の生は、より悪しきものとなり、
自己の塵を増大させる。(2)


○パーリ語原文
277.
ソー   チェー    ムカラジャーティコー
So     ce       mukharajātiko,
彼が   もし      口の悪い人種

ウィヘーサービラトー   マゴー
vihesābhirato        mago;
悩ますことを好む     獣人(ならば)

ジーウィタン     タッサ    パーピヨー
Jīvitaṃ        tassa     pāpiyo,
生活は        彼の     より悪いもの

ラジャン   ワッデーティ    アッタノー
rajaṃ     vaḍḍheti       attano.
塵を     増大させる     自分の


○一口メモ
今回は法行経の第二偈目です。昨日は出家して家や財産がなくとも、法行と梵行があれば、それより勝る財宝はないというお話でした。今回の偈の「彼」は家を捨てた出家者ですが、法行や梵行ではなくて、乱暴な言葉で話したり、他人を苦しめることを楽しむ獣のような出家者の生活は苦しいものになるということを教えたものです。

私に言わせれば、何のために出家したのか言いたくなるのですが、そのような出家者もいるのでしょう。出家者でなくとも、乱暴な言葉を使い、他人を苦しめることを楽しむ人は不幸になるのです。

その理由がこの偈の四行目で述べられています。上のような行為は自分の塵(煩悩)を増大させることになるだと言われています。煩悩が増えると不幸になるのです。何故、煩悩が増えると不幸になるのかはもう説明する必要はないと思います。このブログでも何回もいろいろな形で説明してきたことです。

煩悩が増えるということは心が汚れることです。汚れた心で行為すれは不幸な結果になるのです。やはり、ダンマパダ第1番目を思い出します。次のアドレスの記事を参照して下さい。

「ものごとは 心によって できている 汚れた心で 不幸な人生」
http://76263383.at.webry.info/201203/article_1.html


乱暴な 言葉を語り 人々を 苦しめる人は 自分が苦しむ<275>


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


~~~~~~お知らせ~~~~~~

◎11月22日(金)から11月28日(木)のゴータミー精舎における夜の自主瞑想会はお休みいたします。朝5時から7時の自主瞑想会は通常通り行います。理由はワンギーサが熱海の瞑想合宿に参加するためです。朝の自主瞑想会は代理人により通常通り開催いたします。


◎ゴータミー精舎では毎日朝晩、自主瞑想会を行っています。朝5時から7時まで、および夜7時から9時まで。但し、木曜日夜7時から9時までの自主瞑想会は休みます。変更のある場合はこの「お知らせ」で、あらかじめ報告します。詳細はワンギーサの携帯番号090-2311-9317に御連絡下さい。


◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。御支援をお願い致します。

この記事へのコメント

櫻井由紀
2013年11月20日 09:59
乱暴な言葉は
乱暴な心から生じます。
そんな言葉を聞いた時は
お釈迦様を思い浮かべます。

生きとし生けるものが幸せでありますように
ごろた石てつや
2013年11月20日 20:28
自分の巻いた種は、自分に返ってくる。
天に吐いた唾は、おのれを汚す。
因果応報です。
Ishii
2013年11月20日 21:39
戒めとして心に入ってくる教えですね。
自分が正しいと信じて疑わない人の暴言は、
確かに不幸が生まれると思います。

MK
2013年11月20日 23:58
特に10代の若い時期は、暴言を吐いたり、他人が苦しむ姿を喜ぶことが多いように思います。
大人になってくると、立場がまずくなるので皆そういう事は表向きにはしない人が多いと思います。ただ、心の中では暴言を吐いたり、いい気味だと思っている大人が多いように感じます。

心の中でも暴言を吐かず、他者を害しない人こそ尊敬すべき人だと思います。僕もそうなれるよう、心で考える事にも気をつけます。
こころざし
2016年05月05日 08:40
乱暴な言葉で話したり、他人を苦しめることを楽しむような方は孤立すると思います。以前それで嫌な思いをした相手を、それ以後ずっと接点を遠慮した記憶があります。その人がもし何かで困っても、きっと関わらないと思います。敵になる気はないですが、無関心にはないような気が致します。
そんな損な状態にならないように、戒めたいです。