王様の 車や衣装 屋敷見て バラモンたちに 欲が生まれた<300>

○少年少女のためのスッタニパータ300.
・・・
友達が持っていて
自分が持っていないと
自分も欲しくなる。
なければ、ないで
すむものだけど。


スッタニパータ300. 第2 小さな章 7.バラモン法経 17.

○中村元先生訳
300
また駿馬に牽かせた立派な車、
美しく彩られた縫物、
種々に区画され部分ごとに
ほど良くつくられた邸宅や住居を見て、


○正田大観先生訳
303.(300) 
さらには、良馬を繋ぎ見事に作られた諸々の車を〔見て〕、
諸々の彩りあざやかな刺繍を〔見て〕、
等分に計量され区分された諸々の住居地を〔見て〕、
さらには、諸々の住居を〔見て〕――(17)


○パーリ語原文
302.
ラテー     チャージャンニャサッミュッテー
‘‘Rathe     cājaññasaṃyutte,
車等を     また・駿馬につないだ

スカテー     チッタスィッバネー
sukate       cittasibbane;
よく作られた   美しい刺繍のあるものを

ニウェーサネー    ニウェーセー     チャ
Nivesane        nivese          ca,
住処を         住居を         と

ウィバッテー     バーガソー    ミテー
vibhatte        bhāgaso      mite.
区画された     等分に       量られた


○一口メモ
今日の偈は、昨日の王の栄華を具体的に丁寧に説明したものです。
王は素晴らしい馬車を何台も所有しています。その車は本当に立派につくられているのです。しかも、その車にはまた素晴らしい名馬がつながれているのです。バラモンでなくても王の馬車に見とれしまうでしょう。バラモンはできればそのような馬車を1台でも良いから持ってみたいと思ったのでしょう。

今で言えば、高級スポーツ・カーでしょうか? 最近の若者は車離れの傾向があるようですが、中高年の男性は今でも高級車に憧れがあるようです。私は車のことはよく知らないのですが、ジャガーの何がいいのだとか、あいつはフェラーリを乗っていて生意気だとか言っているのを聞きました。

次は、王の衣装ですね。王の衣装は並のものではないのです。色とりどりの最高の糸で、隅から隅まで豪華の刺繍が施されています。一着作るだけでも、何年もかかるようなものです。王はそれを何着も持っているのです。ヴェーダの勉強と修行だけをしていたバラモンたちはそれを見て、こんな美しい衣服があるものかと驚いたのでしょう。

その次は、王の城です。中庭、門口、高殿、重閣など、長さや広さなど見事に区画され、それぞれに相応しい家や建物が建てられているのです。バラモンたちはこれらを見て、これらすべて苦しみの原因である欲望を作るのであるのですが、これらの中に楽や快があるという転倒した想いがバラモンたちの心の中に現れたのでした。


王様の 車や衣装 屋敷見て バラモンたちに 欲が生まれた<300>


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


~~~~~~お知らせ~~~~~~

◎12月28日(土)から1月3日(金)のゴータミー精舎における夜の自主瞑想会はお休みいたします。朝5時から7時の自主瞑想会は通常通り行います。理由はワンギーサが熱海の瞑想合宿に参加するためです。朝の自主瞑想会は代理人により通常通り開催いたします。


◎ゴータミー精舎では毎日朝晩、自主瞑想会を行っています。朝5時から7時まで、および夜7時から9時まで。但し、木曜日夜7時から9時までの自主瞑想会は休みます。変更のある場合はこの「お知らせ」で、あらかじめ報告します。詳細はワンギーサの携帯番号090-2311-9317に御連絡下さい。


◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。御支援をお願い致します。

この記事へのコメント

櫻井由紀
2013年12月16日 09:12
五蘊の内の
どの一つが欠けても
現象は成り立ちません。
そこに存在しませんね。
瞬間瞬間の生・滅を観るためには
「ズレ」に気付く事が
鍵になります。

生きとし生けるものが幸せでありますように
ごろた石てつや
2013年12月16日 23:20
妄想と自己の捏造こと自我です。
まさにpamādaです。

ye pamattā yathā matā
MK
2013年12月17日 00:11
純粋に説明を読むと、最高の車・服・家というのは、苦しみの原因というより楽や快があるものと見出さざるをえません。特に女性は服と家に強いこだわりがあるように思います。
確かにどれもなくとも大した問題はないですが、一応誰でも目指す物なのではないかと思います。目指さなければ、変わった人だと見られます。
自分が真にこれらのものに欲を抱かず、本質を理解しないと、必要ないという言葉がただの負け惜しみになってしまうように思います。はやく心の底から理解できればいいのですが…。

生きとし生けるものが幸せでありますように
こころざし
2016年05月13日 06:23
何が大事か、の視点が、欲的な欲しいと思ったものを得る、になった場合、真理と違う生き方になる流れを感じました。
例えば高級車を得る事がメインになった場合、多額の購入費や維持費、そして盗まれない様な工夫等々、それが手に入ったからと言って本当に幸福なのか?は分からない面があるのは、痛み目に遭わないと分からないと思います。
本文の「これらの中に楽や快があるという転倒した想いがバラモンたちの心の中に現れた・・」は人間皆さんにある、苦しみを作る真理に感じます。そうならない様にしたいです。