牛たちは 用具であるから 殺そう 王の牛たちを 犠牲にしよう<307>

○少年少女のためのスッタニパータ307.
・・・
どんな理由があろうとも
生きものは殺してはいけない。
みんな生きていたい。
死にたくないと思っているのだから。


スッタニパータ307. 第2 小さな章 7.バラモン法経 24.

○中村元先生訳
307
「水と地と
黄金と財と穀物とが
生命あるひとびとの用具であるように、
牛は人々の用具である。
祭祀を行いなさい。あなたの富は多い。
祭祀を行いなさい。あなたの財産は多い。」


○正田大観先生訳
310.(307) 
〔彼らは言いました〕『すなわち、水と、地と、
黄金、財産や穀物のように、
このように、牛たちは、人間たちのものである。
まさに、それは、命あるものたちの必需品である。
祭祀をしなさい。あなたには、多くの富がある。
祭祀をしなさい。あなたには、多くの財がある』〔と〕。(24)


○パーリ語原文
309.
ヤター    アーポー    チャ    パタウィー    チャ
‘‘Yathā    āpo        ca     pathavī      ca,
ように     水        と     地         と

ヒランニャン    ダナダーニヤン
hiraññaṃ      dhanadhāniyaṃ;
黄金        財産や穀物

エーワン   ガウォー    マヌッサーナン
Evaṃ      gāvo       manussānaṃ,
このように  牛たち      人間たち

パリッカーロー     ソー    ヒ     パーニナン
parikkhāro        so     hi      pāṇinaṃ;
必需品         それは  まさに   生きものの

ヤジャッス      バフ    テー      ウィッタン
Yajassu        bahu    te        vittaṃ,
祭祀をしなさい   多く    あなたには  富

ヤジャッス      バフ    テー      ダナン
Yajassu        bahu    te        dhanaṃ.
祭祀をしなさい   多く    あなたには  財産


○一口メモ
今回の偈は、バラモンたちがオッカーカ王をそそのかした時の言葉です。

「水と地と黄金と財と穀物とが生命あるひとびとの用具であるように、牛は人々の用具である。
祭祀を行いなさい。あなたの富は多い。祭祀を行いなさい。あなたの財産は多い。」

例えば、水は手を洗うなどあらゆる仕事において人々の役に立っています。人々はそれを使うことは悪いことではありません。なぜならば、それは必需品だからです。同様に、地は歩いたり立ったりするなどあらゆる仕事において役に立っています。黄金や穀物もその通りです。牛たちも、人間のあらゆる仕事において役に立つように生まれたものです。牛たちを殺して、祭祀の犠牲に使うことは悪くないのです。これがバラモンたちの牛を殺す理屈なのです。

「祭祀をしなさい。祭祀をしなさい。」ということは牛を殺しなさい、牛を殺しなさいということなのです。

昔のバラモンたちは牛を親、兄弟、親戚たちと同じように家族と考えていた時と大変な違いです。


牛たちは 用具であるから 殺そう 王の牛たちを 犠牲にしよう<307>


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


~~~~~~お知らせ~~~~~~

◎12月28日(土)から1月3日(金)のゴータミー精舎における夜の自主瞑想会はお休みいたします。朝5時から7時の自主瞑想会は通常通り行います。理由はワンギーサが熱海の瞑想合宿に参加するためです。朝の自主瞑想会は代理人により通常通り開催いたします。


◎ゴータミー精舎では毎日朝晩、自主瞑想会を行っています。朝5時から7時まで、および夜7時から9時まで。但し、木曜日夜7時から9時までの自主瞑想会は休みます。変更のある場合はこの「お知らせ」で、あらかじめ報告します。詳細はワンギーサの携帯番号090-2311-9317に御連絡下さい。


◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。御支援をお願い致します。

この記事へのコメント

Ishii
2013年12月22日 10:08
 ワンギーサ先生、毎日ありがとうございます。
人は財や穀物をたくさん持つようになると妄想たくましくあらぬことをしますね。つつましく生きるための戒めになりました。
櫻井由紀
2013年12月22日 12:09
死にたくないエネルギー
生きていきたいエネルギー
六根を防護しなければ
渇愛を強化するばかりですね。

生きとし生けるものが幸せでありますように
noritarou
2013年12月22日 12:15
「用具」とは、恐ろしい概念ですね。
人類の戦争の歴史、毎日起こる事件でも明らかなように、
「自然」や、「自分以外のもの」を「用具」として認識するという、エゴにまみれ、自我が肥大化すると、他者の痛みを感じることが出来ません。
いや、心は、他者の痛みや不幸を喜びさえします。

慈悲の心を育てないで、日常生活の一挙手一投足に無意識でいることは、輪廻の罠にかかっているように感じます。
生きとし生けるものが幸せでありますように。
ごろた石てつや
2013年12月22日 23:29
バラモンの今までの偈を含め、これらの行いは、生命として、当たり前の行為です。

しかし。
そこに、苦の滅尽は、ありません。
こころざし
2016年05月15日 09:08
迷信に踊らされる皆さん、の様子を感じました。また欲で都合よく導く?バラモンに腹黒さを感じます。牛は殺され・皆さん悪業をためてしまい、誰も救われないような印象を受けます。不幸な事と思います。これも無明という表現で良いでしょうか。
智慧を持って迷信に惑わされる事無く、生きれるようにしたいです。