欲と飢え 老化が病気 それなのに 九十八の 病気に増えた<311>

○少年少女のためのスッタニパータ311.
・・・
人間の病気は次の三つでした。
欲しいという気分。
お腹がすくこと。
歳を取ること。


スッタニパータ311. 第2 小さな章 7.バラモン法経 28.

○中村元先生訳
311
昔は、欲と飢えと老いという
三つの病いがあっただけであった。
ところが諸々の家畜を祀りのために殺したので、
九十八種の病いが起った。


○正田大観先生訳
314.(311) 
かつては、欲求(本能)と飢餓(空腹になること)と老化という
三つの病〔だけ〕が、〔人間たちに〕存在しました。
しかしながら、家畜たちの屠殺から、
〔新たに〕九十八〔の病〕が起こりました。(28)


○パーリ語原文
313.
タヨー    ローガー    プレー    アースン
‘‘Tayo    rogā       pure      āsuṃ,
三つの   病気が     以前は    あった

イッチャー    アナサナン   ジャロー
icchā       anasanaṃ     jarā;
欲        飢え        老化

パスーナンチャ    サマーランバー
Pasūnañca       samārambhā,
家畜たちの      殺害から

アッターナウティマーガムン
aṭṭhānavutimāgamuṃ.
九十八(病)が起こった


○一口メモ
家畜に刃を下して殺したことにより、人間はこれまで、欲と飢えと老化という三つの病気しかなかったのですが、その後九十八種の病気が現れたと言われています。

何故、欲と飢えと老化が病気なのか?少し復習してみましょう。

欲が病気であることは、スッタニパータ51番の偈で学びました。
欲望は 病気はれもの 矢と災難 それらを避けて 一人で歩く<51>
http://76263383.at.webry.info/201305/article_21.html
「病気とは治療をしなければ治らないものです。欲望は欲望を満たさなければ止むことはありません。しかし、欲望は一度欲望をみたしても、欲望は満足を知らず、さらに欲望は増大するのです。その意味では、欲望は不治の病だというべきなのです。」

飢えが病気であることは、ダンマパダ203番で述べました。
空腹で 己が苦だと よく分かる 己を知って 涅槃に至る (203)
http://76263383.at.webry.info/201209/article_17.html
「なぜ、飢えは最大の病気なのですか?飢えの治療のために、食べ物を補給しても、決して治らないのです。また明日治療をしなければならないのです。飢えは不治の病ですから、最大の病気なのです。」

老化も治すことの出来ない病気です。生命の老化は止めることが出来ないのです。生命にとって無常とは老化なのです。無常を止められないように、老化も止められないのです。

ここで、98種の病気)の一部を列挙してみましょう。(全部は調べられなかったため)
1.眼の病、2.耳の病、3.鼻の病、4.舌の病、5.身体の病、6.頭の病、7.喉の病、8.口の病、9.歯の痛み、10.咳、11.喘息、12.風邪、13.火傷、14.熱、15.内蔵疾患、16.気絶、17.下痢、18.リュウマチ、19.コレラ、20.ハンセン病、21.おでき、22.ハンセン病による変形、23.肺結核、24.皮膚の炎症、25.傷、26.痒み、27.疥癬、28.黄疸、29.糖尿病、30.唾液の病、31.吹き出物、膿胞、32.潰瘍でできた穴、・・・(中略)・・・97.てんかん、98.毒に触れること、かき傷による感染など。

またその後、人間は悪行為を積み重ねることによってでしょうか、現在では標準病名マスターと呼ばれるものに登録されている病名は、20,155種類になっています。

このように、人類は悪行為を重ねることによって、多くの病気に悩み苦しむことになるのですが、病気には意味と役割があるのです。この偈の解説の本筋と外れますから、詳しくは述べられませんが、病気は人類に生き方を改善すべきことを教えているのです。

本題に戻ると、家畜を殺した行為の結果は病気の数が増えただけでは終わりません。それは明日以後の偈で述べられます。


欲と飢え 老化が病気 それなのに 九十八の 病気に増えた<311>


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


~~~~~~お知らせ~~~~~~

◎12月28日(土)から1月3日(金)のゴータミー精舎における夜の自主瞑想会はお休みいたします。朝5時から7時の自主瞑想会は通常通り行います。理由はワンギーサが熱海の瞑想合宿に参加するためです。朝の自主瞑想会は代理人により通常通り開催いたします。


◎ゴータミー精舎では毎日朝晩、自主瞑想会を行っています。朝5時から7時まで、および夜7時から9時まで。但し、木曜日夜7時から9時までの自主瞑想会は休みます。変更のある場合はこの「お知らせ」で、あらかじめ報告します。詳細はワンギーサの携帯番号090-2311-9317に御連絡下さい。


◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。御支援をお願い致します。

この記事へのコメント

noritarou
2013年12月25日 09:16
最近、遺伝子をいじることで人は400~500歳まで生きられると発見されましたが、聖書にもあるように昔は1000歳くらいまで生きていたのでしょう。
煩悩が、本来持っている心のエネルギーを阻害して、肉体(物質)に影響を与えているということでしょうか。

ただ、己の生き方を変えることで、サティの力で、ちょっとした病気は、投薬なしで簡単に改善していることも実証されていますね。

今生では、とてつもなく遠い目標ですが、私たちの目標は、病気の治癒ではなく、解脱ですよね。
生きとし生けるものが幸せでありますように。
櫻井由紀
2013年12月25日 10:03
いつでも「心」が先行し
後に「物質」ですから、
ましてや量的に言えば
「心」の方が多いですから
「身体に現れた病」の数を観れば
どれだけ「心が病んでいるのか」が
推し量れますね。
原因と結果ですね。
生きとし生けるものが幸せでありますように
あすか
2013年12月25日 17:56
病について考える
良い機会になりました。

病気の意味と役割、どこかで詳しく
解説していただけたら嬉しいです。

MK
2013年12月25日 19:57
最近は体の病気だけでなく、心の病気も増えてきました。
病気というと、一般的にはすぐに医者に行ったり薬を飲んだりして治そうとしますが、在家であれば慈悲の心を育てる事で予防するのも大事なのだと思います。

生きとし生けるものが幸せでありますように
こころざし
2016年05月16日 07:38
自分がした事の反動で病気になる事、恐ろしく思います。心が汚れるのと連動し体も弱る流れになるでしょうか。そのような流れが生じない様にしたいです。
※病気になると何かしでかした反動か?と思ってしまうと、また違う意味で精神的な落ち込みになりそうな気が致します。もし病気になった時はそのような思考はどう捉えれば良いでしょうか。考えてみたいです。