王族も バラモンたちも 血統の 誇りを捨てて 欲に走った<315>及び<あとがき>

○少年少女のためのスッタニパータ315.
・・・
武士は食わねど
高楊枝。
プライドは
食欲なんかに負けないぞ。



スッタニパータ315.あとがき。 第2 小さな章 7.バラモン法経 32.及び「あとがき」

○中村元先生訳
315
王族も、梵天の親族(バラモン)も、
並びに種姓(の制度)によって守られている他の人々も、
生れを誇る論議を捨てて、
欲望に支配されるに至った、と。


<終わりに>
このように説かれたときに、大富豪であるバラモンたちは、師にいった、「すばらしいことです! ゴータマ(ブッダ)さま。すばらしいことです! ゴータマさま。あたかも倒れた者を起こすように、覆われているものを開くように、方向に迷った者を示すように、あるいは『眼ある人々は色やかたちを見るであろう』といって暗闇の中で灯火をかかげるように、ゴータマさまは種々のしかたで理法を明らかにされた。ここで、われらはゴータマさまに帰依したてまつる。また真理と修行僧のつどいに帰依したてまつる。ゴータマさまは、われわれを在俗信者として、受け入れてください。今日から命の続く限り帰依いたします。」


○正田大観先生訳
318.(315) 
士族たち、しかして、梵〔天〕(ブラフマー神)の眷属たち、
さらには、彼ら、他の、氏姓に守られた者たちも、
出生の論(分相応の生き方)を無視して、
諸々の欲望の支配へと従い行きました」〔と〕。ということで――(32)
<あとがき>
このように言われたとき、それらの婆羅門の大家たちは、世尊に、こう言いました。「貴君ゴータマよ、すばらしいことです。……略……。貴君ゴータマは、わたしたちを、在俗信者として認めてください。今日以後、命ある限り、帰依所に赴いた者として〔わたしたちを〕」〔と〕。ということで――


○パーリ語原文
317.
カティヤー    ブラフマバンドゥー    チャ
‘‘Khattiyā     brahmabandhū      ca,
士族たち     梵天の親族たち     と

イェー    チャンニェー    ゴッタラッキター
ye       caññe        gottarakkhitā;
人びと    また・他の     種姓で守られた人々は

ジャーティワーダン    ニランカトワー
Jātivādaṃ          niraṃkatvā,
血統論を          捨てて

カーマーナン   ワサマンワグンティ
kāmānaṃ      vasamanvagu’’nti.
欲望に       支配に従った・と


<あとがき>のパーリ語原文は省略します。


○一口メモ
「バラモン法経」はこの315偈及び「あとがき」で終わります。

インドには昔にも今もカーストという社会集団があり、序列があり、各集団間は職業・通婚・食事などに厳しい規制があります。世襲的職業をもち相互に分業関係を結んでいます。そのため生きていくための最低限度の仕事が保障されているとは言えますが、近代的な民主主義的の立場から言えば不平等な社会集団と言えます。しかし、昔のカーストの社会集団は、その集団の法を守るという義務と誇りがあり、それを順守していました。しかし、次第に王族やバラモンたちはその不平等な法すら守ることを放棄して、欲望に従うようになってしまったのです。その結果の状況がこの「バラモン法経」に述べられているのです。

この経は昔のバラモンたちの没落の様子が述べられており、特殊なケースのように思われますが、そうではなく、人間が欲望に負けて堕落して、法から離れていく様子は今も変わらないのです。

現在の私たちにとっては、便利さ・効率を優先する態度、これは怠けたいという心の現れもたぶんあると思います。これによって、大切な伝統を捨てるということが多くあるように思います。一つの例は、年長者を敬うということ、あるいは弱者を守るということは大切な伝統です。しかし、効率やスピードを重視して、高齢者や弱者を切り捨てるという風潮はぬぐえないのです。伝統の中にある慈しみの心は捨てないように注意したいと思います。

<あとがき>では、昔のバラモンたちが守ったバラモン法について、ブッダに質問した大富豪のバラモンたちは、ブッダの言葉に感激して、在家信者として仏法僧に帰依することを申し出ました。

「少年少女のためのスッタニパータ」の言葉について。
無意味なプライドは捨てた方がよいのですが、ある時はプライドも必要だと思います。
自分は必要以上の食欲なんかに負ける自分でないというプライは必要でしょう。
すぐ間食する人は、そのようなプライドを持って下さい。

明日からは「スッタニパータ 第2小さな章 8.船経(法経)」が始まります。


王族も バラモンたちも 血統の 誇りを捨てて 欲に走った<315>



○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


~~~~~~お知らせ~~~~~~

◎12月28日(土)から1月3日(金)のゴータミー精舎における夜の自主瞑想会はお休みいたします。朝5時から7時の自主瞑想会は通常通り行います。理由はワンギーサが熱海の瞑想合宿に参加するためです。朝の自主瞑想会は代理人により通常通り開催いたします。

◎ゴータミー精舎では毎日朝晩、自主瞑想会を行っています。朝5時から7時まで、および夜7時から9時まで。但し、木曜日夜7時から9時までの自主瞑想会は休みます。変更のある場合はこの「お知らせ」で、あらかじめ報告します。詳細はワンギーサの携帯番号090-2311-9317に御連絡下さい。


◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。御支援をお願い致します。


この記事へのコメント

櫻井由紀
2013年12月29日 16:59
欲望の炎の中から立ち昇る
地獄の幻影は
汚れた心の鏡には
天界の様に映ったのでしょうね。
お釈迦様の教えに出会えて幸福です。

ワンギーサ先生、バラモン法経の御解説
有難う御座いました。
先生の無量の慈悲心により
私達学生が真理の道へと導かれている事実に
感激いたしております。
また明日からも「船経」の御解説
宜しく御願い申し上げます。
本当にありがとうございます。
生きとし生けるものが幸せでありますように
noritarou
2013年12月29日 19:12
>欲望に支配されるに至った

昔も今も、人類を支配しているのは「お金(欲望)」ですね。
お金が人を狂わせ、個人的には悪いと思っている事でも、組織によると従わざるを得なくなり、個人が組織、権力、法律、暴力に振り回されます。
日本でも士農工商という優れたバランスがありましたが、今では、教育、経済、政治、全てのシステムにおいてバラモンの不法行為が行き渡っているように感じます。

全ての生命の悩み、苦しみがなくなりますように。
ごろた石てつや
2013年12月29日 21:04
人間が、権力を手にした時、落ちていく、プロセスの教えがありました。
信仰による宗教のビジネスモデルの本質も暴露され、客観的に観察ができました。

己の煩悩の鏡でもあります。
心の揺れを捨てる事に努めます。

Vayadhammā saṅkhārā appamādena sampādethā
ななつ
2013年12月29日 22:45
因果法則ですね・・・
現代の私たちは、心を慈しみで染めていかなければ。
良い方向へ軌道修正する方法は、
お釈迦様が教えてくださった方法を実践することですね。
ありがとうございます。
生きとし生けるものが幸せでありますように。
こころざし
2016年05月18日 07:26
仏道を実践する志を持っていますが、今一番守れていないのは大食いです。食事の冥想の唱えを言ってから守っていない状況にもなると思います。反省致します。
プライドを持って、今より自制致します。食欲に打ち勝ちたいです。