聡明で 多聞の人に 親しめ 真理を得れば 安楽になる<323>

○少年少女のためのスッタニパータ323.
・・・
お釈迦さまは最高の先生だから、
お釈迦様の言葉を覚え、
それを実行しなさい。
そうすれば、賢い人になれますよ。


スッタニパータ323. 第2 小さな章 8.船経(法経) 8.

○中村元先生訳
323
それ故に、実に聡明にして学識の深い立派な人に親しめ。
ものごとを知って実践しつつ、
真理を理解した人は、
安楽を得るであろう。


○正田大観先生訳
326.(323)
それゆえに、まさに、正なる人士と親しくするように
――まさしく、しかして、思慮ある者と、さらには、多聞の者と。
義(道理)を了知して、〔常に〕実践しているなら、
彼は、法(真理)の識知者となり、安楽を得るであろう。ということで――(8)


○パーリ語原文
325.
タススマー    ハウェー   サップリサン    バジェータ
Tasmā       have      sappurisaṃ     bhajetha,
それ故      まさに    立派な人と     親しめ

メーダーウィナンチェーワ   バフッスタンチャ
medhāvinañceva         bahussutañca;
思慮ある者と          多聞の者と

アンニャーヤ   アッタン    パティパッジャマーノー
Aññāya       atthaṃ     paṭipajjamāno,
了知して     意義を     実践しているなら

ウィンニャータダンモー サ    スカン    ラベーターティ
viññātadhammo       sa    sukhaṃ    labhethāti.
真理を理解した人    彼は   安楽を    得るだろと


○一口メモ
この偈が「船経」の結論です。すなわち、思慮があり、学識のある立派な人を師匠として、親交しなさい。そして、真理を理解して、実践すれば、安楽(涅槃)の境地を体得できるだろうということです。

ブッダは本当に丁寧にこの結論に至る道筋を説いてくれました。
始めに、聡明な多聞の人を尊敬供養しなさい。そうすれば、その方は真理を説いてくれます。
その説法に耳を傾け、実践するならば、自らが聡明な人になれます。
しかし、愚かな、嫉妬深い師匠に親交するならば、真理を知らずに、疑い残して死ぬことになります。
流れ速い河で溺れている人は、溺れている他人を助けられません。
そのように、真理を知らず、自分の疑いを越えてない人が他人を理解させることができるでしょうか。
そうではなく、頑丈な船に乗り、操縦の上手な人は、多く人を安全に渡すことができます。
そのように、真理の知識があり、自己を修めた、動揺しない人は、人に真理を教えることが出来ます。
ですから、思慮があり、学識のある立派な人を師匠として、親交しなさい。
そうすれば、真理を体得できるでしょうということになります。

この経は、仏道修行における善友の重要性を、師匠と弟子の関係において述べたものです。善友と親交せよ、悪友とは親交するなということです。現代情報社会においては自己を指導者として名乗るか方がたくさんいますので、問題になることは真理を求める人々が如何にして善友たる師匠を探すかということになります。

私が言えることは、「自ら確かめる」以外にはないということです。そのことについて、次のブログ記事で述べていますので、参考にしてください。その中のカーラーマ経(増支部3集66)の10項目を検討して下さい。
八正道 聖なる真理 離貪まで 説いたからこそ ブッダが最高(273)
http://76263383.at.webry.info/201211/article_7.html

明日からは、「何が戒か経」が始まります。

聡明で 多聞の人に 親しめ 真理を得れば 安楽になる<323>


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


~~~~~~お知らせ~~~~~~

◎1月24日(金)から1月30日(木)のゴータミー精舎における夜の自主瞑想会はお休みいたします。朝5時から7時の自主瞑想会は通常通り行います。理由はワンギーサが熱海の瞑想合宿に参加するためです。朝の自主瞑想会は代理人により通常通り開催いたします。


◎ゴータミー精舎では毎日朝晩、自主瞑想会を行っています。朝5時から7時まで、および夜7時から9時まで。但し、木曜日夜7時から9時までの自主瞑想会は休みます。変更のある場合はこの「お知らせ」で、あらかじめ報告します。詳細はワンギーサの携帯番号090-2311-9317に御連絡下さい。


◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。御支援をお願い致します。


この記事へのコメント

こころざし
2016年05月20日 12:54
現在ブッダの教えをどの長老から学ぶか・・みたいな流れがあると思います。日本でスマナサーラ長老が開いて下さった世界を紹介しながら、そしてそれを他の方が教えますみたいに誘導する方もいらっしゃる様子を感じる事があります。
色々な長老に教えて頂き、この長老はこのように言っていた、あの長老は・・みたいな状況になったとの話を伺った事があります。そのような状況にもしなった時、自分で確かめる姿勢を改めて持てるようにしたいです。