第七の 仙人様よ お言葉を 聞いて私は 清まりました<356>

○少年少女のためのスッタニパータ356.
・・・
善いことをして
うれしいときは
回向するとよい。
喜びは何倍にも
なるそうだ。


スッタニパータ356. 第2 小さな章 12.ヴァンギーサ経 14.

○中村元先生訳
356
[ヴァンギーサいわく、──]
「第七の仙人(ブッダ)さま。
あなたのおことばを聞いて、わたしは喜びます。
わたしの問いは、決してむだではありませんでした。
バラモンであるあなたは、わたくしをだましません。


○正田大観先生訳
359.(356) 
〔尊者ヴァンギーサが言った〕
「第七の聖賢(ブッダ)よ、〔まさに〕この〔わたし〕は、
あなたの言葉を聞いて、〔心が〕清まります。
わたしが尋ねたことは、まさに、無駄ならざるもの。
婆羅門(ブッダ)は、わたしを騙しませんでした。(14)


○パーリ語原文
358.
エーサ    ストゥワー    パスィーダーミ
‘‘Esa     sutvā        pasīdāmi,
これ      聞いて      私は喜びます

ワーチョー    テー    イスィサッタマ
vaco        te      isisattama;
言葉       あなたの  第七の仙人よ

アモーガン   キラ    メー     プッタン
Amoghaṃ     kira    me       puṭṭhaṃ,
無駄でない   確かに 私によって  問われたことは

ナ    マン    ワンチェースィ   ブラーフマノー
na     maṃ    vañcesi        brāhmaṇo.
ない   私を    だます       バラモンは


○一口メモ
この偈は、世尊の言葉を聞いたヴァンギーサ尊者の喜びを表したものです。

第七の仙人とは、過去七仏すなわち、①ヴィパッスィー、②スィキー、③ヴェッサブ、④カクサンダ、⑤コーナーガマナ、⑥カッサパ、⑦ゴータマの七番目が世尊だからこのように言ったのです。また、最後の行の「バラモン」も、世尊を指しているのです。

「世尊よ。私が問いかけたことは無駄ではありませんでした。あなたは私をだましませんでした。」とヴァンギーサ尊者は自分の喜びを表現しています。


第七の 仙人様よ お言葉を 聞いて私は 清まりました<356>


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


~~~~~~お知らせ~~~~~~

◎ゴータミー精舎では毎日朝晩、自主瞑想会を行っています。朝5時から7時まで、および夜7時から9時まで。但し、木曜日夜7時から9時までの自主瞑想会は休みます。変更のある場合はこの「お知らせ」で、あらかじめ報告します。詳細はワンギーサの携帯番号090-2311-9317に御連絡下さい。


◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。御支援をお願い致します。


この記事へのコメント

みき
2014年02月12日 09:46
瞑想をしていて、上手くいかないことが多いです。難しいこともよく理解していないようです。よって疑問なども今のところ湧いてきませんね。
しかし、上達しようという気持ちは持ち続けています。仏陀の言葉を聞いた尊者ヴァンギーサさんは、今までの修行の結果が報われたのだと思います。仏陀を信じて修行を続けてきたからだと思います。
いつの日か私も報われる日がきますように。
初心者
2014年02月12日 16:29
瞑想するとは実際どういうことなのか実践的な意味で解釈が難しいですね。
雨の日に机の上で頬杖つきながら、ぼんやり物思いに耽るような、あの感覚が本当は瞑想に近い状態なんじゃないかなって思ったりもします。
私は曹洞宗なので座禅なども試してみましたが(ただの檀家なので素人です)
よほど慣れてないとこれも苦行になっちゃいますよね。ですのでリラックスできれば何でもいいような気がします。
臨済の公案や空海の真言も興味深いけど
サンスクリット語よりパーリ語が古いかな?
密教には如来がたくさんおられるようですが
第七の仙人という表記は初めて見ました。
第一から第六までの仙人方について詳しく知りたいです。
ななつ
2014年02月12日 20:49
今日は、「子供のためのスッタニパータ」の助けを得て学びました。
ヴァンギーサ尊者は自分の恩師の功徳を喜び(随喜して)
心が清らかになったのですね。
私も過去に悟りを開いた方々のことを思うと嬉しいです。
そして、私も頑張ろうと思います。
今日もありがとうございました。
生きとし生けるものが幸せでありますように

こころざし
2016年05月31日 07:32
何か功徳的な事をさせて頂いたとき、それに協力して下さった方がいると、その方に回向させて頂きます、との姿勢でいます。ですがそれをする前には「え、そんな事をすると何かもったいない・・」と出し惜しみ?しそうになる自分がいます。器の狭さを感じます。
思い切って自分以外の方に回向させて頂く事で、執着の姿勢が少し減るように思います。それは大きな喜びに繋がるような印象を持ちます。実践して参りたいです。