カッパ師は 教えの通り 実践し 魔王の網を 断ち切りました<357>

○少年少女のためのスッタニパータ357.
・・・
常識を疑うことから
真実が見えてくる。
当たり前と思う前に
何故かなと考えよう。


スッタニパータ357. 第2 小さな章 12.ヴァンギーサ経 15.

○中村元先生訳
357
目ざめた人(ブッダ)の弟子(ニグローダ・カッパ)は、
ことばで語ったとおりに実行した人でした。
ひとを欺く死魔のひろげた
堅固な網を破りました。


○正田大観先生訳
360.(357) 
覚者の弟子(カッパ)は、〔覚者の〕説くとおり、
そのとおりに為す者として、〔世に〕有りました。
幻術師の死魔が広げた
堅固な網を断ち切ったのです。(15)


○パーリ語原文
359.
ヤターワーディー    タターカーリー
‘‘Yathāvādī        tathākārī,
言う通りに        そのように行う人

アフ    ブッダッサ  サーワコー
ahu     buddhassa   sāvako;
あった  ブッダの    弟子は

アッチダー   マッチュノー    ジャーラン
Acchidā      maccuno      jālaṃ,
断ち切った   死神の       網を

タタン   マーヤーウィノー   ダルハン
tataṃ    māyāvino        daḷhaṃ.
広げた   妖術師の       強固な


○一口メモ
今回の偈では、正田先生の訳に基づいて、大切なポイントを二つ説明します。

先ず、「覚者の弟子(カッパ)は、〔覚者の〕説くとおり」についてです。ブッダの弟子、ここではニグローダカッパ長老を指します。彼はブッダの説く通りに実践したということです。これは本当に大切なことなのです。

解脱を求めて修行する人は自分の経験のない未知の道を進むのです。その時大切なことは、解脱を既に経験した方(ブッダ)の教える通りに実践することが、短い人生の中で確実に目的を達成するためにはどうしても必要なことです。自分の勝手な方法では目的を達成する前に、人生が終わってしまいます。その点でカッパ長老は、ブッダの教えの通りに実践し、解脱したということです。

もう一つ明らかにしておくべきことは、「幻術師の死魔が広げた堅固な網」とは何かです。
注釈書には、「三界の輪廻に張りめぐらされた魔の渇愛の網」と書かれています。三界とは欲界、色界、無色界で、衆生すなわち生命が輪廻するすべて世界を言っています。天界、人間界、修羅界、畜生界、餓鬼界、地獄を指します。この三界に渇愛があるのです。これが苦しみに満ちた輪廻を続けさせる原因なのです。また、この渇愛が輪廻の原因であるとは、決して露見しないように、渇愛は立ち振る舞います。ですから、「幻術師の死魔が広げた堅固な網」と言ったのです。

しかし、ニグローダカッパ長老は、ブッダの教えの通りに、この渇愛を明らかにして、この世で渇愛を断ち切ったのです。


カッパ師は 教えの通り 実践し 魔王の網を 断ち切りました<357>


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


~~~~~~お知らせ~~~~~~

◎ゴータミー精舎では毎日朝晩、自主瞑想会を行っています。朝5時から7時まで、および夜7時から9時まで。但し、木曜日夜7時から9時までの自主瞑想会は休みます。変更のある場合はこの「お知らせ」で、あらかじめ報告します。詳細はワンギーサの携帯番号090-2311-9317に御連絡下さい。


◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。御支援をお願い致します。


この記事へのコメント

みき
2014年02月13日 11:52
カッパ師は仏陀の言葉を信じて修行をしたので、悟ることが出来たのですね。

カッパ師は大変忍耐強く、勇気もある方なのでしょう。仏陀の仰る修行は、みんながみな、出来ることではないと思うからです。

私も今も残る仏陀の言葉を実行していきたいです。
noritarou
2014年02月13日 14:56
ワンギーサ先生、詳しい説明をして頂き、ありがとうございます。

>ひとを欺く死魔
これは、まさしく「わたし」と感じる感覚・システムのことで、自分が自分自身を騙しているように感じます。ですから、自分で気付くことは困難です。

>三界の輪廻に張りめぐらされた魔の渇愛の網
いまこの瞬間にも夥しい量の渇愛が発生していると言うのに、三界すべての渇愛とは、一体どれだけたくさんあるというのでしょうか。

生きとし生けるものが幸せでありますように。
こころざし
2016年05月31日 07:35
欲を満たそうと必死になっている時、全ての衝動が渇愛から生じている事を気が付く器はなく、その中にどっぷりつかって右往左往していました。そして疲れて「なんとかこの状況を改善したい・・」と思っても、また次の欲が発生します。
渇愛に気が付き、ブッダの教えを実践する事で、その無明の状態を抜け出して成長したいです。