煩悩の 勝利者である 阿羅漢は この世において 正遊行する<372>

○少年少女のためのスッタニパータ372
・・・
自分はダメだ、
自分は出来ないと思わずに、
やってみたらどうですか。
自分の能力を自分で、
制限しないでください。


スッタニパータ372. 第2 小さな章 13.正しい遍歴遊行経 14.

○中村元先生訳
372
清らかな行いによって煩悩にうち克った勝者であり、覆いを除き、
諸々の事物を支配し、彼岸に達し、妄執の動きがなくなって、
生存を構成する諸要素を滅ぼす認識を立派に完成するならば、
かれは正しく世の中を遍歴するであろう。


○正田大観先生訳
375.(372) 
清浄なる勝者、〔迷妄の〕覆いが開かれた者、
諸法(事象)について自在なる者、彼岸に至る者、動揺なき者、
形成〔作用〕(行:生の輪廻を施設し造作する働き)の止滅の知恵に巧みな智ある者
――彼は、世において、正しく遍歴遊行するであろう。(14)

○パーリ語原文
374.
サンスッダジノー    ウィワッタチャドー
‘‘Saṃsuddhajino    vivaṭṭacchado,
清浄なる勝者      覆いを開いた者

ダンメース    ワスィー     パーラグー    アネージョー
dhammesu    vasī        pāragū        anejo;
諸法において  自在なる者   彼岸に達した者 動揺なき者

サンカーラニローダニャーナクサロー
Saṅkhāranirodhañāṇakusalo,
諸行の滅の智に明るい者は

サンマー   ソー    ローケー    パリッバジェッヤ
sammā     so     loke        paribbajeyya.
正しく     彼は   世において   遍歴するだろう


○一口メモ
「清浄なる勝者」とは、清浄なる行いで煩悩を克服した人ということです。

「覆いを開いた者」とは、貪りと怒りと無知の煩悩から離れた人です。

「諸法において自在なる者」とは、注釈書には四つの真理(四聖諦)において自在を得たと書かれています。そのように理解もできますが、諸法とはいろいろな事柄とも理解できますので、いろいろな事柄において自在であるとも理解できると思います。そうであるならば、いろいろな事柄に拘束されずに、自由であるという意味になります。自分で自分の能力を制限しなければ、自由自在でいられます。中村先生も正田先生もそのように訳しています。

そのような人は、(彼岸とは涅槃のことですから、)「涅槃に達して」おり、涅槃に達した人の特徴である渇愛によって「動揺なき者」という境地にいるのだということです。

「諸行の滅の智に明るい者」とは、諸行(身心の勢力)の滅が涅槃といわれ、それに対する智に明るい者という意味です。

「清浄なる勝者」、「覆いを開いた者」、「諸法において自在なる者」、「彼岸に達した者」、「動揺なき者」及び「「諸行の滅の智に明るい者」」はすべて、阿羅漢を意味しており、阿羅漢の特徴を示しているのです。
そのような阿羅漢は、この世において正しく遍歴遊行するだろうということです。


煩悩の 勝利者である 阿羅漢は この世において 正遊行する<372>


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


~~~~~~お知らせ~~~~~~

◎ゴータミー精舎では毎日朝晩、自主瞑想会を行っています。朝5時から7時まで、および夜7時から9時まで。但し、木曜日夜7時から9時までの自主瞑想会は休みます。変更のある場合はこの「お知らせ」で、あらかじめ報告します。詳細はワンギーサの携帯番号090-2311-9317に御連絡下さい。


◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。御支援をお願い致します。


この記事へのコメント

みき
2014年02月28日 07:28
阿羅漢はいろいろな表現がありますね。

私には「少年少女のためのスッタニパータ372」の詩の方がよく理解できて、心が動きましたけど。
noritarou
2014年02月28日 20:07
この詩は、戒定慧の具体的な方法が込み入っていて、とても自分には出来ないと思わされてしまいました。
でも、ワンギーサ先生が、

>自分はダメだ、
>自分は出来ないと思わずに、
>やってみたらどうですか。

と、励ましてくれていらっしゃるように感じて大変救われました。
ありがとうございます。

生きとし生けるものが幸せでありますように。
こころざし
2016年06月05日 08:28
自分はダメだと思う時を振り返りました。思考が回転し、何とかしようと問題解決方向的な姿勢ではなく、逃げに走る状況になっていると感じまいた。また「これではプライドが保てない、相手に指摘される前に自分から「ダメだ」としてダメージを減らそう」との思考がある事も思い出しました。
そのような余計な思考ではなく、今の自分で何処まで出来るか、またどうしたら成長出来るか、どうしたら乗り越えられか、の視点で対応出来るように、冷静さを失わない様にしたいです。