誰にでも 如何なる時も 嘘言うな 言わせてならぬ 認めてならぬ <397>

○少年少女のためのスッタニパータ397
・・・
嘘は泥棒の始まりとはよく言った。
軽い気持ちの一言の嘘が
大きな不幸つながることを忘れないように。


スッタニパータ397. 第2 小さな章 14.ダンミカ経 22.

○中村元先生訳
397
会堂にいても、団体のうちにいても、
何人も他人に向かって偽りを言ってはならぬ。
また他人をして偽りを言わせてもならぬ。
また他人が偽りを語るのを容認してはならぬ。
すべて虚偽を語ることを避けよ。


○正田大観先生訳
400.(397) 
〔第四に〕あるいは、集会に赴いたとして、あるいは、衆のうちに赴いたとして、
独りあり、ただの一者にたいしても、虚偽を話さないように。
〔他者をして虚偽を〕話させないように。〔虚偽を〕話している者を認めないように。
一切の事実ならざることを遍く避けるように(不妄語戒)。(22)

○パーリ語原文
399.
サッバッガトー    ワー    パリサッガトー   ワー
‘‘Sabhaggato     vā      parisaggato     vā,
集会所に行って   或は    衆に行って     或は

エーカッサ    ウェーコー    ナ    ムサー    バネッヤ
ekassa       veko       na     musā     bhaṇeyya;
一人に対して  実に一人    ない   嘘を     語るように

ナ   バーナイェー    バナタンン    ナーヌジャンニャー
Na    bhāṇaye       bhaṇataṃ     nānujaññā,
ない  語らせ        嘘をいうことを  認めない

サッバン    アブータン      パリワッジャイェッヤ
sabbaṃ     abhūtaṃ        parivajjayeyya.
一切の    真実でないことを   避けるように


○一口メモ
「嘘をつかないように」ということを、ブッダは何故このように説かれるのでしょうか?

集会所に行っても嘘をつかないように。
人々の間でも嘘をつかないように。
ただ一人に対しても嘘をつかないように。

自分でも嘘をつかないように。
他の人にも嘘をつかせないように。
嘘をつく人を容認しないように。

このように語ることで、嘘をつかないことが具体的なイメージになるのでしょう。
嘘をつかないということが、心の奥深くにしみこんでいくのでしょう。

私もブッダを見習って、もっと付け加えてみましょう。

朝も嘘をつかないこと。
昼も嘘をつかないこと。
夜も嘘をつかないこと。

子供にも嘘をつかないこと。
大人にも嘘をつかないこと。
おじいさんやおばあさんにも嘘をつかないこと。

嘘についてこのブログで何度も述べてきました。ブログ内検索で調べれば分かりますので是非読んでみて下さい。一つだけ例を挙げておきます。ダンマパダ176番
嘘をつく 来世無視する ような人 悪事を止める 歯止めがないぞ(176)
http://76263383.at.webry.info/201208/article_25.html

誰にでも 如何なる時も 嘘言うな 言わせてならぬ 認めてならぬ<397>


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


~~~~~~お知らせ~~~~~~

◎3月20日(木)から3月26日(水)のゴータミー精舎における夜の自主瞑想会はお休みいたします。朝5時から7時の自主瞑想会は通常通り行います。理由はワンギーサが熱海の瞑想合宿に参加するためです。朝の自主瞑想会は代理人により通常通り開催いたします。


◎ゴータミー精舎では毎日朝晩、自主瞑想会を行っています。朝5時から7時まで、および夜7時から9時まで。但し、木曜日夜7時から9時までの自主瞑想会は休みます。変更のある場合はこの「お知らせ」で、あらかじめ報告します。詳細はワンギーサの携帯番号090-2311-9317に御連絡下さい。


◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。御支援をお願い致します。

この記事へのコメント

みき
2014年03月25日 04:52
おはようございます。
「嘘」はつきたくなくてもつい、つい、見栄や体裁を守るため軽い気持ちでついてしまうものです。しかし、「嘘」を軽くみてはいけませんね。

本当のことを言うと、損した気持ちや恥ずかしい気持ちになるから「嘘」をつく。本当のことを言うと、一時的か半永久に自分が会社や社会、人生において、不当に扱われるデメリットがあるから「嘘」をつく。

本当のことを言って、その後の自分の気持ちを受け止めてはと思います。もしくは、黙って答えない、当たり障りない「嘘」ではない大きな括りで答える等の対処方があります。

「嘘」は辞めるよう自分なりに努力していきます。
ご講義、有難うございました。
ななつ
2014年03月25日 22:22
嘘は、自我の幻を強化するから、五戒の中に入っているんですね。
生きとし生けるものが幸せでありますように。
こころざし
2016年06月14日 07:54
嘘をつく時、見栄やプライド・自己顕示欲的なものが出ていると感じます。そしてその後嘘から発生する真実でない流れがどっと続きかねない恐ろしさを思います。
小さい・たわいのない嘘も、それをする事で嘘を付く事にストップがかからなくなる印象を受けます。
高齢者介護の職場で認知の度合いから相手の訴えに対し安易に嘘をつきそうになる時もありますが、どんな状況でも嘘はつかないと決めて、実践したいです。