世尊様 出家と在家の 修業者は いかなるように 修行すべきか<376>

○少年少女のためのスッタニパータ376
・・・
プロフェッショナルと
アマチュアとは
違いはあるが、
目標は同じはずだ。


スッタニパータ376. 第2 小さな章 14.ダンミカ経 1.

○中村元先生訳
わたくしが聞いたところによると、──あるとき尊き師(ブッダ)はサーヴァッティー市のジェータ林、<孤独な人々に食を給する長者の園>におられた。そのときダンミカという在俗信者が五百人の在俗信者とともに師のおられるところに近づいた。そして師に挨拶し、かたわらに坐った。そこで在俗信者ダンミカは師に向かって詩を以て呼びかけた。

376
「智慧ゆたかなゴータマ(ブッダ)さま。わたしはあなたにお尋ねしますが、
教えを聞く人は、家から出て出家する人であろうと、
また在家の信者であろうと、
どのように行うのが善いのですか?


○正田大観先生訳
このように、わたしは聞きました。或る時のことです。世尊は、サーヴァッティーに住んでおられます。ジェータ林のアナータピンディカ〔長者〕の聖園において。そこで、まさに、ダンミカ在俗信者(優婆塞)が、五百の在俗信者と共に、世尊のおられるところに、そこへと近しく赴きました。近しく赴いて、世尊を敬拝して、一方に坐りました。一方に坐った、まさに、ダンミカ在俗信者は、世尊に、諸々の詩偈をもって語りかけました。

379.(376) 
〔ダンミカが尋ねた〕
「ゴータマ〔姓〕の方(ブッダ)よ、広き知慧ある方よ、〔わたしは〕あなたに尋ねます。
どのように為す者が、善き弟子と成るのですか。
あるいは、彼が、家から家なきに至る者であるとして、
あるいは、また、家ある在俗信者たちであるとして。(1)


○パーリ語原文

「序」のパーリ語原文は省略します。

378.
プッチャーミ   タン     ゴータマ   ブーリパンニャ
‘‘Pucchāmi    taṃ     gotama     bhūripañña,
質問する     あなたに  ゴータマよ  広い智慧ある方よ

カタンカロー      サーワコー    サードゥ   ホーティ
kathaṃkaro       sāvako       sādhu     hoti;
どのように為す者が 弟子に       善い     成る(か)

ヨー   ワー    アガーラー   アナガーラメーティ
Yo     vā      agārā       anagārameti,
者は   或は    家から      家なき者となる

アガーリノー   ワー    パヌパーサカーセー
agārino       vā      panupāsakāse.
家の留まる    或は    また信者たち


○一口メモ
今回から「ダンミカ経」が始まります。ダンミカ経は短い序と29偈で構成されています。少し長い経です。また、この経はスッタニパータの第2小さな章の最後の経になります。

序で簡単にこの経の始まりの状況が述べられていますが、少し付け加えて説明すると、ダンミカという在家信者の名前は、「法に従う」という意味があります。彼は名前の通りに、三宝に帰依し、戒を守り、博学で、三蔵(律、経、論)よく理解し、実践していました。その結果不還者であり、神通智を得て、空を飛ぶ人であったと言われています。また500人の在家信者も同様な人々だったと言われています。

ある時、ダンミカは瞑想している時、「私は在家の修行と出家の修行について世尊に尋ねよう。」とい思いが生じました。そこで今回の376番の偈で世尊に質問したのです。

この経もブッダがどのようなお答をなさるのか大変興味のある所です。


世尊様 出家と在家の 修業者は いかなるように 修行すべきか<376>


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


~~~~~~お知らせ~~~~~~

◎3月20日(木)から3月26日(水)のゴータミー精舎における夜の自主瞑想会はお休みいたします。朝5時から7時の自主瞑想会は通常通り行います。理由はワンギーサが熱海の瞑想合宿に参加するためです。朝の自主瞑想会は代理人により通常通り開催いたします。


◎ゴータミー精舎では毎日朝晩、自主瞑想会を行っています。朝5時から7時まで、および夜7時から9時まで。但し、木曜日夜7時から9時までの自主瞑想会は休みます。変更のある場合はこの「お知らせ」で、あらかじめ報告します。詳細はワンギーサの携帯番号090-2311-9317に御連絡下さい。


◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。御支援をお願い致します。


この記事へのコメント

みき
2014年03月04日 06:56
プロフェッショナル=比丘
アマチュア=在家信者
ということでしょう。昔の在家信者は凄い方がいたみたいですね
「空を飛ぶ」とはどういう状態でしょうか。字の如く本当に空を飛ぶのか、幽体離脱していたのか、何かの比喩なのでしょうか。興味深いです。
こころざし
2016年06月07日 19:21
在家信者でも出来る事、是非私も精進して励みたいです。そんな言葉を記載させて頂きながら、毎日何かしら怠ける状況になっています、反省致します。ブッダの解答を拝見し、ダンミカさんのようになりたいです。