釈尊は 悟りを得たので いきものに 智慧と真理を 説きたもうなり<378>

○少年少女のためのスッタニパータ378
・・・
私たちは心があることを
かすかに知ってはいるが、
心を無視いて生きている。
心こそが私たちなのに。


スッタニパータ378. 第2 小さな章 14.ダンミカ経 3.

○中村元先生訳
378
あなたはすっかり証(サト)りおわって、
生けるものどもをあわれんで、智識と理法を説かれます。
あまねく見る人よ。あなたは世の覆いを開き、
汚れなくして、ひろく全世界に輝きたもう。


○正田大観先生訳
381.(378) 
あなたは、有情たちを慈しみながら、
一切の知恵と法(真理)を、確たるものとして明らかにします。
一切に眼ある方よ、〔あなたは〕覆いが開かれた者として〔世に〕存しています。
〔世俗の〕垢を離れ、一切の世において、光り輝きます。(3)


○パーリ語原文
380.
サッバン    トゥワン    ニャーナマウェッチャ   ダンマン
‘‘Sabbaṃ    tuvaṃ     ñāṇamavecca        dhammaṃ,
一切の     あなたは   智識を・覚ってから    法を

パカーセースィ   サッテー    アヌカンパマーノー
pakāsesi        satte       anukampamāno;
明らかにする    有情を      憐れんで

ウィワッタチャドースィ   サマンタカック
Vivaṭṭacchadosi        samantacakkhu,
覆われたものを開き    あまねく見る眼のある方よ

ウィローチャスィ   ウィマロー    サッバローケー
virocasi         vimalo       sabbaloke.
輝く          垢を離れ      一切の世において


○一口メモ
ダンミカさんの質門に対するブッダのお答はまだ少し先になります。ブッダにお答えを頂けるように、いくつかの要請の偈が続くのです。

中村先生訳「あなたはすっかり証(サト)りおわって」の「さとりおわって」はとは、ブッダは何を悟られたのかという大問題があります。このブログの「一口メモ」で、簡単に書いていいものではありませんが、私の考えを述べてみます。

それは、ダンマパダの一番と二番の偈で述べている事柄だと思います。

物事は心が先行し 心が主であり 心より成る
もし人が汚れた心で話し、行えば
苦しみが彼に従う 牛の足に車輪が続くように(1)

物事は心が先行し 心が主であり 心より成る
もし人が清らかな心で話し、行えば
幸せが彼に従う 影が離れないように(2)

特に、両偈の一行目「物事は心が先行し 心が主であり 心より成る」は重要で、悟らなければ分からないことなのです。これが分からないために、人々は心を汚し、悩み苦しみ、不幸になるのです。考えても分からないのです。思考は心で作られたものですから、作られたものから作るものは分からないのです。例えば、人間に作られたテレビが人間が分からいようなものです。あるいは自分の眼で自分の眼を見ることが出来ないようなものなのです。ですから、この心を知るためには心を知る修行が必要なのです。ブッダは独自にこの方法を開発し、悟ったのです。

悟ってない私たちは悟ったブッダの教えを学び、実践し、悩み苦しまないように、不幸にならない実践した方がよいのです。また、ブッダは自分の教えが正しいことを自分で確かめるようにその方法を具体的に教えています。それは八聖道です。そしてこの修行方法は究極の幸福(涅槃)へと導くものなのです。

そのようなブッダだからこそ、ダンミカさんはブッダに正しい修行方法を質問したのです。


釈尊は 悟りを得たので いきものに 智慧と真理を 説きたもうなり<378>


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


~~~~~~お知らせ~~~~~~

◎3月20日(木)から3月26日(水)のゴータミー精舎における夜の自主瞑想会はお休みいたします。朝5時から7時の自主瞑想会は通常通り行います。理由はワンギーサが熱海の瞑想合宿に参加するためです。朝の自主瞑想会は代理人により通常通り開催いたします。


◎ゴータミー精舎では毎日朝晩、自主瞑想会を行っています。朝5時から7時まで、および夜7時から9時まで。但し、木曜日夜7時から9時までの自主瞑想会は休みます。変更のある場合はこの「お知らせ」で、あらかじめ報告します。詳細はワンギーサの携帯番号090-2311-9317に御連絡下さい。


◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。御支援をお願い致します。


この記事へのコメント

ななつ
2014年03月06日 07:13
瞑想を一日でもしないでいると、
心がどんどん汚れてゆくのがわかります。
心が汚れていくと、苦しいです。
「今日は瞑想しないで寝てしまおうかな」という時こそ、
瞑想しなければいけない時なんだと
最近やっとわかりました。
初心者
2014年03月06日 21:30
個人的な悩みがあるのですが、
世間は悪人と愚者で満ちているため
自分が知性や精神を高めようと努力すればするほど世間と溝が深まってしまうのです。
金さえあれば俗物とは一切関わらないのですが、生きるためには金が必要なので働かなければなりません。
まだまだ未熟ということでしょうか。
こころざし
2016年06月07日 19:39
本文の「物事は心が先行し・・心より成る」を拝見し、心がが何かに捕らわれてしまうと、もう理性も何も効かない状態になりかねないと思った経験が浮かびました。
昨夜は、私はネットで、あるテロップが気になりそちらを見て、さらに見てさらに見て更に・・と貴重な時間を潰してしまいました。距離を持って少し冷静になればその馬鹿さかげが分るものですが、心が捕らわれているその時は歯止めが効かない、と思い知りました。未熟な自分を実感致します。
八正道を少しでも実践し、そして成長したいです。