ある天子 巨象の姿に 身を変えて ブッダのもとに 訪れにけり<379>

○少年少女のためのスッタニパータ379
・・・
賢者の一言は
愚者の百万言に勝る。
賢者がおられれば
話しを聞きに行くべきだ。


スッタニパータ379. 第2 小さな章 14.ダンミカ経 4.

○中村元先生訳
379
エーラーヴァナと名づける象王は、
あなたが勝利者(ブッダ)であると聞いたので、あなたのもとに来ました。
かれもまたあなたと相談して、
(あなたの話を)聞いて、『いいなあ』といって、喜んで去りました。


○正田大観先生訳
382.(379) 
エーラーヴァナという名の龍の王が、
〔あなたのことを〕『勝者である』と聞いて、あなたの現前にやってまいりました。
彼もまた、あなたと話し合って、〔法に〕到達しました。
〔あなたの教えを〕聞いて、『善きことである』と満足した様子です。(4)


○パーリ語原文
381.
アーガンチ    テー    サンティケー    ナーガラージャー
‘‘Āgañchi      te      santike       nāgarājā,
来た        あなたの  近くに       象王は

エーラーワノー    ナーマ    ジノーティ   ストゥワー
erāvaṇo         nāma      jinoti      sutvā;
エーラーワナ     と言う名の  勝者と     聞いて  

ソーピ    タヤー    マンタイトゥワッジャガマー
Sopi      tayā      mantayitvājjhagamā,
彼もまた   あなたと   語り合って行った

サードゥーティ    ストゥワーナ   パティータルーポー
sādhūti         sutvāna      patītarūpo.
善いことだと     聞いて      満足した様子


○一口メモ
ブッダのもとには、ダンミカさんと500人の在家信者の外にも、神々がやってきました。今回ではそのうちの一人でエーラーワナと呼ばれる象王の話です。この象王はエーラーワナという天子なのです。彼は欲するままの姿になることができ、天宮に住んでいたということです。彼は帝釈天が公園に遊びに行くときは、150ヨージャナの身体に変身し33の頭を持つ象になるそうです。1ヨージャナとは約20キロメートルと言われていますから、3000キロメートルの巨像です。しかし、神々の王である帝釈天が公園の遊びから戻るときは、元の天子の姿に戻るそうです。そのような象王がブッダのもとに訪れたということです。

その像王は、ブッダが「勝者だと聞いて」とは、ブッダが一切の悪法に打ち勝った方だと聞いてということです。象王にもいろいろ疑問があったのでしょう。その疑問をブッダと話し合って、満足して帰って行ったということです。

悟られたブッダの言葉は、凡人には考えられない、知ることの出来ない真理を教えてくれるのです。その真理を十分に理解できないかもしれませんが、満足できる、話を聞いてよかったということになるのです。ですから、エーラーワナ象王はブッダのもとに訪れて、「よかった」と満足して、帰って行ったのです。

ここで、中村先生は「象王」と訳された言葉を正田先生は「龍の王」と訳されています。この違いはnāgaというパーリ語は、象とも龍とも訳されるからです。頭が33あり、3000キロメートルと言えば、象より龍の方が適当かもしれません。各自の好みでイメージすれば良いと思います。日本式に言えば八つの頭のある八岐大蛇(ヤマタノオロチ)ですね。


ある天子 巨象の姿に 身を変えて ブッダのもとに 訪れにけり<379>


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


~~~~~~お知らせ~~~~~~

◎3月20日(木)から3月26日(水)のゴータミー精舎における夜の自主瞑想会はお休みいたします。朝5時から7時の自主瞑想会は通常通り行います。理由はワンギーサが熱海の瞑想合宿に参加するためです。朝の自主瞑想会は代理人により通常通り開催いたします。


◎ゴータミー精舎では毎日朝晩、自主瞑想会を行っています。朝5時から7時まで、および夜7時から9時まで。但し、木曜日夜7時から9時までの自主瞑想会は休みます。変更のある場合はこの「お知らせ」で、あらかじめ報告します。詳細はワンギーサの携帯番号090-2311-9317に御連絡下さい。


◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。御支援をお願い致します。


この記事へのコメント

みき
2014年03月07日 07:22
龍王や象王なんて、物語の世界に出てくる登場人物ですよね。本当にいるのでしょうか。このお経は先ずは、龍王の存在を信じることが大切なのでしょうか。
お釈迦様は「疑問があるなら、質問したりして考えなさい」と述べられていますが、私は正直、この類の話や人物が出てきたら、理解し難くなります。
龍王は何か偉大な人を比喩した表現にも捉えることができます。私はそちらの方が理解し易いですが‥‥。
noritarou
2014年03月07日 10:21
仏教において、観音菩薩が33種類に姿を変えるとか、三十三間堂とか、33は聖数です。
ソロモン神殿を作ってから33年後で崩壊。
イエスキリストを殺して張りつけにしたのが西暦33年。
日本への原爆投下時の米国大統領トルーマンは33代目の大統領で、長崎は北緯33度。
東京タワーの完成は昭和33年で高さは333メートル。
33階級ある団体もあるとか。

私たちには計り知れない世界がありますが、神々たちの世界からもブッダは認められ、賞賛されているのですね。
仏法僧に帰依致します。
生きとし生けるものが幸せでありますように。
こころざし
2016年06月08日 19:05
以前色々な会等に行って様々な話を伺いましたが、それは刺激は有っても、心の成長には繋がらなかったと思います。
ブッダの教えをおしえて頂いて、そしてその内容のお話に触れるたびに、自分の状態が分かり、向かうべき方向・道を得る事が出来たと、心より有難く思っています。
賢者の言葉、今後も是非お伺いさせて頂きたいです。