出家して 身体の行為 話すこと 悪を離れて 清らかになる<407>

○少年少女のためのスッタニパータ407
・・・
汚れた生活とは
贅沢な生活
不満ばかりの生活
無駄の多い生活


スッタニパータ407. 第3 大きな章 1.出家経 3.

○中村元先生訳
407
出家されたのちには、身による
悪行をはなれた。
ことばによる悪行をもすてて、
生活をすっかり清められた。


○正田大観先生訳
410.(407) 
出家して、身体による
悪しき行為(悪業)を避けました。
言葉による悪しき行ないを捨棄して、
生き方を完全に清めました。(3)


○パーリ語原文
409.
パッバジトゥワーナ    カーイェーナ
Pabbajitvāna        kāyena,
出家して          身体による

パーパカンマン   ウィワッジャイ
pāpakammaṃ     vivajjayi;
悪行為を       避けた

ワチードゥッチャリタン    ヒトゥワー
Vacīduccaritaṃ        hitvā,
言葉の悪行を        捨てて

アージーワン    パリソーダイ
ājīvaṃ        parisodhayi.
生活を        浄めた


○一口メモ
釈尊は、在家の住まいは煩わしく、塵の積る場所だと、そして出家は開かれ処だとお考えになられ出家されました。そして、先ず初めに取り組んだ課題は身体による悪行為を避けること。そしてもう一つは言葉による悪行為を捨てることでした。これは生活を浄めることでした。

身体による悪行為とは、①殺生:生き物を殺すこと、②不与取:与えられてない物を取ること、③邪淫:性的な関係を結ぶこと。

言葉による悪行為とは、①妄語:嘘をつくこと、②両舌:仲たがいをさせることを言うこと、③粗語:粗暴な言葉を使うこと、④綺語:無駄話をすること。

身体による悪行為と言葉による悪行為から離れることは生活を浄めることになるのです。生活が浄らかになるとはどういうことでしょうか。生活の汚れがなくなることです。汚れた生活とは、生活が煩悩で汚れていることです。具体的には欲まみれな生活、怒りつまり不満な生活、無知(無駄、無理、ムラ)な生活です。そうでない生活が清らかな生活です。少欲、安心、満足な生活でしょう。

これらは出家しなくても、仏教徒ならば実践すべき課題なのです。しかし、このことは釈尊が出家され、悟りを開かれて、私たちに教えてくれたから、明らかになった事柄なのです。そうでなければ、生活を浄めるためには何を為すべきか私たちには明確ではないのです。この中のいくつかは分かることはあるかもしれません。また他の宗教でも教えていることもあるでしょう。しかし、このように完全な形で今私たちが知ることができることは釈尊のおかげなのです。

私が昨日述べました悟るためには出家しなくともよいと言う見解も、釈尊が悟りを開かれ真理を明らかにされたから言えることであり、そうでなければ到底言えることではないのです。

さて、少し具体的に上にあげたいくつかの項目について調べてみましょう。生き物を殺さないことで、生活は清らかになるでしょうか。逆を考えてみれば分かりやすいと思います。動物を殺すことをイメージしてください。心は耐えられません。そうではなく、動物を可愛がっているイメージはどうでしょうか。心は優しい気持ちになるでしょう。それを実際行為した時、心はもっと大きな影響を受けているのです。身体による行為でも言葉によう行為でも、心には大きな影響があります。心が生活を作るのですから、穏やかなやさしい心は清らかな生活を作るのです。


出家して 身体の行為 話すこと 悪を離れて 清らかになる<407>


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


~~~~~~お知らせ~~~~~~

◎4月28日(月)から5月6日(火)のゴータミー精舎における夜の自主瞑想会はお休みいたします。朝5時から7時の自主瞑想会は通常通り行います。理由はワンギーサが関西ウェーサーカ祭及び熱海の瞑想合宿に参加するためです。朝の自主瞑想会は代理人により通常通り開催いたします。


◎ゴータミー精舎では毎日朝晩、自主瞑想会を行っています。朝5時から7時まで、および夜7時から9時まで。但し、木曜日夜7時から9時までの自主瞑想会は休みます。変更のある場合はこの「お知らせ」で、あらかじめ報告します。詳細はワンギーサの携帯番号090-2311-9317に御連絡下さい。


◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。御支援をお願い致します。

この記事へのコメント

こころざし
2016年06月17日 07:34
生き物を殺さない、と決めた時今までのエゴの姿勢とは違った姿勢が生まれたと感じています。実際には何かしらでやってしまう時があるのですが、それに対して罪悪感を感じています。
新しい職場でも、好みの女性と一緒に働く時等、愛欲に走りそうになる自分がいます。本当に繰り返しだな・・と思いながら、その夜叉的?なものに走らない様に戒めています。
また、諸々の事からも汚れた生活ではなく、心清らかな生活が出来るように努めたいです。