目的を 持つ人ならば 問うべき 智慧ある人を 見出すでしょう<460>

○少年少女のためのスッタニパータ460.
・・・
先生を信頼しなければ
何も学べない。
信頼された先生は
求める以上のものを
教えてくれる。


第3 大きな章 4.献菓経(スンダリカ・バーラドヴァージャ経)6.

○中村元先生訳
460
(師が答えた)、
「それ故に、バラモンよ、あなたは求めるところあってきたのであるから、
こちらに近づいて問え。
恐らくここに、平安で、(怒りの)煙の消えた、苦しみなく、欲求のない
聡明な人を見出すであろう。」


○正田大観先生訳
465.(460) 
〔世尊は言った〕
「婆羅門よ、それゆえに、かくのごとく、まさに、あなたは、〔正しい〕義(道理)を
義(目的)とする者(真理の探究者)です。近しく赴いて、問い尋ねなさい。
〔心が〕寂静で怒りを離れ、煩悶なく願望なく、
思慮深き者を、まさしく、また、この〔世において〕、見い出すでしょう」〔と〕。(8)


○パーリ語原文
464.
タスマーティハ         トゥワン    ブラーフナナ   アッテーナ
‘‘Tasmātiha           tvaṃ      brāhmaṇa    atthena,
それ故に・そのように・実に  あなたは   バラモンよ   目的によって

アッティコー    ウパサンカンマ   プッチャ
atthiko       upasaṅkamma    puccha;
目的とする人   近づいて      尋ねなさい

サンタン    ウィドゥーマン    アニーガン   ニラーサン
Santaṃ     vidhūmaṃ      anīghaṃ     nirāsaṃ,
静まった    振り払った     動転のない   無欲の

アッペーウィダ   アビウィンデー     スメーダン
appevidha      abhivinde        sumedhaṃ’’.
きっと・ここで    見出すだろう     すぐれた慧者を


○一口メモ
この偈は何気なく読んでしまうと、その通りに過ぎてしまうかもしれませんが、私には本当に大切なことが述べられているように思います。それは二つの面から重要です。

一つは、疑問を持つ人にはその答えは、与えられるということです。それを釈尊はそれを「あなたは求めるところがあって求めてきたのであるから、こちらに近づいて問え。」と表現しているのです。そのことは「意志ある所に道あり。」或は「求めよ。さらば与えられる。」とか言われることだと思います。「修行者が師を必要とした時、師は現れる」というような言い方もされます。

もう一つの面は、「弟子に聞く耳が出来た時に、師匠は教えられる。」ということです。スンダリカ・バーラドヴァージャさんが、釈尊を信じることができ始めたので、釈尊は彼に教える条件が出来たということです。聞ける態度が出来なければ、何も聞けないのです。このことに関連するダンマパダの二つの偈を紹介します。下の偈で愚か者とは、賢者を信頼できない者であり、識者とは賢者を信頼する者です。

「賢者から 何も学べぬ 愚か者 スープの味が 分からぬサジだ」(64)
http://76263383.at.webry.info/201205/article_9.html

「賢者から 直ちに学ぶ 識者たち スープの味を 味わう舌だ」(65)
http://76263383.at.webry.info/201205/article_10.html


目的を 持つ人ならば 問うべき 智慧ある人を 見出すでしょう<460>


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


~~~~~~お知らせ~~~~~~

◎5月30日(金)から6月5日(木)のゴータミー精舎における夜の自主瞑想会はお休みいたします。朝5時から7時の自主瞑想会は通常通り行います。理由はワンギーサが関西ウェーサーカ祭及び熱海の瞑想合宿に参加するためです。朝の自主瞑想会は代理人により通常通り開催いたします。


◎ゴータミー精舎では毎日朝晩、自主瞑想会を行っています。朝5時から7時まで、および夜7時から9時まで。但し、木曜日夜7時から9時までの自主瞑想会は休みます。変更のある場合はこの「お知らせ」で、あらかじめ報告します。詳細はワンギーサの携帯番号090-2311-9317に御連絡下さい。


◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。御支援をお願い致します。

この記事へのコメント

こころざし
2016年07月02日 19:49
先生を信頼する事は、確信があれば問題なく出来る事と思います。そして、教えて頂く事を理解するには、実際に実践して経験している土台が不可欠になるように思います。
言葉に出来ない様な世界を言葉で教えて下さっている、と教えて頂きましたように思います。そのような世界が分るように実践を精進したいです。