欲を捨て シャトルのような 真直ぐな 聖者に捧げよ 功徳を求めて<464>

○少年少女のためのスッタニパータ464.
・・・
梭(ヒ)という言葉、
英語ではシャトル。
使わなくなった物の名前だから、
意味がわからない。
言葉も生まれては死ぬんだな。


第3 大きな章 4.献菓経(スンダリカ・バーラドヴァージャ経)10.

○中村元先生訳
464
諸々の欲望を捨てて、家なくして歩み、
よくみずから慎んで、梭のように真直ぐな人々、
──そのような人々にそこ適当な時に供物をささげよ。
──バラモンが功徳を求めて祀りを行うのであるならば。


○正田大観先生訳
469.(464) 
彼ら、諸々の欲望〔の対象〕を捨棄して、家なき者として歩む者たち
――自己が善く自制され、梭(機織の道具・シャトル)のように、真っすぐに〔歩む者たち〕
――彼らにたいし、〔正しい〕時に、捧げものを献じるがよい。
すなわち、功徳を期す婆羅門として、祭祀をするのであるなら。(12)


○パーリ語原文
468.
イェー   カーメー    ヒトゥワー    アガハー      チャランティ   
‘‘Ye     kāme      hitvā       agahā        caranti,
およそ   欲望を     捨てて     家なき者として   行き

スサンニャタッター    タサランワ        ウッジュン
susaññatattā        tasaraṃva       ujjuṃ;
よく自己を抑制して    機織の梭のように   真直ぐな人が(いれば)

カーレーナ    テース    ハビャン    パヴェッチェー
Kālena       tesu     habyaṃ     pavecche,
時に応じて    その人に   供物を     与えるがよい

ヨー    ブラーフマノー    プンニャペッコー   ヤジェータ
yo     brāhmaṇo       puññapekkho     yajetha.
もし    バラモンが      功徳を望んで      供養するならば


○一口メモ
今回も昨日に続いて、どのような人に供物を献じたらよいかということがテーマです。先ず、欲望を捨てた人です。これについて、正田先生は欲望の対象を捨てた人にしています。確かに、欲望の対象を捨てると、欲望は消える場合が多いのですが、また対象が現れると欲望が現れますから、対象を捨てだけではだめです。心から欲望という煩悩をなくさなければならないと思います。

欲望を捨てて、特に生活必需品の一つである家を捨て、家に対する欲望をなくした人、このような人は供物を献じるに相応しい人なのです。

次は、「よくみずから慎んで」(自己が善く自制され)いる人、これは煩悩の起こる基である感覚器官をよく守って、煩悩が現れないようにしている人です。このような人も供物を献じるに相応しい人なのです。このような人を真直ぐな人と表現されます。

またその際、機織りの梭(シャトル)が喩えに使われる場合があります。スッタニパータ215番がその例です。梭(ヒ)は死語というべきものですが、その意味は上記ブログ記事に書きました。
梭(ヒ)のように 真直ぐに思い 行えば 幸せになり 聖者と言われる<215>
http://76263383.at.webry.info/201309/article_23.html


欲を捨て シャトルのような 真直ぐな 聖者に捧げよ 功徳を求めて<464>


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


~~~~~~お知らせ~~~~~~

◎5月30日(金)から6月5日(木)のゴータミー精舎における夜の自主瞑想会はお休みいたします。朝5時から7時の自主瞑想会は通常通り行います。理由はワンギーサが関西ウェーサーカ祭及び熱海の瞑想合宿に参加するためです。朝の自主瞑想会は代理人により通常通り開催いたします。


◎ゴータミー精舎では毎日朝晩、自主瞑想会を行っています。朝5時から7時まで、および夜7時から9時まで。但し、木曜日夜7時から9時までの自主瞑想会は休みます。変更のある場合はこの「お知らせ」で、あらかじめ報告します。詳細はワンギーサの携帯番号090-2311-9317に御連絡下さい。


◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。御支援をお願い致します。

この記事へのコメント

こころざし
2016年07月03日 19:33
梭という言葉を知らず、ネット検索し、織物を糸を通す業具と分かりました。真っ直ぐに通すニュアンスを感じました。
私事ですが持ち家に住んでいます。新築でかなりお金を使い、その借金を今も返済しています。車はボロ?でも家は・・という家を捨てれるか、と思うと、欲に溢れている自分の実情を実感しました。
聖者を敬い・学ばせて頂きつつ、欲を捨てて参りたいです。