どのように 供養をすれば 成功か 世尊、私に 教えて下さい<505>

○少年少女のためのスッタニパータ<505>
・・・
誰にお布施をするかも
重要ですが、
どのような気持ちで
行うかも重要です。


第3 大きな章 5.マーガ経 19.

○中村元先生訳
505
マーガ青年が(さらにつづけて)いった、
「この世で施しの求めに応ずる在家の施主、
福徳をもとめ福徳をめざして供物をささげる人が、
他人に飲食を与えるに当って、
どうしたならば祀りが成功成就するかということをわたくしに説いてください。先生!」


○正田大観先生訳
511.(505) 
すなわち、乞いに応じる施主たる在家者が、
功徳を義(目的)に祭祀をするとして――功徳を期す者が、
この〔世において〕、食べ物と飲み物を、他者たちに施しながら〔祭祀をするとして〕
――世尊よ、わたしに、祭祀の成就のことを告げ知らせてください」〔と〕。(20)


○パーリ語原文
510.
ヨー     ヤーチャヨーゴー   ダーナパティ    ガハットー
‘‘Yo     yācayogo        dānapati       gahaṭṭho,
彼が     求めに応じる     施主が        在家者の

イティ     マーゴー    マーナウォー
(iti       māgho      māṇavo)
と       マーガ      学徒は

プンニャッティコー    ヤジャティ    プンニャペッコー
Puññatthiko        yajati       puññapekkho;
功徳を求め        供養する     功徳を望んで

ダダン     パレーサン   イダ     アンナパーナン
Dadaṃ      paresaṃ     idha     annapānaṃ,
与えるならば 他の人々に   ここで   食物飲物を

アッカーヒ     メー    バガワー    ヤンニャサンパダン
Akkhāhi      me     bhagavā     yaññasampadaṃ’’.
明らかにして   私に   世尊よ      供養の成就を


○一口メモ
マーガ学徒は、どのような人を供養すればよいのか質問して、14の偈で答えて頂いたことを喜び感謝し、世尊を称えました。しかし今回は更に、世尊に供養する在家の施主はどのように供養をしたらよいのか質問しました。それが今回の偈です。

この問題は在家の仏教徒にとっては重要なことなので、皆さんも明日からの世尊の答えをよく学んで下さい。


どのように 供養をすれば 成功か 世尊、私に 教えて下さい<505>


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


~~~~~~お知らせ~~~~~~

◎7月4日(金)から7月8日(火)のゴータミー精舎における夜の自主瞑想会はお休みいたします。朝5時から7時の自主瞑想会は通常通り行います。朝の自主瞑想会は代理人により通常通り開催いたします。


◎ゴータミー精舎では毎日朝晩、自主瞑想会を行っています。朝5時から7時まで、および夜7時から9時まで。但し、木曜日夜7時から9時までの自主瞑想会は休みます。変更のある場合はこの「お知らせ」で、あらかじめ報告します。詳細はワンギーサの携帯番号090-2311-9317に御連絡下さい。


◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。御支援をお願い致します。

この記事へのコメント

あすか
2014年06月27日 15:56
残念ながら直接お釈迦様に
質問することはできません。
が、たくさんの方々のおかげで
こうしてたずねたい質問の答えを
学べるのは本当に有難いことです。
こころざし
2016年07月14日 08:43
本文の「どのような気持ちで(お布施を) 行うか」を拝見し、お礼でない・見返りを求めない姿勢の二つが浮かびました。その後の解答が楽しみです。
何かの○○のお礼や、見返りを期待しての・・はこれまでの私の行動パターンそのものでした。そのような状態から成長したいです。