清浄で 過ちのない 如来こそ 供養の菓子を 受ける価値ある<476>

○少年少女のためのスッタニパータ476.
・・・
生活のごみも分別されますが、
心のごみもいくつかに分別すると
処理しやすいのです。
三毒(貪、瞋、痴)、五蓋、十結など。


第3 大きな章 4.献菓経(スンダリカ・バーラドヴァージャ経)22.

○中村元先生訳
476
煩悩の束縛と迷いの生存への生れかわりとが滅び去った究極の境地を見、
愛欲の道を断って余すところなく、
清らかにして、過ちなく、汚れなく、透明である
<全き人>(如来)は、お供えの菓子を受けるにふさわしい。


○正田大観先生訳
481.(476) 束縛するものと出生について〔その〕滅尽の終極を見る者となり、
彼が、貪りの道を残りなく除き去ったなら、
清浄で、〔心の〕汚点(怒りや憎しみなどの悪意)なく、〔世俗の〕垢を離れ、汚濁なき者であり、
如来として、献菓〔を受ける〕に値します。(24)


○パーリ語原文
480.
サンヨージャナン    ジャーティカヤンタダッスィー
‘‘Saṃyojanaṃ      jātikhayantadassī,
束縛           生の滅尽の極限を見

ヨーパーヌディ    ラーガパタン   アセーサン
yopānudi        rāgapathaṃ    asesaṃ;
彼が・除いた     愛欲の道を    残りなく

スッドー   ニドーソー    ウィマロー     アカーチョー
Suddho    niddoso      vimalo       akāco,
清浄な    過ちがない    汚れのない    明澄な

タターガトー    アラハティ    プーララーサン
tathāgato      arahati      pūraḷāsaṃ.
如来は       値する      献菓に


○一口メモ
この偈の始めの言葉「サンヨージャナ」は結縛と訳され、仏教用語では「結」とも言います。これは生命を輪廻の世界に結び着ける煩悩です。これが私たちの心にあるから輪廻転生を繰り返すのです。これらの煩悩は次の10種類にまとめられています。

1.有身見:「私」という概念が実体のあるものだと思い、肉体と心が自分のものだと誤解していること。
2.疑:仏法僧、因果法則、四正諦、八正道などを疑うこと。
3.戒禁取:無意味な苦行やあらゆる宗教儀式・儀礼。
4.愛欲:五欲に対する渇愛。
5.激怒:異常な怒り。
6.色貪:色界禅定に対する渇愛。
7.無色貪:無色界禅定に対する渇愛。
8.慢:自分を基準にして他者と比べる働き。驕り高ぶり。卑下。
9.掉挙(じょうこ):心が浮つき落ち着きがない。禅定を妨げるもの。
10.無明:すべての煩悩の大本。煩悩の親玉。

これらは十結とも言い、1から5までは五下分結、6から10までは五上分結といいます。悟りの段階と十結の関係は次の通りです。
預流果:1、2,3、の煩悩がなくなります。
一来果:4から10の煩悩は残っていますが、預流果より薄まっています。
不還果:1から5の煩悩がなくなります。6から10の煩悩は残っています。
阿羅漢果:すべての煩悩がなくなります。

これら十結については既にこのブログで何回も述べています。興味のある方は次のブログ記事を参照して下さい。
不放逸を 楽しむ比丘は 放逸恐れ 大小煩悩 焼き尽くすべし(31)
http://76263383.at.webry.info/201204/article_7.html
再生の もとをなくした 修行者は この世あの世を ともに捨て去る <15>
http://76263383.at.webry.info/201304/article_15.html

これらの十結を残りなく除き去れば、輪廻再生させる要素はなくなり、二度と生は現れません。それを生存の滅尽の極限を見と表現されています。またこれらの10の煩悩が心から残りなくなれば、心は清らかになります。愛欲の過ちも激怒の過ちも無明による過ちもなくなります。その時心は透明で明るいのです。
そのような特徴を持つ如来は供養された菓子を受け取る価値があるのです。


清浄で 過ちのない 如来こそ 供養の菓子を 受ける価値ある<476>


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


~~~~~~お知らせ~~~~~~

◎5月30日(金)から6月5日(木)のゴータミー精舎における夜の自主瞑想会はお休みいたします。朝5時から7時の自主瞑想会は通常通り行います。理由はワンギーサが関西ウェーサーカ祭及び熱海の瞑想合宿に参加するためです。朝の自主瞑想会は代理人により通常通り開催いたします。


◎ゴータミー精舎では毎日朝晩、自主瞑想会を行っています。朝5時から7時まで、および夜7時から9時まで。但し、木曜日夜7時から9時までの自主瞑想会は休みます。変更のある場合はこの「お知らせ」で、あらかじめ報告します。詳細はワンギーサの携帯番号090-2311-9317に御連絡下さい。


◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。御支援をお願い致します。

この記事へのコメント

こころざし
2016年07月07日 07:13
何か気持ち良くないな、と思う事はあっても、それが何か明確にするような流れはこれまで持てていませんでした。学びを頂き、心の状態を観察し、何が問題なのかを分かり、そしてそれを捨てて心が清らかに成れるようにしたいです。