一切の 執着の根源を 断ち切って 解脱した人が 高貴な人だ<532>及び<後の散文>

○少年少女のためのスッタニパータ<532><後の散文>
・・・
高貴の人とは
生まれや血統ではない。
心の汚れのない人だと
お釈迦様は言われます。


第3 大きな章 6.サビヤ経 23.後の散文。

○中村元先生訳
532
内面的にも外面的にも
執著の根源である諸々の束縛を断ち切り、
一切の執著の根源である束縛から脱れている人、
──そのような人が、まさにその故に<育ちの良い人>と呼ばれるのである。」


<後の散文>
そこで、遍歴の行者サビヤは師の諸説をよろこび随喜し、こころ喜び、楽しく、嬉しく、欣快の心を生じて、さらに師に質問を発した。


○正田大観先生訳
538.(532) 
彼の、まさに、諸々の結縛が刈り取られ、
内に、さらには、外に、執着の根元が〔刈り取られ〕、
一切の執着の根元の結縛から解き放たれた者
――真実なることから、如なる者は、『善き生まれの者』〔と〕呼ばれます」〔と〕。(23)


<後の散文> そこで、まさに、サビヤ遍歴遊行者は……略……世尊に、さらなる問いを尋ねました。


○パーリ語原文
537.
ヤッサッス     ルナーニ    バンダーナーニ
‘‘Yassassu     lunāni      bandhanāni,
彼の・あれば    刈られて    束縛が

アッジャッタン     バヒッダー   チャ    サンガムーラン
ajjhattaṃ        bahiddhā    ca      saṅgamūlaṃ;
内に          外に      と      執着の根源(刈られて)

サッバサンガムーラバンダナー   パムットー
Sabbasaṅgamūlabandhanā      pamutto,
一切の執着の根源の束縛から   解脱した

アージャーニヨー    ターディ      パウッチャテー    タタッターティ
ājāniyo          tādi         pavuccate       tathattā’’ti.
高貴な人と       そのような人を  言われる       それ故に・と


<後の散文>のパーリ語原文は省略します。


○一口メモ
今回は遊行者サビヤさんの「<育ちの良い人>(『善き生まれの者』或は高貴な人)と何故言うのですか?」という質問のブッダの解答です。

世間では良い馬や良い象の場合には、生まれのよい、血統がよいなどと言います。しかし、ブッダは人間の場合には、生まれがよいとか、血統がよいから高貴な人とは言わないのです。

ブッダは、一切の束縛がなくなった人を高貴な人と言います。束縛とは心の汚れなのです。それは生命を輪廻に結びつける結縛なのです。ブッダは束縛について詳しく述べています。内的な束縛と外的な束縛、更に束縛の根源をよく知って、断ち切ることによって、一切の束縛をなくすことができるのだと述べているのです。

内的な束縛とは、眼耳鼻舌身意における束縛です。眼について例をあげれば、見たいという欲求です。見たいという欲求がなくなれば、内的な束縛の一つが消えます。外的な束縛とは、色声香味触法における束縛です。例えば、良い音を聞きたいという欲求がなくなれば、外的な欲求の一つがなくなります。このように、すべての内外の束縛がなくなれば心がきれいになり、高貴な人間になります。

このことを更に徹底するためには、束縛の根源を知り、束縛の根源を断ち切る必要があるのです。束縛の根源は何でしょうか? 束縛の根源は無明です。すべての束縛は無明から生まれるのです。無明が心の汚れの根源なのです。束縛の根源である無明を断ち切った人が高貴な人と言われるのです。


一切の 執着の根源を 断ち切って 解脱した人が 高貴な人だ<532>


<後の散文>
532偈の後の散文でも、517偈、522、偈527偈の後の散文と同じようにブッダの解答に喜び、次の四つの質問をすると述べられています。


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


~~~~~~お知らせ~~~~~~

◎ゴータミー精舎では毎日朝晩、自主瞑想会を行っています。朝5時から7時まで、および夜7時から9時まで。但し、木曜日夜7時から9時までの自主瞑想会は休みます。変更のある場合はこの「お知らせ」で、あらかじめ報告します。詳細はワンギーサの携帯番号090-2311-9317に御連絡下さい。


◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。御支援をお願い致します。

この記事へのコメント

こころざし
2016年07月22日 08:53
生まれた環境で、育ちや使えるお金は違ってくると思います。ですが、大事な事は心を成長させる事が出来るかだと、言葉を少し超える(?)ような印象で感じれるようになっています。
名家でないから・お金がないから・・は言い訳にもならない印象を感じます。何が大事かを分かり、そして真摯に実践して、無明を無くして参りたいです。