牛の王 優れた英雄 大仙人 煩悩洗った 彼はバラモン<646>

○少年少女のためのスッタニパータ<646>
・・・
アングリマーラという人は
999人の人を殺したそうです。
しかし、ブッダにあって、
改心し、修行して、
阿羅漢になられたそうです。


第3 大きな章 9.ヴァーセッタ経 53.

○中村元先生訳
646
牡牛のように雄々しく、気高く、英雄・
大仙人・勝利者・
欲望のない人・沐浴した者・覚った人(ブッダ)、
──かれをわたしは(バラモン)と呼ぶ。


○正田大観先生訳
652.(646) 
〔勇猛果敢な〕雄牛を、最も優れた勇者を、
偉大なる聖賢を、〔一切の〕征圧者を、
不動の沐浴者(梵行終了者)たる覚者を
――わたしは、彼を『婆羅門』と説きます。(53)


○パーリ語原文
651.
ウサバン  パワラン   ウィーラン
Usabhaṃ   pavaraṃ    vīraṃ,
牛王     最勝の人   英雄

マヘースィン ウィジターウィナン
mahesiṃ    vijitāvinaṃ;
大仙人    勝利者

アネージャン ナハータカン  ブッダン 
Anejaṃ     nahātakaṃ   buddhaṃ,
不動の人   沐浴者     覚醒者

タマハン  
 ブルーミ ブラーフマナン
tamahaṃ   brūmi    brāhmaṇaṃ.
彼を私は  呼ぶ    バラモンと



○一口メモ
2009年11月のブログ記事を一部修正して再掲します。

 今回のスッタニパータ646番(=ダンマパダ422番)は、釈尊がアングリマーラという仏弟子に対して歌ったものとされています。アングリマーラは伝説によると、コーサラ国パセーナディ王の司祭者の子で、その名をアヒンサカ(害を加えない者)といいました。師の妻に恋され、これをしりぞけたために邪道に入り、多くの人々を殺害しました。しかし、ブッダに会ってから改心し、帰依して、教化を受けて、殺人をやめ、出家して、ついに悟りを開きました。

 アングリマーラについては中部経典第86アングリマーラ経に述べられています。今回はそのお経の最後の部分に、尊者アングリマーラが、ひとり瞑想し、迷いから解き放たれた境地(解脱)の安らぎを享受していたとき、次のような感興のことばを唱えました。それを「盗賊アングリマーラ(アングリマーラ経)関 稔訳 から引用させていただきます。
そのアドレスはhttp://vayo.at.infoseek.co.jp/angulimala.htm です。

(以下引用)
 「以前に放逸であっても、後に放逸でなくなれば、その人は、雲から脱した 月のように、この世界を明るくする。(ダンマパダ172番)
 悪い行為をしても、善によって遮断されれば、その人は、雲から脱した月のように、この世界を明るくする。(ダンマパダ173番)
 いかに年若い比丘であっても、ブッダの教えに専念するならば、その人は、雲から脱した月のように、この世界を明るくする。(ダンマパダ382番)
 私に敵対する人々も、教えに関する話を聞くべきである。私に敵対する人々も、ブッダの教えに専念するべきである。私に敵対する人々も、教えを授ける真実の人々がいるならば、そのような人々と交わるべきである。
  
 私に敵対する人々も、忍耐を説き温和を称賛する人々の教えを、時に応じて聞くべきである。そして、それにしたがうべきである。
 そうした人は、私を、また他のいかなる人をも、決して害することがないであろう。最高の静寂を得て、動くものをも動かないものをも、保護するであろう。
 溝を掘る人が水をひき、矢を造る人が矢柄をよい形にし、大工が木をよい形にするように、賢明な人々は自己を制御する。(ダンマパダ80番)
 暴虐の杖で、突き棒で、鞭で制御する人々がいる。しかし、私は、暴虐の杖によらず、剣によらずに、〈かのごとき人〉によって、制御された。
 〈殺害しない人〉というのが、以前は殺害者であった私の名前である。いまや私は、名前が示すとおりの者であり、いかなるものをも殺害することはない。
 かつて私は盗賊であり、アングリマーラ(指鬘、指の飾り環をまとった者)と してあまねく知られたが、大洪水に運ばれているさなかに、ブッダに帰依することとなった。
 かつて私は血まみれの手をし、アングリマーラとしてあまねく知られたが、帰依のありようを見たまえ。迷いの生存へ導くものは除去された。
 悪い境涯へと導く、そのような多くの行為をなして、いま、私は行為の報いを感得して、負いめなき者として生活を享受する。
 愚かな智慧浅い人々は放逸にひたり、智慧ある人は不放逸を最良の財産のごとくに保持する。
 放逸にひたってはならない。官能の喜びに親しんではならない。怠ることなくこころを統一している人は、広大な安楽を得る。
 よくも行き着いた。もはやたち去ることはない。私の思いに誤りはなかった。種々に弁別されたもののなかで、最高のものに私は到達した。
 よくも行き着いた。もはやたち去ることはない。私の思いに誤りはなかった。三つの明知を獲得し、ブッダの教えを全うした。 」(以上引用終わり)

牛の王 優れた英雄 大仙人 煩悩洗った 彼はバラモン<646>


この偈の解説は次の記事を参考にしてください。
2008年12月
http://76263383.at.webry.info/200812/article_30.html
2009年11月
http://76263383.at.webry.info/200911/article_2.html
2013年3月
http://76263383.at.webry.info/201303/article_21.html


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


~~~~~~お知らせ~~~~~~

◎10月11日から10月17日まで熱海に瞑想合宿があり、ワンギーサ比丘はそれに参加しますが、ゴータミー精舎における朝の自主瞑想会は代理人により通常通り開催します。しかし、この期間の夜の自主瞑想会は行いませんので、御注意お願いします。


◎ゴータミー精舎では毎日朝晩、自主瞑想会を行っています。朝5時から7時まで、および夜7時から9時まで。但し、木曜日夜7時から9時までの自主瞑想会は休みます。変更のある場合はこの「お知らせ」で、あらかじめ報告します。詳細はワンギーサの携帯番号090-2311-9317に御連絡下さい。


◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。御支援をお願い致します。


この記事へのコメント

SRKWブッダ
2014年10月16日 09:02
俗世においては、その人を見れば彼が過去に何を為して来たのかを窺い知ることができる。その一方で、すでに解脱した人は、その人が過去に何を為した人であるのかを窺い知ることはできない。何となれば、覚り(=解脱)は行為の帰趨では無いからである。人は、行為によって──行為の帰趨として──覚るのではない。人は、因縁によってついに覚る。

***
あすか
2014年10月16日 18:06
アングリマーラさんのお話は、
どんな人間にもチャンスはある、
という点で励みになります。

そんなアングリマーラさんでさえ、
行為の報いは受けねばならない、
という所は戒めになります。
こころざし
2016年08月24日 10:29
999人もの殺人を犯した人でも悟れる事、それは凄い事と感じます。大なり小なり悪いことをしていると思いますが、それでも心がけ次第で学び・実践する事で、偉大な所まで行ける可能性があると示して下さっていると思います。私も悪い事・・はあります、それに負けずに精進したいです。