このように あるままに見る 賢者らは 縁起を知って 果報に明るい<653>

○少年少女のためのスッタニパータ<653>
・・・
頭の良い人と悪い人は
どのような違いできたのか?
よく勉強したか、
しなかったの違いだけでしょう。


第3 大きな章 9.ヴァーセッタ経 60.

○中村元先生訳
653
賢者はこのようにこの行為を、
あるがままに見る。
かれらは縁起を見る者であり、
行為(業)とその報いとを熟知している。


○正田大観先生訳
659.(653) 
このように、この〔道理〕を〔知り〕、
事実のとおりに行為を見る、
賢者たちは、〔物事が〕縁によって生起する〔道理〕(縁起:因果の道理)を見る者たちであり、行為の報いを熟知する者たちです。(60)


○パーリ語原文
658.
エーワメータン    ヤターブータン
Evametaṃ       yathābhūtaṃ,
このように       ありのままに

カンマン     パッサンティ  パンディター
kammaṃ     passanti      paṇḍitā;
行為(業)を   見る        賢者たちは

パティチャサムッパーダッサー
Paṭiccasamuppādadassā,
縁起を見

カンマウィパーカコーウィダー
kammavipākakovidā.
果報に明るい


○一口メモ
「生まれによってバラモンとなる」という人々は、バラモンや農夫、職人などの行為が彼ら自身を成り立たせていることをありのままに見ていない。彼らの行為をありのままに見る人々は、行為が彼らの状態を成り立たせていることを理解しているのだとブッダは述べています。そしてありのままに行為を見る人々は賢者なのだと述べています。

少し難しく考えると、或いは厳密に考えると、パーリ語のカンマは行為とも業とも訳されます。業と言えば、現在の行為もありますが、過去の行為もあります。ですからカンマ(行為)を現在の行為だけでなく、過去の行為も見なければならないのです。バラモンや農夫、職人なども現在の行為だけでなく、過去の行為の果報も含んでいると考えなければなりません。しかし、縁起が分かったと言ったアーナンダ尊者に、ブッダは「そのように言ってはいけない。縁起は複雑で簡単に分かるものではない。」と言われました。そのように縁起は複雑で難しいものですから、簡単に判断できません。

たとえば、尊敬される家に生まれるか、軽蔑される家に生まれるかは現世の行為ではなく、過去世の行為によっていると予想されますが、どのような行為をしたか具体的には過去世を見ることのできる人以外には知ることはできません。尊敬される家に生まれたた人は多分過去世で功徳を積んでいた人であり、軽蔑される家に生まれた人は過去世で功徳を積んでいなかったと予想されるだけです。

多くの阿羅漢には三明という三つの智慧をもっています。その内の一つ、自分と他人の前世を知ることができる智慧を宿住智と言いますが、ここで述べられている賢者たちとはこの智慧を持っている方を指しているのでしょう。


このように あるままに見る 賢者らは 縁起を知って 果報に明るい<653>


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


~~~~~~お知らせ~~~~~~

◎11月1日(土)から11月2日(日)は八王子市の正山寺のカティナ衣法要が開催されます。この法要は11月1日の夕方から始まり、夜を徹して読経をし、2日朝と昼の食事のお布施などが行われます。私ワンギーサはこの法要に参加しますから、11月2日のゴータミー精舎での朝の瞑想会は行いません。


◎11月3日(月)はゴータミー精舎でのカティナ衣法要が行われます。この日は朝の瞑想会は行いますが、カティナ衣法要に伴う行事の終了時間が確定しませんので、夜の瞑想会は中止します。
しかし、皆さんカティナ衣法要に奮って参加してください。この法要に参加する人には大きな功徳があると言われています



◎ゴータミー精舎では毎日朝晩、自主瞑想会を行っています。朝5時から7時まで、および夜7時から9時まで。但し、木曜日夜7時から9時までの自主瞑想会は休みます。変更のある場合はこの「お知らせ」で、あらかじめ報告します。詳細はワンギーサの携帯番号090-2311-9317に御連絡下さい。


◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。御支援をお願い致します。


この記事へのコメント

SRKWブッダ
2014年10月22日 11:31
もしある人が、行為によって修行者となっているとするならば、それは職業であって修行者とはならず、その修行は完成しない。もしある人が、行為によらず修行を為すならば、それこそが修行であって、その修行はついに完成を見る。

修行者は、法による商人であってはならない。

ただし、どんな職業に就いていても、行為によらず修行を為すならば、それは確かに修行であって、かれは修行者の部類に入る。その修行は、きっと完成を見るであろう。世間的には在家でも、こころに修行を実践することは可能だからである。現在の職業は、覚りの階梯には影響しない。

***
あすか
2014年10月22日 17:57
ありのままに見る。
簡単で当たり前。
なんてとんでもない。
奥が深いことだったのですね。
こころざし
2016年08月26日 19:06
ありのままに見る事は、すぐに認識・区別・判断し思考・妄想が回転する自分には出来ていない所です。ですが、冥想実践でそれを培おうとしています。日常で、今・ここのサティを・慈しみの実践しながら過ごす事で、悩み・苦しみが少ないと実感しています。それを繰り返す事で、ありのままに見れるようになりたいです。