コーカーリヤよ 貪欲に従い 他をそしる 信なくケチで 陰口を言う<663>

○少年少女のためのスッタニパータ<663>
・・・
貪欲な人は
性格が悪い。
不誠実で、不親切で、ケチだ。
そして口が悪い。


第3 大きな章 10.コーカーリヤ経 7.

○中村元先生訳
663
種々なる貪欲に耽る者は、
ことばで他人をそしる。
──かれ自身は、信仰心なく、ものおしみして、不親切で、けちで、
やたらにかげ口を言うのだが。


○正田大観先生訳
669.(663) 
彼が、貪欲の対象に束縛された者であるなら、
彼は、言葉によって、他者たちを誹謗する
――信なく、吝嗇で、寛容ならず、物惜しみで、
〔他者を〕中傷することに〔自ら〕束縛された者として。(7)


○パーリ語原文
668.
ヨー    ローバグネー   アヌユットー
Yo     lobhaguṇe      anuyutto,
彼が   貪欲の類に    耽る者であるなら

ソー    ワチャサー     パリバーサティ    アンニェー
so      vacasā       paribhāsati       aññe;
彼は    言葉によって  誹謗する        他人を

アサッドー    カダリヨー     アワダニュー
Asaddho      kadariyo      avadaññū,
信なく       卑しく       不親切で

マッチャリ    ペースニヤン     アヌユットー
macchari     pesuṇiyaṃ       anuyutto.
物惜しみで   陰口を言うことに   耽る者


○一口メモ
この偈とこれに続く14偈は、モッガッラーナ尊者が死んで逝くコーカーリヤ比丘を訓戒して述べたと言われています。あるいは大梵天が述べたという説もあります。

つまり、「お前は貪欲に耽る渇愛によって、誠実でなく、卑しく、不親切で、物惜しみし、陰口を言うのである。また、誹謗してならない人を誹謗した。」と述べたのです。

この偈では、コーカーリヤ比丘のように、性格が悪く、言葉で他人を誹謗する人の特徴を、貪欲の類に耽る人としています。貪欲、欲が深いということが性格の悪さを作るようですね。性格を改善して、人格を向上させようと思っている人は、自分の欲を見つめる所から始める必要がありそうですね。しかし、自分の欲は見るのは結構難しいことです。欲は当たり前、当然のことと思っていますから。

また、世間では、欲望や怒りが人間を向上させるという見解も根強いのです。たとえば、先日ノーベル物理学賞を受賞した中村修二さんは、特許の問題で以前勤めていた会社との戦いの経験から、怒りが自分を努力させる力になったと述べていました。もっとも、同時に受賞した赤崎勇さんや天野浩さんはそのようなことは言ってなく、自分の好きな研究をしたからだと言っていました。


コーカーリヤよ 貪欲に従い 他をそしる 信なくケチで 陰口を言う<663>


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


~~~~~~お知らせ~~~~~~

◎11月1日(土)から11月2日(日)は八王子市の正山寺のカティナ衣法要が開催されます。この法要は11月1日の夕方から始まり、夜を徹して読経をし、2日朝と昼の食事のお布施などが行われます。私ワンギーサはこの法要に参加しますから、11月1日夜及び11月2日朝のゴータミー精舎での瞑想会は行いません。


◎11月3日(月)はゴータミー精舎でのカティナ衣法要が行われます。この日は朝の瞑想会は行いますが、カティナ衣法要に伴う行事の終了時間が確定しませんので、夜の瞑想会は中止します。
しかし、皆さんカティナ衣法要に奮って参加してください。この法要に参加する人には大きな功徳があると言われています



◎ゴータミー精舎では毎日朝晩、自主瞑想会を行っています。朝5時から7時まで、および夜7時から9時まで。但し、木曜日夜7時から9時までの自主瞑想会は休みます。変更のある場合はこの「お知らせ」で、あらかじめ報告します。詳細はワンギーサの携帯番号090-2311-9317に御連絡下さい。


◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。御支援をお願い致します。


この記事へのコメント

みき
2014年11月01日 07:30
おはようございます。講義有難うございます。今朝も為になるお話で大変参考になりました。
陰口とは?人の行為を悪くいう、姿形の醜い箇所をあげつらうなどでしょうか。確かに陰口を言われる人もその行動で他人に迷惑をかけていますが‥‥迷惑をかけられた人が陰口を言ったらそれは罪になる。〈聖なる沈黙〉、〈沈黙は金なり〉など言葉があります。私も修行と思い陰口を言わないように心掛けます。
あすか
2014年11月01日 17:31
色々、別の事に見える悪行為、
なんと根っこは一緒だったとは。
こころざし
2016年08月29日 08:06
私事ですが、妻との言い争いになる事は現在もあります(※長くならない様、お互いに気を付ける事にしてはいます)
私の私観になりますが、妻が何かで欲や怒り的なものをぶつけてきて私が「その言い方はなんだ」と指摘、妻はそんな自覚が全くなく「私に喧嘩を売ってきた」と、最初がかみ合わない状態の平行線で永遠とそれが続き全然お互いに共感出来ない・・状況が続いていました。私もそうですが、自分に気が付くのは容易でない様子を感じました(他人の事は良く観察しているので、すぐ気が付くのですが・・)
自分の欲等に気が付く事、実践して参りたいです。