空中に 千本傘が 掲げられ 金の柄のある 払子が揺れる<688>

○少年少女のためのスッタニパータ<688>
・・・
赤ちゃんを
千の傘で日をよけて
金の柄のある虫除けが
ゆらゆら揺れる。


第3 大きな章 11.ナーラカ経 10.

○中村元先生訳
688
神々は、多くの骨あり千の円輪ある
傘蓋を空中にかざした。
また黄金の柄のついた払子で[身体を]上下に扇いだ。
しかし払子や傘蓋を手にとっている者どもは見えなかった。


○正田大観先生訳
694.(688) 
しかして、無数の枝(骨)と千の円輪をもつ
傘蓋(王侯や貴人が使う日除けの大傘)を、神々たちは、空中に保持した。
黄金の棒(柄)の諸々の払子(柄の先に毛や布を束ねた虫除けの道具)が、〔童子を扇ぐために〕飛び交う。
〔しかしながら〕払子や傘蓋を持つ者たちは、〔その姿が〕見えない。(10)


○パーリ語原文
693.
アネーカサーカンチャ     サハッサマンダラン
Aneka・sākhañ・ca        sahassa・maṇḍalaṃ,
無数の・傘の骨・また     千の・円輪の

チャッタン   マルー    ダーラユマンタリッケー
chattaṃ     marū     dhārayum・antalikkhe;
傘を       神々が    かかげる・空中に

スワンナダンダー    ウィーティパタンティ  チャーマラー
Suvaṇṇadaṇḍā      vītipatanti         cāmarā,
黄金の柄のついた   上下に揺らぐ       払子が              

ナ    ディッサレー    チャーマラチャッタガーハカー
na    dissare        cāmara・chatta・gāhakā.
ない  見え         払子・傘・保持者が


○一口メモ
神々は大喜びをすると同時に、菩薩である赤ちゃんに直射日光が当たらないように日よけを作ったのです。その日よけは、無数の骨(枝)のある、千の円輪のある日よけなのです。しかし、その日よけの傘を支えている人の姿が見えないのです。この偈では神々が支えているように書いてありますが、人間からはその姿は見えないのですね。

もう一つ、虫などに刺されないようにする払子という道具がありますが、黄金の柄のついた高価な払子がゆらゆら揺れて、菩薩の肌を守っていたのです。幾つもの払子が一人でゆらゆら揺れていて、払子を揺らす人の姿は見えないのです。神々が揺らしていたからですね。

神々がこの赤ちゃんを大切にしている様子がわかります。


空中に 千本傘が 掲げられ 金の柄のある 払子が揺れる<688>



○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


~~~~~~お知らせ~~~~~~

◎11月21日(金)から11月27日(木)のゴータミー精舎における夜の自主瞑想会はお休みいたします。朝5時から7時の自主瞑想会は通常通り行います。理由はワンギーサ比丘が熱海の瞑想合宿に参加するためです。朝の自主瞑想会は代理人により通常通り開催いたします。


◎11月29日(土)のゴータミー精舎における夜の自主瞑想会は都合によりお休みいたします。


◎ゴータミー精舎では毎日朝晩、自主瞑想会を行っています。朝5時から7時まで、および夜7時から9時まで。但し、木曜日夜7時から9時までの自主瞑想会は休みます。変更のある場合はこの「お知らせ」で、あらかじめ報告します。詳細はワンギーサの携帯番号090-2311-9317に御連絡下さい。


◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。御支援をお願い致します。


この記事へのコメント

あすか
2014年11月25日 08:48
払子、調べて見ました。
画像も見て再び偈を読むと
その光景が目の前に。

ありがたい時代ですね。
こころざし
2016年09月07日 06:24
神々が払子を支え、揺らして赤ちゃんブッダをあやしている様子を感じました。歓喜に溢れてやられているのでは、と想像致します。そのように喜ばれる存在のブッダの尊さを感じます。人間にとって大切なことを教えて下さる存在の有難さは凄いものがありますね。