その次は 大きな網を かぶせられ 鉄槌で打たれる そこは暗闇<669>

○少年少女のためのスッタニパータ<669>
・・・
更にまた
網をかぶせられて
鉄槌で打たれる
生きていられぬが
死ぬこともできない。


第3 大きな章 10.コーカーリヤ経 13.

○中村元先生訳
669
またそこでは(地獄の獄卒どもは)鉄の網をもって(地獄に墜ちた者どもを)からめとり、
鉄槌をもって打つ。
さらに真の暗黒である闇に至るが、
その闇はあたかも霧のようにひろがっている。


○正田大観先生訳
675.(669) 
しかして、〔獄卒たちは、地獄に落ちた者たちを〕網で覆って、
そこにおいて、諸々の鉄製の槌で打つ。
まさしく、漆黒の暗所に、〔地獄に落ちた者たちは〕入って行くが、
まさに、その〔漆黒の暗所〕は、霧のように広がっている。(13)


○パーリ語原文
674.
ジャーレーナ    チャ    オーナヒヤーナ
Jālena        ca      onahiyāna,
網によって     また    かぶせられて      

タッタ   ハナンティ    アヨーマヤクテービ
tattha    hananti      ayomayakuṭebhi;
そこで   打つ        鉄製の槌で

アンダンワ     ティミサマーヤンティ
Andhaṃva     timisam āyanti,
真っ暗な      闇に入る          

タン    ウィタンヒ    ヤター    マヒカーヨー
taṃ     vitatañhi     yathā     mahikāyo.
それは  広がっている  ように    霧


○一口メモ
続いて、地獄のありさまが述べられます。針の山を登らされて、槍が突き刺さる刃の林を進まされて、真っ赤に焼けた鉄の玉を食べさせられても、優しい言葉ありません。誰も助けにはきません。更に、燃え盛る炭火が敷き詰められた上に倒されて、網がかぶせられます。その上、鉄槌で何度も叩きつけられるのです。目の前は真っ暗になって、死んでしまうようですが、死ぬことも出来ないのです。この苦しみは表現できません。まだまだ地獄の話は終わりません。明日も地獄の恐ろしさ、苦しさが述べられます。


その次は 大きな網を かぶせられ 鉄槌で打たれる そこは暗闇<669>


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


~~~~~~お知らせ~~~~~~

◎緊急連絡!!!
本日11月7日(金)のゴータミー精舎における夜の瞑想会は、月例講演会があるため、中止します。


◎11月21日(金)から11月27日(木)のゴータミー精舎における夜の自主瞑想会はお休みいたします。朝5時から7時の自主瞑想会は通常通り行います。理由はワンギーサ比丘が熱海の瞑想合宿に参加するためです。朝の自主瞑想会は代理人により通常通り開催いたします。


◎ゴータミー精舎では毎日朝晩、自主瞑想会を行っています。朝5時から7時まで、および夜7時から9時まで。但し、木曜日夜7時から9時までの自主瞑想会は休みます。変更のある場合はこの「お知らせ」で、あらかじめ報告します。詳細はワンギーサの携帯番号090-2311-9317に御連絡下さい。


◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。御支援をお願い致します。


この記事へのコメント

あすか
2014年11月07日 08:56
andhaの意味は
blind 、mental blindnessだとか。

人はなぜ暗闇を、わからない事を
恐れるのでしょう。
こころざし
2016年08月31日 06:27
これでもか!と苦痛を味わう様子を感じました。地獄の恐ろしさを感じます。現世なら死んで逃げるのも可能かもしれませんが、それも出来ないとなるとどんな気分になるのか、ちょっと分かりませんが、とてつもなく辛い様子は感じます。
地獄に行かない事、是非でそうなれるようにしたいです。