淫欲と 欲望捨てて いきものを 避けることなく 執着もしない<704>

○少年少女のためのスッタニパータ<704>
・・・
弱い友達でも
強い友達でも
分けへだてなく
仲良く遊びましょう。


第3 大きな章 11.ナーラカ経 26.

○中村元先生訳
704
婬欲のことがらを離れ、
さまざまの愛欲をすてて、
弱いものでも、強いものでも、諸々の生きものに対して、
敵対することなく、愛著することもない。


○正田大観先生訳
710.(704) 
淫欲の法(事象)から離れた者となり、
彼此における諸々の欲望〔の対象〕を捨棄して、
動くものと動かないものにたいし、〔全ての〕命あるものたちにたいし、
〔行く手を〕遮ることなく(敵意を抱かず)、執着しない者となり――(26)


○パーリ語原文
709.
ウィラトー    メトゥナー    ダンマー
‘‘Virato      methunā    dhammā,
離れて      淫欲の     法から

ヒトゥワー    カーメー    パローワレー
hitvā       kāme      parovare;
捨て      欲望を     あれこれの

アウィルッドー    アサーラッテー
Aviruddho       asāratto,
敵対することなく  愛着することなく

パーネース     タサターワレー
pāṇesu        tasa・thāvare.
生き物に対して  動くもの・動かないもの


○一口メモ
この偈では、始めに淫欲について述べられています、これは男女の情欲のこと、性欲のことです。これはなかなか捨てられない欲望と考えて人も多いので、また昨日の偈の続きとして述べられているのでしょう。

その他にもいろいろな欲望があります。それらも悩み苦しみの原因であり、生命を輪廻させるものなのです。ですから、「さまざまの愛欲をすてて(彼此における諸々の欲望〔の対象〕を捨棄して)」となっているのです。

パーリ語のtasa・thāvareは「動くものと動かないものにたいし」という意味ですが、「弱いものでも、強いものでも」と言う意味にもなります。つまりこの言葉でどんな生き物に対してもと意味でしょう。どんな生き物に対しても「敵対することなく、愛著することもない。」ということで、好き嫌いの意識を持たないというということです。

この偈の前半と後半はどのようなつながりがあるのでしょうか? 単に並列的に述べられているだけなのでしょうか?

皆さんも少し考えてみて下さい。

今私が考えていることを述べてみましょう。欲望を捨てなければ、どんな生命にも分け隔てなく、「敵対することなく、愛著することもない。」ということが出来ないということだと思います。自分に欲望があれば、すべて生命に対して平等に対応できないでしょう。すぐ依怙贔屓(えこひいき)の感情が現れるでしょう。平等・対等な態度は聖者のやさしさなのではないかと思っています。

欲望を捨てるということは困難な課題ですが、欲望が苦の原因であることが明確に分かっていけば、段々捨てられるようになると思います。最近私は甘いものは依存性があり、身体にとって毒であることが分かってきたので、一切のお菓子は食べるのを止めることができるようになりました。そのために体重は減り、以前よりもかなりスリムになりました。


淫欲と 欲望捨てて いきものを 避けることなく 執着もしない<704>


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


~~~~~~お知らせ~~~~~~

◎緊急連絡:12月12日(金)は新宿の朝日カルチャーでスマナサーラ長老の講義があるため、ゴータミー精舎における夜の自主瞑想会は中止します。


◎緊急連絡:12月14日(日)9:30~17:00 関西「法話会&僧房落慶・お荘厳お披露目」法要が開催され、それに私(ワンギーサ)が参加しますので、13日(土)及び14日(日)のゴータミー精舎における夜の瞑想会は中止します。尚、朝の瞑想会は代理人により通常通り行います。


◎ゴータミー精舎では毎日朝晩、自主瞑想会を行っています。朝5時から7時まで、および夜7時から9時まで。但し、木曜日夜7時から9時までの自主瞑想会は休みます。変更のある場合はこの「お知らせ」で、あらかじめ報告します。詳細はワンギーサの携帯番号090-2311-9317に御連絡下さい。


◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。御支援をお願い致します。


この記事へのコメント

あすか
2014年12月11日 07:17
なるほどと思う段階から
納得して実行できる段階へ。
大きな大きなステップです。

それでも努力、努力。
繰り返し実行していれば、
脳も体もきっと。
りんご
2014年12月11日 09:02
「好き・嫌いの意識を持たない」とは、慈悲喜捨の「捨」の気持ち(平等で分け隔たりない気持ち)で生き物に接することなのかなと、ブログを読んで、個人的には解釈しました。
なかむら
2014年12月12日 14:38
皆が 心配してしまうので あまり痩せすぎないで下さいね(笑)
こころざし
2016年09月13日 06:20
日常で、若い綺麗な女性に目が向いて・接近し、そうでない方には興味がない・・的な言動をする方を見る事があります。また気を付けないと自分自身そうなる時があります。傍から見ていて、人によって態度を変える・・を感じる機会です。平等という点と、欲を持たないという所が分からないと、その方の行動はずっと変わらない、ようにも思いました。そのような事を意識して自分の言動を気を付けたいです。