執着を 聖者の行で 断ち切って 輪廻を離れた 彼に苦はない<715>

○少年少女のためのスッタニパータ<715>
・・・
「聖者の行」で
執着を断ち切った修行僧には
するべきことも、
すべきでないこともないのです。
ですから苦悩はありません。


第3 大きな章 11.ナーラカ経 37.

○中村元先生訳
715
(輪廻の)流れを断ち切った
修行僧には執著が存在しない。
なすべき(善)となすべからざる(悪)とを捨て去っていて、
かれは煩悶が存在はない。」


○正田大観先生訳
721.(715) 
しかして、彼に、執着〔の思い〕が存在しないなら、
〔輪廻の〕流れを断ち切った比丘には、
為すべきことと為すべきではないことが〔両者ともに〕捨棄された者には、
苦悶〔の思い〕は見い出されない。(37)


○パーリ語原文
720.
ヤッサ    チャ    ウィサター    ナッティ
‘‘Yassa    ca     visatā        natthi,
彼に     また    執着が       ない

チンナソータッサ    ビックノー
chinnasotassa      bhikkhuno;
流れを断ち切った   比丘には

キッチャーキッチャッパヒーナッサ
Kiccākiccappahīnassa,
為すべきこと・為さざるべきことを捨てた者には

パリラーホー   ナ    ウィッジャティ
pariḷāho       na    vijjati.
苦悩は       ない  見出せ


○一口メモ
この偈は昨日まで述べた「聖者の行」で修行した修行者には、輪廻の原因である渇愛などの煩悩はなくなっています。ですからここで「(輪廻の)流れを断ち切った」となっているのです。そのような人はあらゆることに執着がないのです。執着のない彼には「なすべき(善)となすべからざる(悪)と」はないのです。そのような人を制約・拘束するものがありませんから、彼には苦悩はありません。つまりこれは「聖者の行」の功徳です。

「なすべき(善)となすべからざる(悪)と」は自分の想いが作っているものなのです。執着がないということは、そのような想いがないので、「「なすべき(善)となすべからざる(悪)と」がないのです。

ここで注意すべきことは、このような人は悪行為をしないのかという問題です。悪行為は煩悩によって現れのです。このような人は煩悩がないので、悪行為は出来ないのです。「「なすべき(善)となすべからざる(悪)と」を捨てても問題ないのです。


執着を 聖者の行で 断ち切って 輪廻を離れた 彼に苦はない<715>


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


~~~~~~お知らせ~~~~~~

◎12月29日(月)から1月4日(日)のゴータミー精舎における夜の自主瞑想会はお休みいたします。朝5時から7時の自主瞑想会は通常通り行います。理由はワンギーサ比丘が熱海の瞑想合宿に参加するためです。朝の自主瞑想会は代理人により通常通り開催いたします。


◎ゴータミー精舎では毎日朝晩、自主瞑想会を行っています。朝5時から7時まで、および夜7時から9時まで。但し、木曜日夜7時から9時までの自主瞑想会は休みます。変更のある場合はこの「お知らせ」で、あらかじめ報告します。詳細はワンギーサの携帯番号090-2311-9317に御連絡下さい。


◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。御支援をお願い致します。


この記事へのコメント

あすか
2014年12月22日 07:20
淡々と行うことが自然と善行為。
本人もまわりも
さぞ安らかなことでしょう。

まずは、意識しながらでも善行為。
りんご
2014年12月22日 09:08
悪行為をしないのではなく、「出来ない」という状態になるのですね。
カエルくん
2014年12月22日 21:13
数年前に遷化された永平寺の貫主、宮崎奕保禅師が、「悪いことはしないのではなく、できないんだ」と仰られたという話を思い出しました。
この方の「スリッパが曲がっているのを直せないのは、自分の心が曲がっているからだ」というお言葉が、ものすごいインパクトがあって、私の座右の銘のようになっています。
こころざし
2016年09月16日 19:53
自分を見ますと、苦悩は自分で作りだし、味わっている事を感じます。想いがない聖者の心境は冥想中の集中している一時にわずかしか感じれませんが、とても心穏やかな様子を思います。修行して思いを捨て、そして苦がない状態になれるようにしたいです。