智慧の水 足りないならば 騒がしい 満ち足りていれば 実に静かだ<721>

○少年少女のためのスッタニパータ<721>
・・・
智慧のない人は
ガチャガチャ騒がしが、
智慧ある人は
静かで落ち着いている。


第3 大きな章 11.ナーラカ経 43.

○中村元先生訳
721
欠けている足りないものは音を立てるが、
満ち足りたものは全く静かである。
愚者は半ば水を盛った水瓶のようであり、
賢者は水の満ちた湖のようである。


○正田大観先生訳
727.(721) 
それが、不足のものであるなら、それは、〔いたずらに〕騒ぎ立てる。
それが、満ちているなら、それは、まさしく、寂静である。
愚者は、〔ぴちゃぴちゃと音を立てる中身が〕半分の瓶の如きもの。
賢者は、〔水が〕満ちた湖のようなもの。(43)


○パーリ語原文
726.
ヤドゥーナカン        タン    サナティ
Yad・ūnakaṃ         taṃ    saṇati,
それが不足していれば  それは  音を立てる

ヤン    プーラン        サンタメーワ    タン
yaṃ    pūraṃ          santam・eva     taṃ;
それが  満ちているならば   実に・静かだ    それは

アッダクンブーパモー    バーロー
Aḍḍha・kumbhūpamo     bālo,
半分の水の瓶のようだ   愚か者は

ラハドー    プーロワ    パンディトー
rahado     pūrova      paṇḍito.
湖・ようだ   水の満ちた   賢者は


○一口メモ
昨日皆さんに宿題を出しました。三名の方がコメントで答えてくれました。ありがとうございます。

問題が整理されてなく、答え方が難かったかもしれませんから、整理してみます。

「わが(ブッダ)教えを聞く者(ナーラカさん)はますます恥を知り、信仰を起すべきであるということを、深い河の流れと浅い川の流れの違いからよく理解しなさい。」述べられていますが、この関係はどのようなものでしょうか?
そして、この関係は今回の721偈を読めば解ると私は書いたのです。

深い河の流れと浅い川の流れの違いは、静かな流れと騒がしい流れの違いです。そして、智慧があれば静かであり、智慧がなければ騒がしいということです。これが今回の偈から読み取れます。今回の偈では、水が半分入った水瓶と満々と水をたたえた湖を例に挙げて、智慧のある人(賢者)と智慧のない人(愚者)を比較しています。

それが「ますます恥を知り、信仰を起すべきである」とどういう関係があるのでしょうか?
それは、智慧がなければ恥を知らず、信仰を起こさないということです。もう少し説明すれば、欲望を捨てて瞑想する賢者は評判が上がると、智慧が少ないと舞い上がって、騒がしく、信仰もいいかげんになってしまう。しかし、智慧があれば、評判が上がっても、舞い上がらず、静かに、落ち着いて、謙虚に、信仰を高めるものだということです。


智慧の水 足りないならば 騒がしい 満ち足りていれば 実に静かだ<721>



○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


~~~~~~お知らせ~~~~~~

◎12月29日(月)から1月4日(日)のゴータミー精舎における夜の自主瞑想会はお休みいたします。朝5時から7時の自主瞑想会は通常通り行います。理由はワンギーサ比丘が熱海の瞑想合宿に参加するためです。朝の自主瞑想会は代理人により通常通り開催いたします。


◎ゴータミー精舎では毎日朝晩、自主瞑想会を行っています。朝5時から7時まで、および夜7時から9時まで。但し、木曜日夜7時から9時までの自主瞑想会は休みます。変更のある場合はこの「お知らせ」で、あらかじめ報告します。詳細はワンギーサの携帯番号090-2311-9317に御連絡下さい。


◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。御支援をお願い致します。


この記事へのコメント

あすか
2014年12月27日 07:19
底を穏やかに流れているのは
智慧でしたか。
日々精進して我が川の
水量も増やさなくては。^^;

宿題、課題があるのはいいですね。
ふだん妄想に走る隙間時間
偈の意味を考え有意義に
過ごすことができました。

心は常に何か刺激を求めるので
無益で害の多い妄想予防に
こうした有意義な刺激を
用意しておくのもいいかな。
りんご
2014年12月27日 07:23
智慧が有るか、無いかが大切なのですね。
智慧が有れば、評判があがって舞い上がること
も無いとありますね。

智慧の効く範囲は、広いなーと感じました。
カエルくん
2014年12月27日 13:57
川の水の多少は、智慧の量の例えだったのですね。
納得です。

智慧の少ない者は、騒がしい。
いつもながら、お釈迦様の言葉は、分かりやすくかつ厳しいですね。
慢心せず、精進するように、という戒めとして読みました。
こころざし
2016年09月18日 09:53
智慧がないと、その状態にすら気が付かず、そして輪廻転生の状態を繰り替えす印象を受けます。智慧を少し持つことが出来れば、智慧を沢山持つ大切さが分かり、より精進しようという気になると感じます。
私事ですが、夜叉のような誘惑に負け、色々な失敗をします。修行を後回しにする・・のもその一つかと反省しています。ですが、それではいけないと、変えようとする自分もいます。失敗を繰り返す智慧のない状態から、それを一歩踏み出せるような成長が出来る様にしたいです。