世の人と 沙門・バラモンが 言うことを 気にしないから 動揺しない<859>

○少年少女のためのスッタニパータ<859>
・・・
世間の常識で生きる人々に
悩み苦しみは続く。
ならば常識を疑い、
解脱を目指した方がよい。


第3 八つの詩句の章 10.死前経 12.

○毎田周一先生訳
859.
世俗の人や修道者や婆羅門達が
この人のことをどんなにとやかくいおうと
いわれる事柄自身が既に彼の無視していることだから
そんな論議のために動かされはしない


○中村元先生訳
859
世俗の人々、または道の人・バラモンどもが
かれを非難して(貪りなどの過)があるというであろうが、
かれはその(非難)を特にきにかけることはない。
それ故に、かれは論議されても、動揺することがない。


○正田大観先生訳
866.(859) 
それをもって、〔世の〕凡夫たちが、しかして、沙門や婆羅門たちが、
彼のことを〔種々に〕説くとして、
そのことは、彼にとって偏重されることではありません(どうでもいいことである)。
それゆえに、諸々の論にたいし〔いささかも〕動じないのです。(12)


○パーリ語原文
865.
イェーナ    ナン     ワッジュン   プトゥッジャナー
‘‘Yena      naṃ     vajjuṃ      puthujjanā,
それで     彼に     言うであろう  凡夫たちは

アトー    サマナブラーフマナー
atho     samaṇabrāhmaṇā;
その時   沙門・バラモン達は

タン    タッサ   アプラッカタン
Taṃ    tassa    apurakkhataṃ,
それは  彼に    気にかけることではない

タスマー    ワーデース    ネージャティ
tasmā      vādesu       nejati.
それ故     言われても    動揺しない


○一口メモ
世間の凡夫や覚ってない沙門やバラモンは、解脱と関係のないいろいろなことを言います。その中には人間は安定な職業を持って、結婚して家庭を持ち、子供を作ることが幸せなのだとも言います。しかし、解脱という目的をわきまえた人には、そのような見解は眼中にないのです。またその他の世俗的な楽しみにも興味がありませんから、世俗の人々の言うことによって、心は動揺しないのです。


世の人と 沙門・バラモンが 言うことを 気にしないから 動揺しない<859>


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


~~~~~~お知らせ~~~~~~

◎特別連絡:4月29日(水)から5月6日(水)のゴータミー精舎における夜の自主瞑想会はお休みいたします。尚、朝5時から7時の自主瞑想回は通常通り行います。理由はワンギーサが熱海の瞑想合宿に参加するためです。しかし、朝の自主瞑想会は代理人により通常通り開催いたします。


◎ゴータミー精舎では、通常は毎日朝晩、自主瞑想会を行っています。朝5時から7時まで、および夜7時から9時まで。但し、木曜日夜7時から9時までの自主瞑想会は休みます。また変更のある場合はこの「お知らせ」で、あらかじめ報告します。詳細はワンギーサの携帯番号090-2311-9317に御連絡下さい。


◎ライターの森竹ひろこさんのブログ「コマメディアー史上最弱の仏弟子コマメー」で「[報告]正田正観先生の現代語訳「小部経典」が発売!記念祝賀会の報告」という記事が掲載されています。
http://blog.goo.ne.jp/komamenet/e/488d72d3512f675ea970219bdcaac28a
その中でこのブログで引用させて頂いている正田先生の御姿や私(ワンギーサ)の写真も掲載されています。是非上記ブログを訪問して下さい。


◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。御支援をお願い致します。


この記事へのコメント

kempsforf
2015年04月20日 04:25
おはようございます。
「しかし、解脱という目的をわきまえた人には、そのような見解は眼中にないのです。またその他の世俗的な楽しみにも興味がありません」
先生のこの解説で救われました。迷わず、精進致します。
ご指導ありがとうございました。
2015年04月20日 04:32
職業的な安定、家族円満、、決して悪いことではありませんが、状況によって「どうなるかわからない」性質のものなので、必ず不安を抱えることになります。
例えば「巨大地震が起きたらどうしよう」と怯えながら生活ことになります。

一方、世俗的な幸福は(偏見に満ちた性質のものであるが故に)誰もか等しく享受できる性質のものではありません。

比較的安定してるとされる「公務員」こそが幸福であるならば、日雇いの人々は不幸になってしまいます。
資産家や金持ちこそが幸福であるならば、貧乏人は明らかに不幸ということになります。

家族円満こそが幸福なら、身寄りのない人は不幸という結論になります。

世俗的な幸福には様々な問題点、矛盾があります。

従って、世俗的な幸福の話を聞いても「ふーん」で終わるケースが多いです。

私でさえそう思うのですから、、解脱した聖者にとっては、推して知るべしのことのように思われます。
みき
2015年04月20日 05:49
おはようございます。

「しかし、解脱という目的をわきまえた人には、そのような見解は眼中にないのです。またその他の世俗的な楽しみにも興味がありません」

私は現在婚活中です。「そのような見解」を求めて右往左往して頭を悩ましています。決して幸せな状況・状態ではないのだなと薄々気が付くことが出来ました。ありがとうございました。

「解脱いう目的をわきまえた人」という言葉の重さがはかられます。一応私も誰にもいいませんが「解脱」を目指しています。しかし、「そのような見解」に惑わされているわが身を振り返ると・・・・。はたしてどこまで「解脱という目的をわきまえた人」なのだろうと・・・私自信を疑問・矛盾に思ってしまうのです。よく考えてみたいと思います。
今日から
身の丈修行者
2015年04月20日 07:11
おはようございます。
自己啓発系にいた頃、人を導くとか○○人が集う等に価値観が置かれ、時間・労力を使うシーンを見てきました。
ワンギーサ長老の分かり易い本文・解説の「解脱という目的をわきまえた人・・見解は眼中にない・・世俗的な楽しみにも興味が・・世俗の人々の言うことに・・心は動揺しない」心に響きます。
「心を動揺させないぞ!」と思っても、俗世間的生き方では動揺は防げないように思います。
心を成長・安定させるには何が道なのか、今日教えて頂けていますように感じます。有難いです。
※ちなみに自己啓発系の頃のまま今日も走っていたら、私は勘違い自信には溢れていても・未だに心は安定しないまま・・と思います。
こちらで学ぶご縁を頂戴出来ています事、至福です。
ワンギーサ長老・皆様の今日も幸いでありますように。
こころざし
2016年10月28日 09:29
俗世間で、家族・子供がいれば安心とか、収入が○○〇万円あれば安心等の様子は容易にあります。ですが冷静にそれらを見つめれば、それが少しでも崩れると不幸に感じる事から、何か変だと気が付く要素があります。そのようなものでない、心の成長・解脱の方向に行ける様に努力して参りたいです。
満月
2016年11月15日 23:56
「世俗的なものに興味がない」こと「解脱を目指している」ことは自覚しているつもりですが、このままの生き方でいいのだろうかと時々不安になります。今できることをやりつつ、生きる方向性を根本的に変えたいと思います。