この世では 愛するものと 貪りは 何に基づき 起こるのですか<864>

○少年少女のためのスッタニパータ<864>
・・・
争いや論争などは
愛から起こります。
それでは愛は
何から起こるのですか?


第3 八つの詩句の章 11.闘争と論争の経 3.

○毎田周一先生訳
864.
「愛はこの世で何を元として起こるのでしょうか
又世間に拡がってゆく貪りは 何から起こりますか
そして人が来世に向って希望を抱き
それが果たされるのは 何に基づくのでしょうか」


○中村元先生訳
864
「世間において、愛し好むものは何にもとづいて起るのですか。
また世間にははびこる貪りは何にもとづいて起るのですか? 
また人が来世に関していだく希望とその成就とは、
何にもとづいて起るのですか?」


○正田大観先生訳
871.(864)
〔対話者が尋ねた〕
「世における諸々の愛しいものは、いったい、因縁としてどこから〔発生したのですか〕
――さらには、また、彼らが、貪欲〔の思い〕から、世を渡り歩くとして。
諸々の願望と、諸々の目標とは、因縁としてどこから〔発生したのですか〕
――それらが、人の未来のために有るとして」〔と〕。(3)


○パーリ語原文
870.
ピヤー     ス    ローカスミン    クトーニダーナー
‘‘Piyā      su    lokasmiṃ      kutonidānā,
愛するもの  一体  世において     何を因縁として

イェー    チャーピ    ローバー    ウィチャランティ    ローケー
ye       cāpi       lobhā       vicaranti        loke;
彼らは    そしてまた   貪欲から    渡り歩く        世を

アーサー    チャ    ニッター    チャ    クトーニダーナー
Āsā        ca     niṭṭhā      ca     kutonidānā,
願望       と     目標は     また   何を因縁として

イェー    サンパラーヤーヤ   ナラッサ    ホンティ
ye       samparāyāya       narassa     honti’’.
それらが  来世のために      人の       ある(として)


○一口メモ
今回の偈は、ブッダの回答に対する質問者(化身)の質問です。何に基づいて争いと論争など八項目が起きるかという質問に対して、ブッダはすべて愛(愛し好むもの)に基づいて起こると答えられました。この質問者はここで、質問を止めることなく。それならば「愛」は何に基づいて起こるのか質問しました。

この態度は重要です。せっかくすべてを知ったブッダがおられるのですから、自分の疑問は積極的に質問して、解明する必要があると思います。

更に、この質問者は更に、世間に蔓延している貪欲は何に基づいて起こるのか質問しました。

また、「人が来世に向って希望を抱き、それが果たされるのは何に基づくのでしょうか」と質問しました。この意味は人々が死後、善い所に生まれ変わる希望を持って、その結果が現れるのは何に基づくのかということです。

これらの質問のブッダの回答は明日の偈で述べられます。


この世では 愛するものと 貪りは 何に基づき 起こるのですか<864>



○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


~~~~~~お知らせ~~~~~~

◎特別連絡:4月29日(水)から5月6日(水)のゴータミー精舎における夜の自主瞑想会はお休みいたします。尚、朝5時から7時の自主瞑想回は通常通り行います。理由はワンギーサが熱海の瞑想合宿に参加するためです。しかし、朝の自主瞑想会は代理人により通常通り開催いたします。


◎ゴータミー精舎では、通常は毎日朝晩、自主瞑想会を行っています。朝5時から7時まで、および夜7時から9時まで。但し、木曜日夜7時から9時までの自主瞑想会は休みます。また変更のある場合はこの「お知らせ」で、あらかじめ報告します。詳細はワンギーサの携帯番号090-2311-9317に御連絡下さい。


◎ライターの森竹ひろこさんのブログ「コマメディアー史上最弱の仏弟子コマメー」で「[報告]正田正観先生の現代語訳「小部経典」が発売!記念祝賀会の報告」という記事が掲載されています。
http://blog.goo.ne.jp/komamenet/e/488d72d3512f675ea970219bdcaac28a
その中でこのブログで引用させて頂いている正田先生の御姿や私(ワンギーサ)の写真も掲載されています。是非上記ブログを訪問して下さい。


◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。御支援をお願い致します。


この記事へのコメント

2015年04月25日 04:13
では何に基づきこのような質問が出来るのでしょうか?

それはズバリ「童心」だと思います。

子供の頃の「なぜ?」「どうして?」と大人を困らせるような疑問。そして純粋なる好奇心、探求心。。

「童心」に戻って、「僕、世の中のことは全く何もわからない。いったい何なのだろう??」と子供の疑問のような問題意識を持つことが大切だと思います。
kempsford
2015年04月25日 05:41
おはようございます。
①「それならば「愛」は何に基づいて起こるのか」・②「世間に蔓延している貪欲は何に基づいて起こるのか」
この二つの質問は、私の関心事です。こえらに対するブッダのお答えがとても楽しみです。
先生、明日もまたよろしくお願い致します。
身の丈修行者
2015年04月25日 07:29
おはようございます。
これまで学ばせて頂きました事を元に考えますと、感じたものから認識した内容に思考が回り妄想し、自分にとって都合の良い愛や貪りが生じてしまう・・でしょうか。
明日の偈が楽しみです。
ワンギーサ長老・皆様の今日も幸いでありますように。
SRKWブッダ
2015年04月25日 09:26
「明日が楽しみ」などと言う者は、ついに覚ることが無い。もしそれで覚れると思っているならば、噴飯物である。

年の瀬に来年の話をすると鬼が笑うと言うが、別に来年のことだけではない。ただし、もちろん、何かにけしかけられるようでは覚り(=解脱)は遠い。

***
こころざし
2016年10月29日 09:02
愛等の執着を持ってしまうと、争いが起きると思います。その執着に至る状況を、自覚する機会は通常なく、まるで踊らされるように、その状態で日常を過ごしているのが俗世間の状態と感じます。そのような状態から脱することが出来るようにしたいです。
こころざし
2016年10月29日 09:02
愛等の執着を持ってしまうと、争いが起きると思います。その執着に至る状況を、自覚する機会は通常なく、まるで踊らされるように、その状態で日常を過ごしているのが俗世間の状態と感じます。そのような状態から脱することが出来るようにしたいです。