誠実で 傲慢でなく いつわらず 悪口言わず 利己心超えよ<941>

○少年少女のためのスッタニパータ<941>
・・・
やさしい人は
おだやかで、
欲や少なく、
怒ることがない。


第4 八つの詩句の章 15.武器を執ること経 7.

○毎田周一先生訳
941.
静かな人は おだやかに 誠を尽くし 
心豊かに ひとを謗らぬ人であり
怒りを離れ 貪りの禍いと
利己心とをこえた人でなければならない


○中村元先生訳
941
聖者は誠実であれ。傲慢(ごうまん)でなく、
詐(いつわ)りなく、悪口を言わず、
怒ることなく、邪(よこし)まな貪りと
慳(ものおし)みとを超(こ)えよ。


○正田大観先生訳
948.(941)
真理の者として存するように。尊大ならず、
〔欺瞞の〕幻想なく、中傷〔の思い〕から遠ざかった者として〔存するように〕。
忿激〔の思い〕なき牟尼となり、貪欲の悪を、
物欲〔の思い〕(物惜しみの心)を、超え渡るように。(7)


○パーリ語原文
947.
サッチョー     スィヤー    アッパガッボー
‘‘Sacco       siyā       appagabbho,
真実で       あれ       傲慢でなく

アマーヨー  リッタペースノー
amāyo     rittapesuṇo;
幻想なく   悪口を離れた

アッコーダノー   ローバパーパン
Akkodhano      lobhapāpaṃ,
怒ることなく     貪欲の悪を

ウェーウィッチャン    ウィタレー    ムニ
vevicchaṃ         vitare       muni.
物惜しみを        渡れ       聖者は


○一口メモ
心に刺さった矢を引き抜くために、諸々の欲望を究めつくして、自己の安らぎ(涅槃)を学ぶこととは、具体的には今回の偈で述べられたことになります。

①誠実であれ、②傲慢でなく、③いつわりなく、④悪口を言わず、⑤怒ることなく、⑥邪まな貪りを超える、⑦もの惜しみを超える、以上中村先生訳で列挙しました。

これらは慈悲の心がある人ならば、すべて簡単に実践できることなのです。しかし、私達の心に欲望があるならば、簡単ではありません。欲の心が邪魔をします。欲の心は利己心です。毎田先生は「物惜しみ」を利己心と訳されました。利己心は慈悲の心を邪魔します。利己心がある時、誠実にはなれません。傲慢になります。ある時は悪口を言い、怒るのです。自分に都合が悪いから怒るのです。また利己心故に貪り、物惜しみになるのです。慈悲と欲望は対立するものだと理解する必要があります。


誠実で 傲慢でなく いつわらず 悪口言わず 利己心超えよ<941>


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


~~~~~~お知らせ~~~~~~

◎特別連絡:7月17日(金)から7月21日(火)のゴータミー精舎における夜の自主瞑想会はお休みいたします。尚、朝5時から7時の自主瞑想回は通常通り行います。理由はワンギーサが熱海の瞑想合宿に参加するためです。しかし、朝の自主瞑想会は代理人により通常通り開催いたします。


◎ゴータミー精舎では、通常は毎日朝晩、自主瞑想会を行っています。朝5時から7時まで、および夜7時から9時まで。但し、木曜日夜7時から9時までの自主瞑想会は休みます。また変更のある場合はこの「お知らせ」で、あらかじめ報告します。詳細はワンギーサの携帯番号090-2311-9317に御連絡下さい。


◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。ランキングが上昇すると閲覧者が増えると思われるからです。御支援をお願い致します。


この記事へのコメント

2015年07月11日 04:00
「自分さえ良ければいい」「我こそ正しい」というエゴがトラブルを引き起こしてますね。

悪口を言わないことにチャレンジしてますが、言わないと自分自身に打ち克った爽快感があります。
kempsford
2015年07月11日 04:07
おはようございます。
「正しく生きよう・善い人間になろう・人格を向上させよう」として、ブッダの教えを箇条書きにして壁に貼っています。それでも、忘れてしまうことが多々あります。根本がなかったのでしょう。
「これらは慈悲の心がある人ならば、すべて簡単に実践できることなのです」。これが根本ですね。真理とは「生きとし生けるものが幸せでありますように」であること、それだけを忘れないようにします。
御指導ありがとうございました。
身の丈修行者
2015年07月11日 07:27
おはようございます。
本文の「利己心は慈悲の心を邪魔し・・傲慢になります。ある時は悪口を言い、怒る・・自分に都合が悪いから怒る・・」を拝見して、職場・同僚が浮かびました。
自分が楽が出来ないと怒り出す→しわ寄せで同僚の仕事量が増える事には関心が無い・・、利己心ですよね。
「①誠実であれ、②傲慢でなく、③いつわりなく、④悪口を言わず、⑤怒ることなく、⑥邪まな貪りを超える、⑦もの惜しみを超える」を実践して参りたいです。
ワンギーサ長老・皆様の今日も素晴らしい一日となりますように。
dukkha
2015年07月11日 12:00
利己心。不善の欲求煩悩。俺が俺が。私こそ一番偉い。私は正しい。それゆえの不満、怒り。自分の、こうあるべきという思い。自分の思い通りになって当然との思い。わがまま。それらは欲の心がある限りなくせないのですね。ありがとうございました。
今の自分は、ずっといやな感じがしています。不善の法がたまっていて、自我で固くなっていると感じています。慈悲の瞑想しか解決策がないと思っています。
みき
2015年07月11日 20:00
こんばんわ
悪口を言わないよう気を付けます。
とくに職場や家庭で悪口を言わない。最初は基本からですね。
こころざし
2016年11月24日 07:29
本文を拝見し、エゴが強いほど誠実・・等は出来ないなと思いました。そして、それでは自己破壊になっていくなと想像致しました。私事ですが、家族と戦う状況に嫌気をもち、それを捨てた・超えた状態に生きたいと心より思いました。その実現の為には、自分が・・というエゴを減らす・無くせばよいと分かりました。特に何かの言葉を投げつけられて、それで発火していた状況を、発火しない様に一旦停止出来る様にしたいと決めました。その分慈しみの気持ちを持つようにしています。今の所良い雰囲気で行けていますが、一時のブーム?ではなく、そのように完全に買われる域まで精進したいです。