反目し 震えおののく 人々を 目のあたりにし 戦りつ覚える<936>

○少年少女のためのスッタニパータ<936>
・・・
遊び場を取り合って
喧嘩する君たちを見て
私は恐ろしくなった。
君たちには愛情がない。

第4 八つの詩句の章 15.武器を執ること経 2.

○毎田周一先生訳
936.
水の少ない処で
はねかえっている魚のような人を見
また互いに反目している人達を見て 
私は恐ろしくなった


○中村元先生訳
936
水の少ないところにいる魚のように、
人々が慄えているのを見て、
また人々が相互に抗争しているのを見て、
わたくしに恐怖が起った。


○正田大観先生訳
943.(936)
水少なきところの魚たちのように
震えおののいている人々を見て、
互いに他の者たちと〔敵対し〕反目する者たちを見て、
わたしを、恐怖〔の思い〕が侵しました。(2)


○パーリ語原文
942.
パンダマーナン      パジャン    ディスワー
‘‘Phandamānaṃ      pajaṃ      disvā,
震えている        人々を      見て

マッチェー    アッポーケー   ヤター
macche      appodake      yathā;
魚たちを     少水の       ように

アンニャマンニェーヒ   ビャールッデー
Aññamaññehi        byāruddhe,
互いに            反目している人々を

ディスワー   マン    バヤマーウィスィ
disvā       maṃ    bhayamāvisi.
見て       私を    恐怖が・捉えた


○一口メモ
この偈では、反目している人々の姿を、水の少ない処にいる魚に例えています。魚は水が少なくて苦しくて、のたうち回っているのです。

反目している人々は、恐怖におびえ、苦しんでいるのです。では何がたりなくて苦しんでいるのでしょう。それは愛情です。反目している人々の心には怒りで、愛情がなくなって苦しんでいるのです。人間には、魚に水が必要なように、愛情が必要なのです。


反目し 震えおののく 人々を 目のあたりにし 戦りつ覚える<936>


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


~~~~~~お知らせ~~~~~~

◎特別連絡:7月17日(金)から7月21日(火)のゴータミー精舎における夜の自主瞑想会はお休みいたします。尚、朝5時から7時の自主瞑想回は通常通り行います。理由はワンギーサが熱海の瞑想合宿に参加するためです。しかし、朝の自主瞑想会は代理人により通常通り開催いたします。


◎ゴータミー精舎では、通常は毎日朝晩、自主瞑想会を行っています。朝5時から7時まで、および夜7時から9時まで。但し、木曜日夜7時から9時までの自主瞑想会は休みます。また変更のある場合はこの「お知らせ」で、あらかじめ報告します。詳細はワンギーサの携帯番号090-2311-9317に御連絡下さい。


◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。ランキングが上昇すると閲覧者が増えると思われるからです。御支援をお願い致します。


この記事へのコメント

kempsford
2015年07月06日 04:08
おはようございます。
先生の今朝のこの教えは、これから何度も繰り返して胸に刻みます。
『反目している人々は、恐怖におびえ、苦しんでいるのです。では何がたりなくて苦しんでいるのでしょう。それは愛情です。反目している人々の心には怒りで、愛情がなくなって苦しんでいるのです。人間には、魚に水が必要なように、愛情が必要なのです。』
深く感銘致しました。
御指導ありがとうございました。
2015年07月06日 04:31
子供の頃やった金魚すくいを思い出しました。

「怒り」で瀕死の状態のように思いました。
みき
2015年07月06日 06:33
おはようございます。
「人間には愛情が必要」の「愛情」は「慈悲」のことだと思います。世間一般に言う欲が絡んだ「愛」とかではなく、普遍的な見返りを期待しない「愛」のことなのでしょう。
ありがとうございました。
身の丈修行者
2015年07月06日 07:25
おはようございます。
本文の「反目している人々は、恐怖におびえ、苦しんでいる」心に響きます。
これまでに職場で、反目している方がお互いに辞表を盾に、相手をクビにして欲しいと経営者に訴える場面に遭遇しています。相手を排除する以外の道はないのか?と思った事があります。
お互いに足りない所を補い合って、慈しみで生きれたら、その場はとても温かくて・居心地の良い所になりますよね。
戦うような色々な事がありますので、自分は愛情・慈しみで生きれるように精進したいです。
こころざし
2016年11月23日 08:23
私事ですが、先日同僚と、過去の辛かった職場での人間関係の話になりました。自分の事は棚に上げ、人のミスを見つけ厳しく叱ってくる・でもその人自身も同じ抜けてる所があるのだが、それは触れない・・が辛かったとの話になり、違う環境に居ながら同じ話をする状態を興味深く思いました。相手にはなくても慈しみの気持ちを持って共生する姿勢、培って参りたいです。