軛(くびき)とは その原因は 何ですか 何を除けば 涅槃があるか<1108>

○少年少女のためのスッタニパータ<1108>
・・・
現代は奴隷制度などがなくなり
自由の時代だと言われていますが、
多くの人々はブッダの時代と同様に
自由ではありません。
何故でしょうか?


第5 彼岸に到る道の章 14.ウダヤ経(ウダヤ学生の問い)4.

○中村元先生訳
1108
「世人は何によって束縛されているのですか? 
世人をあれこれ行動させるものは何ですか?
何を断ずることによって
安らぎ(ニルヴァーナ)があると言われるのですか?」


○正田大観先生訳
1115.(1108) 
〔尊者ウダヤが尋ねた〕
「いったい、何が、世の束縛するものなのですか。
いったい、何が、それ(世)にとっての彷徨となるのですか。
何を捨棄することで、
それ(世)にとっての『涅槃』と呼ばれるのですか」〔と〕。(4)


○パーリ語原文
1114.
キンス      サンヨージャノー    ローコー
‘‘Kiṃsu      saṃyojano        loko,
何が・一体    束縛(軛)        世間

キンス     タッサ     ウィチャーラナン
kiṃsu      tassa      vicāraṇaṃ;
何が・一体  それの     活動させるもの

キッサッサ    ウィッパハーネーナ
Kissassa      vippahānena,
何を        放棄することで

ニッバーナン   イティ    ウッチャティ
nibbānaṃ      iti       vuccati’’.
涅槃(がある)   と      言われるのか


○一口メモ
ウダヤさんは更に三つの質問をします。
1.世人は何によって束縛されているのですか?
ここで束縛と訳された言葉はsaṃyojanoですが、辞書には「縛、結縛、束縛、軛(くびき)」等が記されています。軛は牛馬の後頸にかける横木ですが、比喩的に自由を束縛するものとして使われます。つまり、人々は何によって自由を束縛されているのかということです。

2.世人をあれこれ行動させるものは何ですか?
この問の訳は1の問いと無関係な問いとして訳されているように取れますが、1の束縛を機能させるものは何かと訳すこともできると思います。

3.何を断ずることによって安らぎ(ニルヴァーナ)があると言われるのですか?
この三つの問いの目的は三番目にあると思われますから、1.2.3.の質問は関連したものとして理解した方がよいと思います。


軛(くびき)とは その原因は 何ですか 何を除けば 涅槃があるか<1108>


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


~~~~~~お知らせ~~~~~~

◎12月4日(金)のゴータミー精舎での夜の自主瞑想会は、スマナサーラ長老の初期仏教月例講演会が開催されるため休みます。


◎ゴータミー精舎では、通常は毎日朝晩、自主瞑想会を行っています。朝5時から7時まで、および夜7時から9時まで。但し、木曜日夜7時から9時までの自主瞑想会は休みます。また変更のある場合はこの「お知らせ」で、あらかじめ報告します。詳細はワンギーサの携帯番号090-2311-9317に御連絡下さい。


◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。ランキングが上昇すると閲覧者が増えると思われるからです。御支援をお願い致します。

この記事へのコメント

kempsford
2015年11月28日 04:37
おはようございます。
ウダヤさんは、既に第四禅定にまで至った方です。その方が「何によって束縛されるか?」や、「あれこれ行動させるものはなにか?」と質問されたことが、ちょっと不思議でした。もう五蓋は克服されたはずの方なのに、なぜ?と疑問でした。でも、その質問には、「世人」とされています。ということは、ウダヤさんは、「世人」のことを心配して、ブッダにこの質問をしてくれたのではないでしょうか。「世人」を「安らぎ(ニルヴァーナ)」へと導いてあげたい、というお気持ちなのではないか、と思えるのです。もちろんこれは私の勝手な妄想です。でも、この第五章における質問が、どれも私のような凡夫を導いて下さる内容ばかりだったので、ついついそんなことを考えてしまいます。いずれにしても、明日のブッダの御回答が楽しみです。明日もまた、ご指導よろしくお願い致します。
こころざし
2015年11月28日 09:08
おはようございます。
本文の「多くの人々はブッダの時代と同様に 自由ではありません」を拝見し、共感致しました。
何に自由ではないのか?と考えた時に、生存欲かなと思いました。
そして「束縛を機能させるもの」は、生存に対する執着になりますでしょうか。
ブッダの回答から学ばせて頂きたいです。
ワンギーサ長老・皆様の今日も素晴らしい一日となりますように。
エル
2015年11月28日 20:39
 ついさっきまで、落ち着いていたはずなのにふと気がつくと何時間もネットサーフィンをしていることがあります。自由に使えるはずの数時間ですが、後々になって振り返ると、決して有意義ではありませんでした。何かによって行動させられていたように思います。
 ワンギーサ先生、古代人の質問を身近なものにしてくださって、ありがとうございました。