太陽の 親族である 釈尊の 言葉を聞いて その場で実践<1128>

○少年少女のためのスッタニパータ<1128>
・・・
先生の話を聞いたら、
その場で理解すること。
録音して後で
勉強しようとしないこと。


第5 彼岸に到る道の章 18.彼岸に到る道の結語 5.

○中村元先生訳
1128
かれらは、太陽の裔である目ざめた人・
眼ある者(ブッダ)に満足して、
優れた智慧ある人(目ざめた人)のもとで
清らかな行いを修めた。


○正田大観先生訳
1135.(1128) 
覚者によって、太陽の眷属によって、
眼ある方によって、満足させられた彼らは、
優れた知慧ある方の現前において、
梵行(禁欲清浄行)を行じおこなった。(5)


○パーリ語原文
1134.
テー    トースィター    チャックマター
Te      tositā        cakkhumatā,
彼らは   満足して      眼ある人に

ブッデーナーディッチャバンドィナー
buddhenādiccabandhunā;
ブッダに・太陽の眷属である

ブラフマチャリヤマチャリンス
Brahmacariyamacariṃsu,
梵行を行った

ワラパンニャッサ    サンティケー
varapaññassa       santike.
優れた智慧者の     もとで


○一口メモ
この偈で初めて気づかされたことは、16人の学生達と彼らの弟子達はブッダの説法を聞いたら、すぐその場で、説かれたように、そのように実践してたのだということです。

わたしは、彼らはブッダの説法を聞いて、故郷に帰ってから、実践するのだろうと思っていましたが、そうではなかったのです。これは重要なことです。


太陽の 親族である 釈尊の 言葉を聞いて その場で実践<1128>



○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


~~~~~~お知らせ~~~~~~

◎ゴータミー精舎では、通常は毎日朝晩、自主瞑想会を行っています。朝5時から7時まで、および夜7時から9時まで。但し、木曜日夜7時から9時までの自主瞑想会は休みます。また変更のある場合はこの「お知らせ」で、あらかじめ報告します。詳細はワンギーサの携帯番号090-2311-9317に御連絡下さい。


◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。ランキングが上昇すると閲覧者が増えると思われるからです。御支援をお願い致します。

この記事へのコメント

kempsford
2015年12月17日 03:56
おはようございます。
ブッダに質問をなさったバラモンの方々は、単に理法を教えて頂いただけに止まらず、さらにブッダのもとで、「清らかな行いを修めた/梵行(禁欲清浄行)を行じおこなった」のですね。過酷な状況のもと、徒歩で何日もかけて旅をされたご苦労を察すると、その精進の凄さには、ただただ驚きます。そのなかでも、ピンギヤさんは、「この時、彼は120歳」の高齢であり、「眼はよく見えなく、耳もよく聞こえない」状態であった、と1120偈の先生の解説にあります。「長い間修行して、大仙人ピンギヤと呼ばれて、1000人もの内弟子もいました」にもかかわらず、その地位に安住せず、それどころか「愚かなまま死にたくない」と願い「悲痛な叫びをブッダに訴えたのです」。壮烈なお姿です。また1120偈で、先生は「これは決して他人事ではありません」とも、私たちに教えて下さっています。幸いにも、私の場合は、スマナサーラ長老やワンギーサ長老のおかげで、「生と老いを乗り越える理法」を、既に学んでいます。あとは、その実践のみです。16名の聖者の方々の、真理を求める尊い姿を想起し、己の放逸と闘います。本日も、ご指導ありがとうございました。
こころざし
2015年12月17日 07:48
おはようございます。
すぐに実践していく大切さを実感しています。後でやろうと思う状況では、結局やらない流れになってしまうと思います。何よりこれが大切だと心から分かれば、怠けるのは損ですのでやらないととの気持ちになります。
日常では家庭や仕事の事等やることが発生しますが、気持ち的にはいつも修行と思って臨もうと思います。そんな事を記載しながら、実際はネットサーフィン等で脱線する機会が大いにありますので、戒めたいです。
ブッダの教えをおしえて下さる長老のもとで実践し、心を成長させていきたいです。
ワンギーサ長老・皆様の今日も素晴らしい一日となりますように。
シンプルなネズミ
2015年12月17日 12:26
仏教に権威やステータスを求める人は話にならない、不愉快だと思いつつも、凡夫である自分には非常に甘い自分自身がいます。
仏教に対するありきたりなイメージはどうでもいいのですが、目に映るものや今感じるものが即研究対象になるという姿勢は強調されるべきですね。
権威主義が入り込む隙がないと同時に、時間も場所もあらゆる条件も問わずに明るい気持ちになる境地を目指すということですね。

幸せでありますように。
カエルくん
2015年12月17日 23:03
ワンギーサ先生、皆様こんばんは。

「後で理解しよう」などという気持ちでは、悟りは開けないという事かなと思いながら、今日の記事を拝見しました。
エル
2015年12月18日 10:19
我が身を振り返って、反省すべきことが多いと思いました。まず、瞑想会や法話の会の帰り道、歩く瞑想をしたことがないことに今さらながら気がつきました。講演会場で階段を気づきながら降りている常連の方をお見かけしたことがあるのですが、その時の自分はまさに他人事として称賛していました。「実践が大事」とわかっていても、「教えをきいて楽しむ自分」に満足していたのだと思います。成功するためには、徹底することが大事だと思います。