欲の根を 根こそぎ抜き取る 修行者は この世あの世を ともに捨て去る<再2>

○ワン爺さんの独り言<2>
・・・
欲望は捨てられないが、
大きな欲望のために
小さな欲望を捨てることはできる。


第1 蛇の章 1蛇 2.

○スマナサーラ長老訳
池に生えた蓮華を(根こそぎ)取ってしまうように、
欲を残りなく断ってしまった修行者は
蛇が脱皮するように
この世とかの世とをともに捨て去る。


○毎田周一先生訳
池に生える蓮華を水に潜って切りとるように
愛欲を根こそぎにした
その修行者は この世とかの世とを共に捨てる
蛇が古りた皮を脱ぐように


○中村元先生訳
池に生える蓮華を、水にもぐって折り取るように、
すっかり愛欲を断ってしまった修行者は、
この世とかの世とをともに捨て去る。
──蛇が脱皮して旧い皮を捨て去るようなものである。


○正田大観先生訳
彼が、池に生えている蓮の花を〔水に〕入って〔折り取る〕ように、
貪欲〔の思い〕(貪)を残りなく断ち切ったなら、
その比丘は、此岸と彼岸を捨棄する
――蛇が、老化した旧皮を〔捨て去る〕ように。


○パーリ語原文
ヨー      ラーガムダッチダー   アセーサン
Yo       rāgamudacchidā      asesaṃ,
彼が      貪を断ち切った      残りなく

ビサプッパンワ      サロールハン  ヴィガイハ
bhisapupphaṃva     saroruhaṃ     vigayha;
蓮の花 ように      池          取って

ソー    ビック     ジャハーティ   オーラパーラン
So     bhikkhu     jahāti       orapāraṃ,
その   比丘は      捨てる      この世あの世を

ウラゴー  ジンナミワッタチャン     プラーナン 
urago     jiṇṇamivattacaṃ,       purāṇaṃ.
蛇は      古くなった皮を        古い


○一口メモ
怒りの次の課題は欲(愛欲、貪欲)です。このパーリ語はrāgaですが、この単語は煩悩を貪(欲望)、瞋(怒り)、痴(無智)の三つに分けた場合の貪(欲望)です。毎田先生と中村先生は愛欲という言葉を使っています。広辞苑によりますと、愛欲は、「①(仏教用語)対象に強く執着すること。特に妻子などを愛する情。生死界に流転する原因となる。②異性への性的な欲望。」としています。パーリ語のrāgaにも①のみならず②の意味もあるようです。

このような意味を知った上で、この偈のrāga(欲望)について考えてみましょう。前回のこの偈の解説では欲望には根があることを強調していました。通常、自分に好ましい外部刺激が感覚器官に触れると欲望が現れます。その欲望に執着すると根が生えてきます。それはいつまでも生きて生きたいという思い(生存欲)を作り出します。この偈では欲望と欲望の根を蓮の花と根(残こりなく)に譬えているのです。欲望の根が残っていると、またその根から欲望が生えてくるのです。

何故、この修行者は「池に生えた蓮華を(根こそぎ)取ってしまうように、欲を残りなく断ってしまうのでしょうか?」欲とその根が苦しみの原因であり、それを残りなく断ってしまうことが苦しみをなくすことであることを知っているからです。つまり、ブッダの教える四聖諦を熟知しているからです。

欲望が苦を作り出していることが分かっても、欲望を捨てるのは困難です。ではどうしたらよいでしょうかということを多くの人は考えます。その対策はいろいろありますが、一つの智慧を教えましょう。
ダンマパダ290番
つまらぬ快楽(欲望)を捨てることによって、広大なる楽しみ(涅槃)を見ることができるなら、
心ある人は広大な楽しみ(涅槃)を望んで、つまらぬ(欲望)を捨てよ。

「蛇が脱皮するように、この世とかの世とをともに捨て去る。」については昨日の偈で説明しました。


○前回のこの偈の解説

欲の根を 根こそぎ抜き取る 修行者は この世あの世を ともに捨て去る<2>
http://76263383.at.webry.info/201304/article_2.html


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

生きとし生けるものは幸せでありますように
生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように
生きとし生けるものの願いごことが叶えられますように
生きとし生けるものにも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


~~~~~~お知らせ~~~~~~

◎ゴータミー精舎では、通常は毎日朝晩、自主瞑想会を行っています。朝5時から7時まで、および夜7時から9時まで。但し、木曜日夜7時から9時までの自主瞑想会は休みます。また変更のある場合はこの「お知らせ」で、あらかじめ報告します。詳細はワンギーサの携帯番号090-2311-9317に御連絡下さい。


◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。ランキングが上昇すると閲覧者が増えると思われるからです。御支援をお願い致します。

この記事へのコメント

kempsford
2016年01月14日 03:50
おはようございます。
…「欲の根とはいったい何でしょうか? それは、『何としても生きていたい』『死ぬのは嫌だ』とい生存欲です(2/Apr/2013ワンギーサ先生解説)」。…「原始脳」は、本当に厄介です。なぜならば「生きていきたい」「死にたくはない」という指令を出すのは、原始脳だからです。まさに「獣の脳」ですね。でも対策があります。「サティの実践で『欲』が消える」と、スマナサーラ長老が説かれているのです。「渇愛は、私たちが集中していないから、集中力がないから出てくる問題なのです(スマナサーラ長老・原訳スッタニパータ)」。私の場合、「欲」に関して最初に取り組むべきことは、あまりにも明白です。それは「食事の節度」です(ダンマパダNo7 2/Apr/2013ワンギーサ先生解説)。即ち、「食事の観察」を完璧に記憶するか、あるいは常に携帯しなければならない、ということになります。と同時に、「『食欲』のようなつまらない欲望を捨てることによって広大な楽しみ(涅槃)を見る」というダンマパダ290番の智慧に学ばなければなりません。頑張ります。本日も、ご指導ありがとうございました。
こころざし
2016年01月14日 07:49
おはようございます。
放っておくと欲にまみれた状態になると思います。
ですが、本文を拝見し、涅槃を目指すという目標を持てば欲は比較的容易に捨てれるように思いました。
その大きな欲望のために 小さな欲望を捨てたいと思います。
ワンギーサ長老・皆様の今日も素晴らしい一日となりますように。
SRKWブッダ
2016年01月14日 09:34
蓮華は、根を一つにして群生している。この場合、これは衆生の譬えである。それを折り取ることは、衆生を離れることを意味している。すなわち、解脱である。

一方、蛇の脱皮は、衆生が余計なものを脱ぎ捨てるべきことを譬えている。脱ぎ捨てるべきものは苦の体たるこの名称と形態(nama-rupa)である。これももちろん、解脱を意味している。

***
巾着飴入れ
2016年01月14日 11:52
生きとし生けるものは幸せでありますようにと
至れるように、まず慈悲の瞑想を教えていただけます
そこで、、うれしさも現れ、お坊様方先輩方々への、ありがたく甘えたい気持ちが生まれます、生きとし生けるものへも甘えたい気持ちが現れます

そしてそれは自分成長につながらないからと、あえて心離れ自分の成長を目指します、成長して甘えがなくなったら、もう同志です。恩師ではあるけども同士です、ブッダを師匠とする同士です
シンプルなネズミ
2016年01月14日 21:14
この信用ならない宇宙。
私にとっての最高の道も最高の女性も明快に決まっています。最低のエゴの塊みたいな女性は嫌です。

釈尊存命時の仏弟子達がうらやましいのです。釈尊の圧倒的な人間力によってあっさりと命の執着まで捨てられたらどれほど幸せなことでしょう。
エゴ、エゴ、エゴ…どうしようもないエゴに貴重なエネルギーを欠損させられたくはありません。

幸せでありますように。
エル
2016年01月15日 13:23
 我が家から少し足をのばせば、毎年黄色の蓮が咲き乱る公園があります。「心洗われる」気分になるほど美しいので、花の季節を楽しみにしています。通常仏教の象徴のように描かれるこの蓮が「欲」の象徴として描かれていることに、私は戸惑いを覚えました。これを苦しみのもとであり、「根こそぎ取ってしまう」べき対象と認識するには、勇気も覚悟も必要だと思いました。