人は皆 交際すれば 情ができ 苦労するので 一人で歩く<再36>

○ワン爺さんの独り言<36>
・・・
愛情は苦しみのもとになるが、
真のやさしさは
苦しみのもとにならない。


36.第1 蛇の章 3.犀角経 2.

○毎田周一先生訳

人と触れ合えば愛着が生じる
その愛着からこの苦しみが生じる
愛着のもつ危険を見抜いて
犀の角のようにただ一人歩いてゆかう


○中村元先生訳

交わりをしたならば愛情が生じる。
愛情にしたがってこの苦しみが起こる。
愛情から禍い(わざわい)の生じることを観察して、
犀の角のようにただ独り歩め。


○正田大観先生訳

〔異性との〕交わりが生じた者には、愛執〔の思い〕が有る。
愛執〔の思い〕に従い、この苦しみが生起する。
愛執〔の思い〕から生じた〔この〕危険を〔あるがままに〕見る者は、
犀の角のように、独り、歩むもの。


○パーリ語原文

サンサッガジャータッサ   ババンティ   スネーホー
Saṃsaggajātassa       bhavanti     sneho,
交際が生じた者には    ある        愛情が

スネーハンワヤン   ドゥッカミダン      パホーティ
snehanvayaṃ      dukkham idaṃ    pahoti;
愛情に従って      苦     この    生じる

アーディーナワン  スネーハジャン   ペッカモーノー
ādīnavaṃ       snehajaṃ       pekkhamāno,
苦労を        愛情から生じた   観察する者は

エコー   チャレー    カッガウィサーナカッポー
eko      care       khaggavisāṇakappo.
一人で   行こう     犀の角のように


○一口メモ
この偈では、ことの起こりを順番に述べられています。人が交際します。交際の始まりは五種類あると注釈書には書かれています。相手を見て、相手の声を聞いて、相手にさわって、相手と会話して、相手と会食してなどです。いずれにせよ交際が始まると、愛情が生まれます。皆さんもその通りだと思うでしょう。しかし、普通は次の過程が見えなくなる、あるいは見なくなるのです。

その過程をありのままに観るならば、この偈に述べられている通りに、愛情に従って苦しみが生じるのことが分かるのです。交際する二人は別の人間ですから、趣味や好みやが異なります。ですから必ず意見が分かれるのです。意見が分かれるとそこに対立が生まれ、苦が生じるのです。これが愛情から生じる苦労、禍、危険です。

これは愛情から生じる微妙な苦ですが、愛情から生じる苦はその他にも色々あります。この愛情を維持しようといろいろ苦労をしますし、また愛情は嫉妬などで憎しみに変わることもあります。これらは苦しみです。

これらの愛情から生まれる苦難・危険を避けようとする者は、愛情が生まれる交際を避けて、犀の角のように一人行くのです。

一方、真の慈悲喜捨を体得した人は、愛情に対して執着がありませんから、愛情が生じても苦難・危険が生じません。


○前回のこの偈の解説

人は皆 交際すれば 情ができ 苦労するので 一人で歩く<36>
http://76263383.at.webry.info/201305/article_6.html


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

生きとし生けるものは幸せでありますように
生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように
生きとし生けるものの願いごことが叶えられますように
生きとし生けるものにも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


~~~~~~お知らせ~~~~~~

◎ゴータミー精舎では、通常は毎日朝晩、自主瞑想会を行っています。朝5時から7時まで、および夜7時から9時まで。但し、木曜日夜7時から9時までの自主瞑想会は休みます。また変更のある場合はこの「お知らせ」で、あらかじめ報告します。詳細はワンギーサの携帯番号090-2311-9317に御連絡下さい。


◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。ランキングが上昇すると閲覧者が増えると思われるからです。御支援をお願い致します。

この記事へのコメント

kempsford
2016年02月17日 04:36
おはようございます。
兄弟でありながら、愛欲のためにお互いに争い、ついには殺し合いにまで至ってしまった王子たちの話を、スマナサーラ長老が以前紹介されていました。愛欲は頭を狂わせると、そこで長老は説かれています。また、ワンギーサ長老は、愛欲とは所詮は妄想ですよ、と教えて下さっています。でも、一般社会では「愛」はかけがえのない大切なものです。そこから抜け出すには、必死の努力が必要ですね。ご指導ありがとうございました。
こころざし
2016年02月17日 07:36
おはようございます。
寂しいので・暇なのが嫌なので、お付き合い出来る人を求めて、さ迷った事があります。関りがなければありえない様々な(アホな)体験をその後しています。自分の程度を思い知るような機会でした。
自分一人でも自立して生きてく大切さをしり、そしてその方が善友に恵まれると実感しています。そしてもっと心を成長させていきたいです。
ワンギーサ長老・皆様の今日も素晴らしい一日となりますように。
エル
2016年02月17日 10:28
 愛情も打算も両方危険なのですね(笑)。パートナーに執着せず、かといって無責任にもならない関係が理想なのだと思いました。現実には、修行のレベルが上がると、愛情関係も含め、在家らしい生活から徐々に離れていくのではないかと思います。
 愛(欲・情)というのは一気に視野が狭くなる激情のように感じます。心を観察する姿勢を保ち続けられるよう努力します。