森の鹿 自由に歩く 食求め 智慧ある人も 一人で歩く<再39>

○ワン爺さんの独り言<39>
・・・
痩せた自由な狼のように生きるか。
肥った飼われた犬のように生きるか。
それは各自の選択でしょう。


39.第1 蛇の章 3.犀角経 5.

○毎田周一先生訳

野獣が林の中を捉はれなく
何処でも食を求めてゆくのと同じく
目ざめた人の自在なのを見て
犀の角のようにただ一人歩いてゆこう


○中村元先生訳

林の中で、縛られていない鹿が
食物を求めて欲するところに赴くように、
聡明な人は独立自由をめざして、
犀の角のようにただ独り歩め。


○正田大観先生訳

縛られていない〔野生の〕鹿が、
林のなかで求めるままに餌場に行くように、
識者たる人は、独存〔の境地〕を〔あるがままに〕見る者として、
犀の角のように、独り、歩むもの。


○パーリ語原文

ミゴー  アランニャンヒ   ヤター    アバッドー
Migo    araññamhi      yathā     abaddho,
鹿が   林における     ように    縛られてない

イェーニッチャカン    ガッチャティ   ゴーチャラーヤ
yenicchakaṃ       gacchati      gocarāya;
求める所へ        行く        餌場へ

ウィンニュー  ナロー   セーリタン   ペッカマーノー
viññū       naro    seritaṃ     pekkhamāno,
智慧のある  人が    独存を     観察して

エーコー   チャレー     カッガウィサーナカッポー
eko       care       khaggavisāṇakappo.
一人で     行く       犀の角のように


○一口メモ
林の中の野生の鹿は、自由にえさのある所を探して行きます。家畜は縛られたり、おりの中に入れられていて自由に行動できないのです。家畜は飼い主の与えるえさに依存して生きているから自由ではないのです。野生の動物はそのようなえさに依存していないため自由です。しかし、野生の動物は食べ物が得られないという危険性はあります。もっとも家畜の場合は豚や牛のように食べられてしまうかもしれないという命の危険性はあるのです。

この偈では智慧ある人は、野生の動物のように「独存」しているというのです。セーリタというパーリ語は辞書に「独存」という訳がのっています。中村先生は「独立自由」と訳されていますが、これは分かりやすい訳だと思います。智慧ある人は、何ものにも依存していませんから、そのため執着もないのです。このような人は独立自由なのです。そのような境地を見た人は、何にも依存しないように、犀の角のように一人行くのです。

毎田先生は、パーリ語のミゴーを鹿でなく、野獣と訳されています。家畜に対して野生の動物と言うことを強調したいという意図だと思います。


○前回のこの偈の解説

森の鹿 自由に歩く 食求め 智慧ある人も 一人で歩く<39>
http://76263383.at.webry.info/201305/article_9.html


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

生きとし生けるものは幸せでありますように
生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように
生きとし生けるものの願いごことが叶えられますように
生きとし生けるものにも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


~~~~~~お知らせ~~~~~~

◎ゴータミー精舎では、通常は毎日朝晩、自主瞑想会を行っています。朝5時から7時まで、および夜7時から9時まで。但し、木曜日夜7時から9時までの自主瞑想会は休みます。また変更のある場合はこの「お知らせ」で、あらかじめ報告します。詳細はワンギーサの携帯番号090-2311-9317に御連絡下さい。


◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。ランキングが上昇すると閲覧者が増えると思われるからです。御支援をお願い致します。

この記事へのコメント

kempsford
2016年02月20日 03:51
おはようございます。
私の実家では以前牛が一頭飼われていました。ただ寝て食べるだけの場所で生きていました。子供の頃、いつも「かわいそう」と感じていました。でも、餌は確保されており、飢える苦しみはありません。一方、野生の牛たちは、餌だけでなく、自らが食べられてしまう危険があります。でも、自由です。自由がなければ、修業ができません。いつまでも苦しみ続けねばなりません。それは御免です。ご指導ありがとうございました。
こころざし
2016年02月20日 06:07
おはようございます。
飼われて・自由がない状態ですと、それに依存して生きている事にも気が付かないと思います。
また、長老に教えて頂いている事に依存しない、との意味もあるように感じました。自分で実践して確かめて・・の自分次第になりますよね。
自ら依存に走るような愚行(無知?)をせず、心が成長出来るような生き方をして参りたいです。
ワンギーサ長老・皆様の今日も素晴らしい一日となりますように。
てくてく
2016年02月21日 09:33
おはようございます。
てくてくと申します。
書き込み失礼いたします。
行き過ぎてしまうことを恐れずに書きますことお許しください。

自分は、pekkhamānoという単語に注目しました。pekkha:観ずる+māno:意・心だから、心を対象にして説かれているのだと思いました。
そのように心に注目して前半の鹿の例を読むと、一見して縛られていない林の鹿も、実際は、求める所、餌場を対象にして、心が縛られていると思いました。
seritaṃを辞書で引くと、独存、自存の性とありました。
独存という単語のままでは分からないので、独と存のそれぞれの漢字の意味を調べて推察しました。
独はただひとつ。
存は保ち持つ。
これをまとめると、智慧のある人がただひとつ保ち持つを心に観察して、というような様子かなと思いました。
修行者がただひとつ保ち持つ心とは、どのようなものかなと考えています。
自分は、二通り考えました。
一つは、pekkhamānoのmānoを複数系でとって考えました。いくつあるか分からない心を智慧ある人がただひとつ保ち持つを観察して、という様子。これは、専門の用語をお借りすると、心の統一を観察して、と説かれているのかなと思いました。

二つ目は、修行者がただ一つ保ち持つ心はなんだろう?ということです。自分は、それは、「信」と考えています。それは、何か特定の対象に対する「信」というのではなくて、修行者が心に確定しているもの、と思いました。
エル
2016年02月21日 09:39
私は、既に太った「飼われた犬」として世間的に見れば十分恵まれた生き方をしています。しかし「理想の飼い犬」像に疑問を感じた以上は、真の幸福を求めて「狼」を目指すより他はありません。