杭を打ち 牛確保する 牛飼いは 神望むなら 雨を降らせと<再28>

○ワン爺さんの独り言<28>
・・・
自分の持物や財産を
しっかり確保して、増やしても
幸福になるためには、
見当違いの思いこみです。


28.第1 蛇の章 1ダニヤ経 11.

○毎田周一先生訳

杭は深く揺るがぬように打ちこまれた
             と牛飼いダニアはいった
ムンジャ草の縄は新たにしつかりとなわれた
子牛達がそれを到底切ることができないように
さあ若し降らそうと思うなら 神よ雨をふらせるがよい


○中村元先生訳

牛飼いダニヤがいった、
「牛を繋ぐ杭は、しっかり打ち込まれていて揺るがない。
ムンジャ草でつくった新しい縄はよくなわれている。
仔牛もこれを断つことができないであろう。
神よ、もし雨を降らそうと望むなら、雨を降らせよ。」


○正田大観先生訳

牛飼いのダニヤが〔言った〕
「〔深く〕掘られた諸々の杭は揺るぎなく、
ムンジャ〔草〕で作られた諸々の縄は新しく、善く綯[な]われています。
まさに、乳牛たちでさえも、断ち切ることはできないでしょう。
しかして、天よ、もし、望むなら、雨を降らせよ」と。


○パーリ語原文

キリー  ニカーター   アサンパウェーディ
Khilā    nikhātā     asampavedhī,
杭     掘った     揺るがない

イティ   ダニヨー   ゴーポー
(iti     dhaniyo    gopo)
と     ダニヤ    牛飼い   

ダーマー ムンジャマワー   ナワー  スサンターナー
Dāmā    munjamayā      navā    susaṇṭhānā;
縄は    ムンジャ草製の   新しい  よくなわれた

ナ   ヒ   サッキンティ      デーヌパーピ    チェットゥン
Na   hi    sakkhinti         dhenupāpi      chettuṃ,
ない 実に  でき(ない)だろう   子牛(乳牛)も   切断することは

アタ   チェ   パッタヤスィー   パワッサ   デーワ
Atha   ce     patthayasī      pavassa    deva.
また   もし   望むならば     雨を降らせ  神よ


○一口メモ
ダニヤさんは、世尊の教えに聞く耳を持たぬかのように、自分の財産である牛の確保に努めます。牛をつなぎとめる杭を深く揺るがないように地中に打ち込みます。さらにムンジャ草でできた新しい強い綱をない、牛達をしっかりとつなぎ止めるのです。これならば、子牛(乳牛)も切断できないだろうと安心するのです。

自分の物と言う意識は非常に強いものです。それが幻想、虚構、妄想だと言われても信じられないのです。せめて自分の物ではなく、ある期間借りているものであることもなかなか納得いかないと思います。しかし、自分の物という意識が多くの悩み、苦しみを作り出しているのです。

正直な話し、自分の物でなければ無くなっても苦しみません。心の優しい方は他人の物がなくなっても、心配になって苦しむでしょうが、普通はそうではないでしょう。親子関係の問題も、親は子供を自分のものと思っているからトラブルになることが多いのです。親にとって子供は自分のものではなく、別の人格を持つ人間だと思えれば多くの親子の問題は解決します。

本当に自分のものはないと思えれば、所有欲も少なくなり、欲しい欲しいという物欲も少なくなるでしょう。所有欲がなくなり、所有権争いもなくなるでしょう。しかし、実状は異なります。

どのようにしたら自分の物という意識が少なくなり、さらになくすことができるでしょうか。実は、それは世尊によって牛飼いダニヤに語られてきたことなのです。それが、直接の答えではないように思われますが、世尊が語られたようにして、だんだん心を成長させて、幻想、虚構、妄想にとらわれている心を解放することが、自分の物という意識をなくすのです。それはダニヤが気づかない苦しみをなくすことなのです。


○前回のこの偈の解説

杭を打ち 牛確保する 牛飼いは 神望むなら 雨を降らせと<28>
http://76263383.at.webry.info/201304/article_28.html


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

生きとし生けるものは幸せでありますように
生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように
生きとし生けるものの願いごことが叶えられますように
生きとし生けるものにも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


~~~~~~お知らせ~~~~~~

◎2月11日から2月15日まで熱海に瞑想合宿があり、ワンギーサ比丘はそれに参加しますが、ゴータミー精舎における朝の自主瞑想会は代理人により通常通り開催します。しかし、この期間の夜の自主瞑想会は行いませんので、御注意お願いします。


◎ゴータミー精舎では、通常は毎日朝晩、自主瞑想会を行っています。朝5時から7時まで、および夜7時から9時まで。但し、木曜日夜7時から9時までの自主瞑想会は休みます。また変更のある場合はこの「お知らせ」で、あらかじめ報告します。詳細はワンギーサの携帯番号090-2311-9317に御連絡下さい。


◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。ランキングが上昇すると閲覧者が増えると思われるからです。御支援をお願い致します。

この記事へのコメント

kempsford
2016年02月09日 03:51
おはようございます
「眼は無常です。無常たるものは苦です。無常で苦である現象は私ではない、『私のもの』ではない(スマナサーラ長老24/May/2015ウェーサーカ祭)」。この「私のもの」が、本当に厄介です。「正直な話し、自分の物でなければ無くなっても苦しみません」とはワンギーサ長老の教えです。我が身を振り返ると、まったくその通りです。恥ずかしいほどです。これでは苦しみが消えるはずがありませんね。ご指導ありがとうございました。
こころざし
2016年02月09日 06:04
おはようございます。
自分のものや、自分のものにしたいという思いは強いと思います。またそのような見方しか出来ていない印象も感じます。
無常を観察していく事で、そのような頑固な見解が誤っていると少しずつ分かっていくように思います。
日々冥想実践を行っていきたいです。
ワンギーサ長老・皆様の今日も素晴らしい一日となりますように。
エル
2016年02月09日 08:11
最近求人情報をインターネットで毎日チェックしています。いろいろな条件を比較して、地図や周辺情報も調べます。時間はかかり目は疲れ、効率的かどうか分かりません。「自分のもの」を増やしたいという衝動につき動かされているのだと感じます。