打算から 友を求める 人多く 無心の友なく 一人で歩く<再75>

○ワン爺さんの独り言<75>
・・・
修行の始めも
修行の中間も
修行の完成にも
善友が必要です。


75.第1 蛇の章 3.犀角経 41.

○毎田周一先生訳

当てがあって交際し奉仕する友はあっても
無心で一切を許し合う友は今や得難い
自分の利益だけを見ている人は汚らわしい
犀の角のようにただ一人歩いていこう


○中村元先生訳

今の人々は自分の利益のために、交わりを結び、また他人に奉仕する。
今日、利益をめざさない友は、得がたい。
自分の利益のみを知る人間は、きたならしい。
犀の角のようにただ独り歩め。


○正田大観先生訳

〔人々は〕義(利益)を動機として、〔他者と〕親しみ、そして、慣れ親しむ。
今日、〔打算的〕動機なき〔真の〕朋友たちは、得難きもの。
自己を義(利益)とする知慧(自己本位の断片的知識)ある人間たちは、不浄である。
犀の角のように、独り、歩むがよい。ということで――(41)


○パーリ語原文

バジャンティ   セーワンティ チャ    カーラナッター
Bhajanti      sevanti      ca     kāraṇatthā,
交わり       仕える     と     利益を理由として

ニッカーラナー  ドゥッラバー  アッジャ   ミッター
nikkāraṇā      dullabhā     ajja      mittā;
理由のない    得難い     今日     友

アッタッタパンニャー  アスチー   マヌッサー
Attaṭṭhapaññā       asucī     manussā,
自分の利益の智慧   不浄の   人間たちは

エーコー  チャレー    カッガウィサーナカッポー
eko      care       khaggavisāṇakappo.
一人     行こう      犀の角のように


○一口メモ
ついに、「犀の角経」の最後の偈になりました。この偈の意味はそれほど難しくないと思います。しかし、なぜこの偈が「犀の角経」の最後の偈なのかということは、それほど分かりやすいことではないと思います。その点に関して、少し考えてみましょう。

始めにこの偈の意味を確認しておきたいと思います。世間の人々は、自分の利益のために人と付き合うのが常であります。そのため、その利益をめざさない友達は得難いと述べられています。この事実は現代も、古代インドでも同じなのですね。打算のない友情関係、そのような友は得難いものだとこの偈では述べています。

二行目「今日、利益をめざさない友は、得がたい。」を毎田先生は「無心で一切を許し合う友は今や得難い」と訳されています。「無心で一切を許し合う友」がいれば、お互いに相手を正しく忠告できるのです。自分の思っていることを、お互いに率直に言うことができますから、自分の短所や過ちも分かるようになるのです。

仏道修行の始めに、即ち発心においても、修行の中間で、怠けたり、停滞することがあっても、利益をめざさない友の叱咤激励で前進できます。また、修行の最後の段階の解脱の契機においても得難い友、善友は決定的な役割があるのです。

三行目の「自分の利益のみを知る人間は、きたならしい。」「自分の利益だけを見ている人は汚らわしい」です。自分の利益だけを見ている人間は、正しく言ってくれません。自分の利益に反することならば、嘘でも言うことがあります。そのような人間と付き合えば、そのような人間と一緒に地獄に行くことにもなるでしょう。

この偈は、仏道修行における善友の重要性を述べたものなのです。ですから、「犀の角経」の最後に述べられたものなのです。

私事を述べれば、このブログを書くことは、一人で行うことですから、犀の角のように一人で歩くことですが、このブログを続けることは、毎日このブログにコメントをして下さる方、また読んで下さる皆さまからエネルギーをもらっているおかげなのです。これらの人々は私にとって、素晴らしい善友なのです。


○前回のこの偈の解説

打算から 友を求める 人多く 無心の友なく 一人で歩く<75>
http://76263383.at.webry.info/201306/article_14.html


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

生きとし生けるものは幸せでありますように
生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように
生きとし生けるものの願いごことが叶えられますように
生きとし生けるものにも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


~~~~~~お知らせ~~~~~~

◎ゴータミー精舎では、通常は毎日朝晩、自主瞑想会を行っています。朝5時から7時まで、および夜7時から9時まで。但し、木曜日夜7時から9時までの自主瞑想会は休みます。また変更のある場合はこの「お知らせ」で、あらかじめ報告します。詳細はワンギーサの携帯番号090-2311-9317に御連絡下さい。


◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。ランキングが上昇すると閲覧者が増えると思われるからです。御支援をお願い致します。

この記事へのコメント

kempsford
2016年03月27日 03:50
おはようございます。
「karanattha(karana原因 attha利益):利益を理由として」・「Attatthapanna(atta自分attha利益panna智慧):自分の利益の智慧」。このような心で他者と交わるようなことがあってはならない。他者を云々する前に、まずは自分自身です。私は最初に己を戒めねばなりません。本偈文は、そのことを私に教えて下さっているものだと受けとめました。「犀の角経」の最後の教えを胸に刻ませて頂きます。指導ありがとうございました。
kempsford
2016年03月27日 03:51
〇「犀の角経」41偈を終えて
スッタニパータから私が真っ先に想起するのは、「犀の角経」です。なぜかというと、そこでは、「修行者の覚悟」が突き付けられているからです。「善く生きる」。それは、かくも厳しいものである。だからお前も、いい加減に覚悟を決めろ。そう叱責されているようです。改めて再認識致しました。これも、先生が私達の願いを叶えて下さり、再度スッタニパータの講義を実施して下さったおかげです。ありがとうございました。
こころざし
2016年03月27日 07:43
おはようございます。
仏道実践を自分なりに行う中で、人との関りについて考える時があります。自分も相手も嬉しい接し方はなかなか難しい面もあるかと思います。そのような意味で犀の角経で大切な事を教えて頂いたと感じています。
先日家族で宗教談になりました。お題目を唱えて・信じれば明るくなるならそれで良いじゃないか等と語る家族に対し、自分の主観を述べる事は避けました。
何が大事なのかを学び、そして人や環境に左右されずブレずに、道を犀の角経で教えて頂いたことを元に進んで参りたいです。
ワンギーサ長老・皆様の今日も素晴らしい一日となりますように。
鹿野苑の馬鹿凡
2016年03月28日 01:44
ワンギーサ先生
毎日新鮮なダンマをお届け下さり誠にありがとうございます。

(1)もしも、私に親友と呼べる友達がいたならば、彼は自分の利害得失(損得勘定)を抜きにして私の幸福を願い(慈)、困っている私のことを心配し、たとえ彼自身にとっては不利益なことであってもそれを甘受して私を援助し(悲)、あるいは私が何かに成功すれば、彼は自分のことのように喜んで(喜)くれることでしょう。そのような親友は貴重です。

しかしながら、それだけでその友達は、「善友」と言えるのでしょうか?
この点、もしもその友達が、苦を減らしたり苦を無くしたりする原因となる「善」と、それとは反対に苦を生ぜしめたり苦を増やしたりする原因となる「悪」とを正しく明確に見分けることができる智慧を持つ人でないならば、彼は真の「善友」とは言えないのだと思います。
私も友達もそのような智慧を欠いていたならば、彼は、私が幸せになれるものと信じて一緒に酒を飲んで暴れたり、私に敵対する人がいると思えば、私と一緒になってその人を騙して陥れたり、極端な場合にはその人を殺害しようとするかもしれません。しかし、それでは、かえって苦が増すばかりの不幸な結果となってしまいます。
((2)に続く)
鹿野苑の馬鹿凡
2016年03月28日 01:47
(2)したがって、私たちに「本当に善きこと」のみをもたらす「善友」とは、智慧と慈悲の双方を兼ね備えた人でなければならないと言うべきです。
ここに真の意味で「智慧と慈悲を兼ね備えたお方」とは、言うまでもなく「ブッダ」のことに他なりません。

そして、私たちは、「智慧と慈悲を兼ね備えたブッダ」、「智慧と慈悲の教えであるダンマ」、並びに「智慧と慈悲の実践者集団であるサンガ」に親しみ、かかる仏・法・僧を心の拠り所とすることによってこそ、現実に「苦を減らし、苦を無くしていく」という「善友の恩恵」に浴することができるのだと考えます。

貴ブログを通じて皆様に智慧の光が降り注ぎますように
生きとし生けるものが幸せでありますように
エル
2016年04月03日 00:43
 新しい職場で、新しい人間関係ができつつあります。よい人間でありたいと思っても、物惜しみや功名心から葛藤することがあります。修行が進めば、自ずと善友として周囲に接することができるのかなと思いました。その意味では、修行は他者のためにもなると思います。
 今回は、善友とはきっかけをつくる存在であることを学びました。決して今現在完璧な人間である必要はないのだと思います。生存欲を動機として交友しない人、あるは現実はともかくとしてもそのような交際を理想として認識している人に出会える機会は、仏教の根付いていない日本では早々ありません。ブログへのコメントが増えるといいですね。
たか坊
2016年05月17日 12:04
「犀の角経」で、何を学んだのか?
振り返りながら、コツコツ精進して行きます!
また今回も、
明るく楽しく学べたコトを嬉しく思います♪