没落の 原因何か 私達 世尊に聞きに まいりましたよ<再91及び92>

○ワン爺さんの独り言<91.92.>
・・・
真理を愛する人は幸福になり、
真理を嫌う人は不幸になる。
と言われるが、
真理とは何だろう。


第1 蛇の章 5.没落経 1.2.

○毎田周一先生訳
91.
私達はゴータマに没落する人のことをお尋ねします
どこに没落する人の没落の始まりがあるのでしょうか
それをお尋ねするために
世尊の処へまいりました 

92.
栄えるものが誰か
没落するものが誰かを知ることはたやすい
真理を愛好するものは栄え
真理を嫌うものは没落する


○中村元先生訳
91.
「われらは、<破滅する人>のことをゴータマ(ブッダ)におたずねします。
破滅への門は何ですか? 
師にそれを聞こうとして
われわれはここに来たのですが、──。」

92.
(師は答えた)、「栄える人を識別することは易く、
破滅を識別することも易い。
理法を愛する人は栄え、
理法を嫌う人は敗れる。」


○正田大観先生訳
91.
〔天神が尋ねた〕「ゴータマ〔姓〕の方(ブッダ)よ、
滅びつつある人のことを、わたしたちは尋ねます。
〔わたしたちは〕世尊(ブッダ)に問い尋ねるために、やってまいりました。
何が、滅びつつある者の入り口ですか」〔と〕。(1)

92.
〔世尊は答えた〕「識知し易い者として、栄える者は〔世に〕有ります。
識知し易い者として、滅びの者は〔世に有ります〕。
法(真理)を欲する者として、栄える者は〔世に〕有ります。
法(真理)を嫌う者として、滅びの者は〔世に有ります〕」〔と〕。(2)


○パーリ語原文
91.
パラーバワンタン   プリサン
‘‘Parābhavantaṃ   purisaṃ,
没落する        人を

マヤン  プッチャーマ   ゴータマ
mayaṃ   pucchāma     Gotama
私達は   質問する     ゴータマに

バガワンタン     プットゥ マーガンマ
Bhagavantaṃ    puṭṭhum āgamma :
世尊に        問うべく 来た

キン   パラーバワトー   ムカン
kiṃ    parābhavato     mukhaṃ. ’’
何が   没落する人の   入口

92.
スウィジャーノー   バワン       ホーティ
‘‘Suvijāno       bhavaṃ       hoti,
分かりやすい     繁栄する人は  ある  

スウィジャーノー   パラーバヴォー
suvijāno         parābhavo :
分かりやすい     没落する人は

ダンマカーモ     バワン     ホーティ
dhammakāmo     bhavaṃ      hoti,
法を欲する人は   繁栄する人   である

ダンマデッスィー    パラーバヴォー
dhammadessī     parābhavo.’’
法を憎む人は     没落する人


○一口メモ
今回から、25の偈からなる「没落経」が始まります。私にはこの経も大切な、重要な経だと思います。なぜならば、繁栄と没落を分けるもの、別の言葉で言えば幸福と不幸を分けるものを明らかにしているからです。それは真理に対する態度でありです。すなわち、真理を愛するものは繁栄し、真理を嫌うものは没落するということです。この経では、明日からの偈によって、具体的に真理とは何か知ることができます。真理などどうでもよいと言えなくなるのです。

91、92偈はその基本です。これ以降具体的な事柄で真理が明らかになっていきます。

この経には、「序」があります。この序で、誰が世尊に質問したか書かれていますが、誰が質問したかは重要な問題ではないのです。私達一人ひとりが世尊に質問すべきことがらなのです。しかし、参考のために、中村先生訳の「序」を以下に掲載します。

(序)「わたしが聞いたところによると、──あるとき師(ブッダ)は、サーヴァッティーのジェータ林、<孤独なる人々に食を給する長者>の園におられた。そのとき一人の容色麗しい神が、夜半を過ぎたころ、ジェータ林を隈なく照らして、師(ブッダ)のもとに近づいた。近づいてから師に敬礼して傍らに立った。そうしてその神は師に詩を以て呼びかけた。」以上引用。


○前回のこの偈の解説

没落の 原因何か 私達 世尊に聞きに まいりましたよ <91>及び
真実を 愛する者は 繁栄し 真実嫌う 者没落する <92>
http://76263383.at.webry.info/201306/article_33.html


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

生きとし生けるものは幸せでありますように
生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように
生きとし生けるものの願いごことが叶えられますように
生きとし生けるものにも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


~~~~~~お知らせ~~~~~~

◎4月22日(金)はゴータミー精舎において、スマナサーラ長老のパーリ経典解説がありますので、夜の自主瞑想会は中止します。是非この経典解説に参加して下さい。


◎4月27日から5月5日まではワンギーサ比丘が、朝日カルチャー、関西ウェーサーカ祭及び熱海に瞑想合宿に参加するために、ゴータミー精舎における夜の自主瞑想会は中止します。しかし、朝の自主瞑想会は代理人により通常通り開催します。


◎ゴータミー精舎では、通常は毎日朝晩、自主瞑想会を行っています。朝5時から7時まで、および夜7時から9時まで。但し、木曜日夜7時から9時までの自主瞑想会は休みます。また変更のある場合はこの「お知らせ」で、あらかじめ報告します。詳細はワンギーサの携帯番号090-2311-9317に御連絡下さい。


◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。ランキングが上昇すると閲覧者が増えると思われるからです。御支援をお願い致します。

この記事へのコメント

kempsford
2016年04月17日 03:54
おはようございます。
人々のよくない行為を禁止するために、宗教では「脅し」が頻繁に使用されています。その代表格が「そんなことをすると、又は、この神を信仰しないと、地獄で永遠に苦しむぞ」といった脅迫です。一方、ブッダの教えにはそんな脅しは皆無です。でもアビダンマを学ぶと、不善行為など、とても怖くてできなくなります。ブッダはまさに「無上の調御丈夫anuttaro purisa damma sarathi」です。ご指導ありがとうございました。
こころざし
2016年04月17日 05:29
おはようございます。
日常の生き方次第で幸福にも不幸にもなる事、恐ろしく感じます。知らずに不幸になるのも嫌ですし、知ってて不幸になるのはもっと避けたいと思います。
是非幸福になれるように、今・ここを生きて参りたいです。
ワンギーサ長老・皆様の今日も素晴らしい一日となりますように。
エル
2016年04月20日 22:41
「困った時の神頼み」は古代の常識だと思います。質問者が神であることは、実は神も没落の原因をよく知らなかったということを示しており、質問者が誰であったのかは当時の人(あるいは現代でも本心から神頼みする人)にとっては意味のあることだと思いました。
 今回の偈を読んで不思議だったのは、「ではそもそも法を知らない人」はどうなのかということです。多かれ少なかれ真理について知識や洞察を得た後の態度のことを述べているのでしょうか。