預流果者は 悪犯すこと ありとても 隠すことなし 幸せであれ<再232>

○ワン爺さんの独り言<232>
・・・
自分がした悪いことを
隠さず、懺悔することは
本当に勇気がいることです。
それを自分ができるか
自分に問えば分かります。


第2 小さな章 1.宝経 11.

○日本テーラワーダ協会訳
11.
身、口、意にて悪を犯すことになりとても、
彼はそれを隠蔽すること能わず。
知見に達した者は隠蔽しること能わずと言わるるなり。
此は僧(サンガ)が勝宝たる由縁なり。
この真実により、
幸いあらんことを。


○中村元先生訳
232
またかれが身体によって、ことばによって、またはこころの中で、たとい僅かなりとも悪い行為をなすならば、
かれはそれを隠すことができない。
隠すことができないということを、究極の境地を見た人は説きたもうた。
このすぐれた宝が<つどい>のうちに存する。
この真理によって幸せであれ。


○正田大観先生訳
235.(232) 
たとえ、何であれ、彼が、身体によって、言葉によって、あるいは、また、心によって、悪しき行為(業)を為すとして、
彼が、それを隠し立てすることは有りえない。
〔涅槃の〕境処を見た者にとって、〔それは〕有りえないことと説かれた。
これもまた、僧団における、妙なる宝である。
この真理によって、安穏有れ。(12)


○パーリ語原文
232.
キンチャーピ   ソー   カンマン    カローティ   パーパカン
Kiñcāpi       so     kammaṃ    karoti       pāpakaṃ
たとえ~でも   彼は   行為を     為す       悪い

カーイェーナ   ワーチャー   ウダ    チェータサー    ワー
kāyena        vācā       uda     cetasā        vā,
身体で       言葉で     或は    心で        或は

アバッボー    ソー    タッサ    パティッチャーダーヤ
abhabbo      so     tassa     paṭicchādāya,
不可能である  彼は   彼の     覆い隠すこと

アバッバター   ディッタパダッサ     ウッター
abhabbatā      diṭṭhapadassa       vuttā,――
不可能なこと   境地を見た者には    説かれた

イダン ピ   サンゲー      ラタナン     パニータン
idam pi     saṅghe        ratanaṃ     paṇītaṃ,
これ も     サンガにおける   宝        勝れた

エーテーナ    サッチェーナ     スワッティ    ホーテゥ
etena        saccena        suvatthi      hotu.
この         真実で        幸せで       あれ


○一口メモ
この偈では、もう一つ預流果の人の大事な特徴を述べています。それは「身、口、意にて悪を犯すことになりとても、彼はそれを隠蔽すること能わず。」ということです。

それがなぜ重要な特徴であるかと言えば、それにより悪を懺悔して、悪を修正することが出来るのです。自分のした悪行為を明らかにせず、隠していたのでは、悪を修正することはできずに、心を清らかにできないのです。

預流果の人は、悟りの第一段階に達したとはいえ、すべての煩悩をなくしたわけでなく、欲や怒り高慢などの煩悩は残っていますから、小さな悪は犯すことがあります。しかし、何が悪かはよく知っています。また、その悪を隠したら悪の上塗りをすることも知っています。しかも、隠すことの恐ろしさも解っています。彼はどうしても隠すことが出来ないのです。ですから、仏陀は「涅槃の境地を見た人は悪を覆い隠すことはあり得ない。」と説かれたのです。

私も何十年前は小さい子供でした。苦労と怖れを知らない子供でしたから、悪いことをしてもそれを隠すことはしませんでした。しかし、だんだん大きくなって、同じ悪いことをしても、それを隠す友達は怒られず、正直に隠さないでいると怒られます。そのため、悪いことをしたらそれを隠す人間になってしまいました。

それではいけないと思うようになりましたが、してしまった悪いことを隠さないで懺悔することは大変勇気のいることです。しかし、そうしなければ、心を清らかにすることが出来ません。また人格を向上できないのだと思っています。皆様も、身口意の悪行為を、勇気を出して、正直に懺悔して、心を清らかにする実践をして下さい、それは預流果の悟りに近づく道です。

悪行為を隠せない預流果の人のおられるサンガは私たちのお手本であり、優れた宝です。その真実によって、幸福になることが出来ます。


○前回のこの偈の解説

預流果者は 悪犯すこと ありとても 隠すことなし 幸せであれ<232>
http://76263383.at.webry.info/201310/article_10.html


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

生きとし生けるものは幸せでありますように
生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように
生きとし生けるものの願いごことが叶えられますように
生きとし生けるものにも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


○アラナ精舎雨安居日記 
2016.8.9.(火)
 全国的に猛暑のようだが、ここ岸和田市も暑い。さすがのセミも暑い時間帯は鳴くのを休んでいる。一日中お寺にいると身体がなまってくるので、夕方の読経の後30分ほど近所を散歩している。以前回りは何もないと書いたが、何もないわけではなく、それなりに有る。10分くらい歩いた処にコンビニも見つけた。
 今日は、アラナ精舎の西の方角に見える高い石の塔に向って歩いた。アラナ精舎はNTT岸和田の鉄塔の近くにあるので、帰りはその鉄塔を目指して帰れば迷子になることはない。10分ほど歩くと、石塔のある丘の下にでる。更に近づくには石の階段を50段ほど登らなくてはならぬ。いい運動になる。そこは岸和田市の戦没者の慰霊塔なのである。平成18年4月に建てられたと書かれているので、今から10年前に建てられたのだ。慰霊塔に手を合わせて、階段を下りると、田んぼが広がっている。今日は曇っていて、夕日を見ることはできなかったが、いつもは落日が美しい、これにも思わず手を合わせたくなる。


~~~~~~お知らせ~~~~~~

◎私ワンギーサは、7月20日から10月15日まで、大阪府岸和田市のアラナ精舎で雨安居をしています。カテナ法要まではこちらに滞在することになります。それ以後についてはどこで生活するか分かりません。宜しくお願い致します。

◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。ランキングが上昇すると閲覧者が増えると思われるからです。御支援をお願い致します。


この記事へのコメント

kempsford
2016年08月10日 04:20
おはようございます。
「後悔は不善。なぜなら落ち込むだけだから。でも、懺悔は善。過ちを認め、改めることができるから」。また、ウ・コーサラ西澤長老(当時)から、こんな法話がありました。「悪いと知って不善をするほうが、知らずにするより、罪は軽いのです。なぜなら、悪いと知っていれば、いずれ改めることができるからです」。なんとかして私達を善に導こうとして下さるブッダの慈愛を強く感じます。ご指導ありがとうございました。
こころざし
2016年08月10日 05:43
おはようございます。
私事ですが、以前の職場で出来る施設長が「正直に公開し、隠さないのが一番のトラブル防止の対応法」と教えて頂き実践してきた事と、こちらでの学びで、隠す様な悪いことはしないようにしようと決めました。その結果、隠すことで生じる諸々の状況的なものは避けられていると感じます。
今後も隠したいと思う様な事はしないようにしたいです。
ワンギーサ長老・皆様の、今日も素晴らしい一日となりますように。
たか坊
2016年09月03日 18:08
今回も明るく楽しく学べたコトを、嬉しく思います♪