苦行者は 菜食すべき 生臭は 止めるべきだと 非難した<再239.240.241.>

○ワン爺さんの独り言<239.240.241.>
・・・
大切なことを知るために。
生臭坊主とは、
何か知るべきだ。
肉や魚を食べるからではない。


第2 小さな章 2.生臭経 1.2.3.

○中村元先生訳
239
「稷(キビ)・ディングラカ・チーナカ豆・
野菜・球根・蔓の実を
善き人々から正しいしかたで得て食べながら、
欲を貪らず、偽りを語らない。

240
よく炊がれ、よく調理されて、
他人から与えられた純粋で美味な米飯の食物を
舌鼓うって食べる人は、
なまぐさを食うのである。カッサパよ。

241
梵天の親族(バラモン)であるあなたは、
おいしく料理された鳥肉とともに米飯を味わって食べながら、
しかも<わたしはなまぐさものを許さない>と称している。
カッサパよ、わたしはあなたにこの意味を尋ねます。
あなたの言う<なまぐさ>とはどんなものですか。」


○正田大観先生訳
242.(239) 
〔苦行者ティッサが尋ねた〕
「さてまた、諸々のサーマーカ(雑穀の一種)やチングーラカ〔草〕やチーナカ〔豆〕を、
葉の果(野菜)を、根の果(根菜)を、蔓の果(果実)を――
〔すなわち〕正しくある者たちの法(教え)によって得たもの(規則どおりに採取したもの)を、
〔常に〕食べている者たちは、欲を欲するままに偽りを話すことがありません。(1)

243.(240) 
それが〔何であれ〕、上手に作り為され見事に盛り付けされたものを、
〔常に〕食べている者は――
〔すなわち〕他者たちによって布施され供与された妙なるものを、
〔雑穀の混じらない〕米の食べ物を、〔常に〕受益している者は――
カッサパ(迦葉:過去仏)よ、彼は、生臭ものを食べたのです。(2)

244.(241) 
上手に調理された諸々の鳥肉とともに、〔雑穀の混じらない〕米の食べ物を受益しながら、
梵〔天〕(ブラフマー神)の眷属(過去仏カッサパ)よ、
あなたは、『わたしにとって、生臭は、適確ならず』と、
まさしく、かくのごとく語ります。カッサパよ、この義(意味)を、
あなたに尋ねます。あなたの〔説く〕生臭は、どのような流儀のものですか」〔と〕。(3)


○パーリ語原文
239.
サーマーカディングラカチーナカーニ
‘‘Sāmāka-diṅgūlaka-cīnakāni
雑穀・ディングラカ・チーナカ豆

パッタッパラン    ムーラパラン     ガウィッパラン
pattapphalaṃ     mūlaphalaṃ      gavipphalaṃ
野菜          根菜           つるの実を

ダンメーナ    ラッダン     サタン    アナマーナー
dhammena   laddhaṃ     satam añhamānā,
法によって    得たもの    善き人の 食べながら

ナ    カーマカーマ    アリカン     バナンティ
na     kāmakāmā      alikaṃ      bhaṇanti.
ない   欲を求めて    嘘を       語る

240.
ヤダ スナマーノー     スカタン       スニッティタン
Yad añhamāno       sukataṃ       suniṭṭhitaṃ
何であれ 食べている人は   よく調理され    よくできた

パレーヒ    ディンナン    パヤタン    パニータン
parehi      dinnaṃ      payataṃ     paṇītaṃ;
他人から    与えられ     施された    優れものを               

サーリーナ マンナン    パリブニャマーノー
sālīnam annaṃ      paribhuñjamāno
米の       食物を      食べている人は

ソ    ブニャスィー    カッサパ     アーマガンダン
so    bhuñjatī       Kassapa      āmagandhaṃ.
彼は  食べている    カッサパよ    生臭を


241.
ナ    アーマガンドー   ママ      カッパティー ティ
‘Na    āmagandho      mama     kappatī’ ti
ない   生臭は        私に      ふさわしい と

イッチェーワ    トゥワン    バーサスィ     ブラフマバンドゥ
icc-eva        tvaṃ      bhāsasi      brahmabandhu
と・だけ       あなたは   言う       バラモンの親族よ

サーリーナ マンナン    パリブニャマーノー
sālīnam annaṃ       paribhuñjamāno
米の 食物を       食べている人は

サクンタマメーセーヒ    スサンカテーヒ
sakuntamaṃsehi        susaṅkhatehi,――
鳥肉と共に          よく料理された

プッチャーミ    タン     カッサパ     エータ マッタン
pucchāmi      taṃ      Kassapa      etam atthaṃ,
問う         あなたに  カッサパよ   その 意味を

カタッパカーロー   タワ      アーマガンドー
kathappakāro      tava      āmagandho.’’
どんな種類か     あなたの   生臭とは      


○一口メモ
今日から、「生臭経」が始まります。この経は過去世にカッサパ仏がティッサという苦行者に教えたことだと言われています。この経は14偈で構成されています。始めの3偈がティッサの言葉であり、中間の9偈はカッサパ仏の言葉であり、最後の2偈は経の編集者の言葉です。

苦行者ティッサは、肉や魚は生臭であり、修業者は生臭を食べることは正しいことではないと考えているのです。ところが過去仏の一人であるカッサパ仏は、供養された肉や魚を食べていたことが分かりました。また、カッサパ仏が「生臭は私にふさわしくない」と言われたことも知っていました。

そこで、ティッサはカッサパ仏に239偈のように、「聖者たちは、穀物や野菜や豆などを食べて、聖者にふさわしいものを得て、それを食べています。彼らは決して、欲望のために、嘘を言うことはありません。」と言い、暗にカッサパ仏を非難しました。

更に、240偈では、「カッサパ仏は、王侯からも、よく調理された、肉魚や米の飯など上等の食べ物を食べています。カッサパ仏よ、あなたは生臭を食べているのですよ。」と更に非難しました。

241偈では、「あなたは『生臭は私にはふさわしくない』と言っているでしょう。これは一体どういうことですか? あなたはよく調理された鳥肉と共に、上等な米のご飯まで食べています。あなたの生臭とはどのようなものですか?」とティッサはカッサパ仏(世尊)問うことになりました。

明日からは、その問に対するカッサパ仏(世尊)の答えが始まります、


○前回のこの偈の解説

苦行者が 菜食すべき 生臭は 止めるべきだと 非難した<239>
カッサパよ おいしい飯を 食うならば 生臭食うと 言うべきだろう<240>
カッサパよ 一体何を 生臭と 言うべきなのか 我に答えよ<241>
http://76263383.at.webry.info/201310/article_15.html


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

生きとし生けるものは幸せでありますように
生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように
生きとし生けるものの願いごことが叶えられますように
生きとし生けるものにも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


○アラナ精舎雨安居日記 
2016.8.15.(月) 第27日目
 昨日のブログの「一口メモ」に「釈迦牟尼仏陀の世界」の中の「すべて生命は兄弟」と「私は、釈尊の言葉を念じます」に関して、家族の中の関係の難しさについて述べました。今日もそのことが、ある人との会話で問題になりました。
 今日は兄弟姉妹の関係について述べてみよう。何故兄弟喧嘩をするのだろうか? 子供にとって母親は自分のものである。兄弟がいなければ問題がないが、兄弟ができると、自分のものと思っている母親を兄弟で取り合うことになる。そこで問題(苦)が生じるのである。兄弟にとって、すべての物が、母親と同様に取り合う対象になるのだ。しかし、そのことには気づくことがない。そこで、先ず気づかなければいけないことは、兄弟の周りにあるものは、すべて自分だけのものではなく、兄弟で共有するもの、或は分け合うものであると理解することである。それが出来れば兄弟の争いはなくなるだろう。
 更に言えば、自分のものと言えるものは何一つもなく、自分のものと思っているものは生きている間に一時的に借りているものだと理解できれば、すべての人々との対立、争いをなくすことができるだろう。
 今日は、すべて修行者が自宅に帰られ、木岡さんとクサラダンマ長老と私だけになった。


~~~~~~お知らせ~~~~~~

◎私ワンギーサは、7月20日から10月15日まで、大阪府岸和田市のアラナ精舎で雨安居をしています。カテナ法要まではこちらに滞在することになります。それ以後についてはどこで生活するか分かりません。宜しくお願い致します。

◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。ランキングが上昇すると閲覧者が増えると思われるからです。御支援をお願い致します。


この記事へのコメント

kempsford
2016年08月16日 04:24
おはようございます。
「仏教者=精進料理」という固定観念が、いつのまにか定着していました(協会入会前)。観光旅行で訪れたバンコク郊外のお寺で、お坊様が、食事として「卵」のお布施を受けているのをみて、強い違和感を覚えました。その後、一人でスッタニパータを読み、そこで、この「生臭経」を知って、「ああ、そういうことか」と得心致しました。そんな思い出があるので、これからの学びが楽しみです。明日からも、またご指導よろしくお願い致します。
こころざし
2016年08月16日 05:57
おはようございます。
日常でもそうですが、職場でも、良い加減を大切なことは何か?を中心にして、その時々の今で実践していく状況になると感じています。それは、肉や魚を食べるからNG?的な話ではありません。もっと大きい・広い意味になるように感じます。その後の展開が楽しみです。
アラナ精舎雨安居日記 
また、本日の長老のアラナ精舎雨安居日記の中の「自分のものと言えるものは何一つもなく・・一時的に借りているものだと理解できれば・・対立、争いをなくすことができるだろう」を拝見し、本当にそうだなと思いました。2世帯同居の我が家では、現在義母と僕で定期的に戦う状況になるのを繰り返しています、勿論仏教徒ですので、そのような流れを超えたいと模索しています。一つしかない共有のキッチン・ダイニングを、それぞれ自分の物として見る為に、その戦いが発生するようにも思います。まずは自分の見方を戒めるようにしたいです。
ワンギーサ長老・皆様の、今日も素晴らしい一日となりますように。
たか坊
2016年09月12日 01:35
今回も明るく楽しく学べたコトを、嬉しく思います♪