針毛夜叉 世尊を脅すが 驚ぬ 難問出すが どうなるだろう<再270の前の序>

○ワン爺さんの独り言<270前の序>
・・・
智慧のある人は
怖れるものがない。
恐怖が何か
知っているから。


第2 小さな章 5.スーチローマ夜叉経<270の前の序>

○中村元先生訳
 わたしが聞いたところによると、──或るとき尊き師(ブッダ)はガヤー(村)のタンキク石床におけるスーチローマという神霊(夜叉)の住居におられた。そのときカラという神霊とスーチローマという神霊とが、師のいます近くを通りすぎた。そのときカラという神霊はスーチローマという神霊に言った、「かれは<道の人>である」と。(スーチローマという神霊は言った)、かれは真の<道の人>であるか、或いは似而非の<道の人>であるかを、わたしが知らないうちは、かれは真の<道の人>ではなくて、似而非の<道の人>である。」

 そこでスーチローマという神霊は、師のもとに至り、そうして身を師に近づけた。ところが師は身を退けた。そこでスーチローマという神霊は師にいった、「<道の人>よ。汝はわたしを恐れるのか。」(師いわく)、「友よ。わたしは汝を恐れているのではない。しかし汝に触れることは悪いのだ。」(スーチローマという神霊はいった)、「<道の人>よ。わたしは汝に質問しよう。もしも汝がわたしに解答しないならば、汝の心を乱し、汝の心臓を裂き、汝の両足をとらえてガンジス河の向こう岸に投げつけよう。」

 (師は答えた)、「友よ。神々・悪魔・梵天を含む世界において、道の人・バラモン・神々・人間を含む生けるものどものうちで、わが心を乱し、わが心臓を裂き、わが両足をとらえてガンジス河の向こう岸に投げつけ得るような人を、実にわたしは見ない。友よ。汝が聞きたいと欲することを、何でも聞け。」

 そこでスーチローマという神霊は、次の詩を以て、師に呼びかけた。──


○正田大観先生訳
 このように、わたしは聞きました。或る時のことです。世尊は、ガヤーに住んでおられます。タンキタ石床における、スーチローマ夜叉の居所において。さて、まさに、その時、カラ夜叉と、スーチローマ夜叉とが、世尊から遠く離れていないところを通り過ぎます。そこで、まさに、カラ夜叉は、スーチローマ夜叉に、こう言いました。「この者は、沙門だ」と。「この者は、〔本物の〕沙門ではない。この者は、〔格好だけの〕沙門さんだ。あるいは、もしくは、彼が、〔本物の〕沙門であるのか、あるいは、もしくは、彼が、〔格好だけの〕沙門さんであるのか、わたしが知る、それまでは」と。
 
そこで、まさに、スーチローマ夜叉は、世尊のおられるところに、そこへと近しく赴きました。近しく赴いて、世尊に、身体を近づけました。そこで、まさに、世尊は、身体を離しました。そこで、まさに、スーチローマ夜叉は、世尊に、こう言いました。「沙門よ、わたしを恐れるのか」と。「友よ、まさに、わたしは、あなたを恐れません。ですが、ただ、あなたに触れることは、悪しきことなのです」と。

「沙門よ、おまえに、問いを尋ねよう。それで、もし、わたしに、〔答えを〕説き示さないなら、あるいは、おまえの心を投げ放つ、あるいは、おまえの心臓を切り裂く、あるいは、〔両の〕足を掴んでガンガー〔川〕の彼岸に投げ放つ」と。
「友よ、天〔界〕を含む世において、魔〔界〕を含み梵〔界〕を含む〔世〕において、沙門や婆羅門を含む人々において、天〔の神〕や人間を含む〔人々〕において、彼が、あるいは、わたしの心を投げ放つとして、あるいは、わたしの心臓を切り裂くとして、あるいは、〔両の〕足を掴んでガンガー〔川〕の彼岸に投げ放つとして、その者を、まさに、わたしは見ません。友よ、ですが、ともあれ、あなたは尋ねなさい

――〔あなたが〕それを望むなら」と。そこで、まさに、スーチローマ夜叉は、世尊に、詩偈をもって語りかけました。


○一口メモ
今日から「スーチローマ夜叉経」が始まります。この経は序と四偈からなる短いものですが、ブッダの教えの大切な要点が述べられています。

この序に対する解説を少し付け加えます。世尊はある朝、世間を見まわして、スーチローマ(針毛)とカラ(ざらざら皮)という二人の夜叉が預流果に悟る素質があることを見つけました。そのために、世尊はスーチローマ夜叉の居所に出かけたのです。二人の夜叉は世尊を見て、序に書かれているような会話をします。スーチローマは自分を怖れるものは本物の沙門(修行僧)ではないという考えを持っていたので、彼は世尊に近付きました。しかし、世尊は怖れないので、世尊を困らせようと仏教に関する質問をしようと思いました。それは難問だから、世尊に答えられないだろうと考えたのです。

そこで、詩偈で次の質問をすることになります。それは明日紹介します。

*今回の序のパーリ語原文は省略します。


○前回のこの偈の解説

針毛夜叉 世尊を脅すが 驚ぬ 難問出すが どうなるだろう<270序>
http://76263383.at.webry.info/201311/article_14.html


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

生きとし生けるものは幸せでありますように
生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように
生きとし生けるものの願いごことが叶えられますように
生きとし生けるものにも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


○アラナ精舎雨安居日記 
2016.9.17.(土) 第60日目 満月
 今日は、朝6時39分のバスに乗って、東岸和田(駅)に行った。そこから6時54分発JR紀州路快速・京橋行で大阪着、そこから7時54分発のJR丹波路快速・篠山口行で、三田(兵庫県)に、8時34分に着いた。歩いて15分、マーヤーデーヴィー精舎に到着した。今日から三日間マーヤーデーヴィー精舎でスマナサーラ長老指導の宿泊仏教実践会がある。その初日は質問形式の説法がある。それに参加した。その内容は撮影していたので、たぶんマーヤーデーヴィー精舎のホーム・ページで見ることができると思う。
その内容はここでは書ききれないが、無理して少し書くと、「仏教意外にも真理を語る人はいるか?」という質問に対する解答は「仏教意外でも、真理を語る人はいる。例えばイエスがそうだ。彼は『親・兄弟と仲たがいしながら、神に礼拝し、貢物をする者は、その前に、家族と和解しなさい。』また、『汝の隣人を許しなさい。』と言った。これらは正しい。その他の人もいるが、彼らの言葉は部分的であり、完全ではない。ブッダの教えは完全であり、根拠も語られている。」と。
 最後の質問「近く結婚するが、二人が幸福に生きるためのアドバイス何か?」の解答は「お互いにわがままを言わないこと。結婚は少なくとも半分は自分の自由がなくなるものだと思った方がよい。世間では結婚を『おめでとう』と祝福するが、実は結婚は『お目が飛び出す』ほど大変なものだと覚悟した方がよい。」と。
 
帰りはアラナ精舎で宿泊修行するという方が送ってくれた。また今日はだんじり祭りの初日、車両規制があり、遠回りして帰った。アラナ精舎についてからは、虫の声を聞きながら、満月を見上げた。


~~~~~~お知らせ~~~~~~

◎私ワンギーサは、7月20日から10月15日まで、大阪府岸和田市のアラナ精舎で雨安居をしています。カテナ法要まではこちらに滞在することになります。それ以後についてはどこで生活するか分かりません。宜しくお願い致します。

◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。ランキングが上昇すると閲覧者が増えると思われるからです。御支援をお願い致します。


この記事へのコメント

kempsford
2016年09月18日 04:25
おはようございます。
「心を乱し、心臓を裂き、両足をとらえてガンジス河の向こう岸に投げつける」。強烈です。しかも夜叉です。鬼神です。恐ろしいはずです。でも、私は、ちょっと違う印象を持ちました。それは、彼らは、そこまでして真理を知りたいのか、という驚きです。当時は、誰が本当のブッダか、が不明でした。きっと不安だったと思います。私は、ブッダの教えをいつでも学ぶことができます。感謝です。ご指導ありがとうございました。
こんせん
2016年09月18日 09:35
おはようございます。いつもありがとうございます。
夜叉が預流果に悟る素質があることに驚きました。
最近、この世界は我々の認知する物質世界の他に夜叉や魔物、精霊など認知できない世界が関わる複合的なものだと少しずつ分かり始めてきました。お経に夜叉が登場しブッタが訪ねるのも違和感を感じません。しかし未熟な私は夜叉に囚われないように、しっかり五戒を守って生きようと思います。

こころざし
2016年09月18日 09:43
おはようございます。
驚きや、怖れ・恐怖を思った時に、それらがどうして起こるのかと分かっていれば、怖いとは思わない・・のではと感じました。日常で多少でも仏道実践を行っていると、心が不安定になったり黒ずむ状態で気が付き、ある一定で止める事が出来るなと実感する時があります。温かいお茶を飲んで一息つく・・のも手かもしれませんが、それでは根本的解決にならない印象を感じます。真理を学びそして智慧で理解出来る様に精進したいです。
ワンギーサ長老・皆様の、今日も素晴らしい一日となりますように。
たか坊
2016年11月20日 22:00
今回も明るく楽しく学べたコトを嬉しく思います♪